アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

質の良い睡眠とは?質を高める方法や時間、効果も解説

美容整形の力で、今の顔よりも小顔になりたいと思っている人は少なくありません。中にはコンプレックスを感じ、少しでも早く解決したいと悩んでいる人も。しかし美容整形とひと口に言っても、「具体的にどのような施術を行えば、小顔になれるのかわからない」という場合もあるでしょう。

そのような方に、当クリニックから糸リフトの提案をさせて頂きます。糸リフトは皮膚のたるみを解消し、小顔に結びつく美容整形施術のひとつです。

本記事では糸リフトの施術説明やなぜ小顔に繋がるのかの理由、施術の方法による違いなども併せて解説します。ぜひ参考にして、納得のいく美容整形を行ってください。

糸リフトとは


糸リフトとは顔の中に糸を埋め込み、上へ引っ張り上げる施術法です。糸と言っても一般的な裁縫用のものとは全く違い、専用の糸を用いて行います。

施術部位や本数、糸の種類などは人によってそれぞれ異なりますが、一般的に大きな変化を希望した場合、それに伴って本数や個所数は増えていく傾向にあります。

糸リフトは小顔効果あり?

糸リフトには主に以下のような効果があります。

【糸リフトの主なメリット】

  • ほうれい線などの顔の皺が改善される
  • 皮膚のたるみが改善される
  • 肌の質が改善される
  • 切開を伴う施術法に比べて傷跡が目立ちにくい
  • 半永久的なたるみ予防効果

上記のリストの中で、特に小顔に関わる効果が「皮膚のたるみの改善」です。このメリットが、小顔効果に大きな影響を与えます。

また、上記に記載したとおり糸リフトは小顔だけに効果があるわけではなく、皺や肌質の改善も期待できる施術法です。

皮膚のたるみが無くなり引き締まった印象に

糸リフトを行うと、皮膚のたるみが改善され、顔全体が引き締まった印象になります。一般的に人間の顔は、加齢と共に皮膚を支える力が弱くなっていき、顔全体にたるみが出てきてしまいます。これを解消することで顔全体が引き締まると同時に、皮膚が引き上げられ小顔になるというわけです。

Vラインが強調される

糸リフトを行うことで、皮膚は引っ張り上げられます。そのため頬骨から顎にかけてのVラインがすっきりとして見え、顔がシャープな印象に仕上がります。単純に皮膚のたるみの問題だけではなく、顎のラインを強調でき、より小顔の印象を強められる点が糸リフトのメリットです。

ただし一方で、「元々顎が目立つと感じており気になる」という人にとっては逆効果になる場合もあります。そのような時は別の施術法に切り替えたり、他の施術を併用して行うなどの方法を検討する必要があるため、クリニックと詳細を相談しましょう。

糸リフトの施術について

具体的に糸リフトとはどのような施術を行うのかを、以下のフローにまとめました。

【糸リフトの施術フロー】

  • カウンセリング
  • 仕上がりの決定
  • 施術
  • ダウンタイム

まずは念入りなカウンセリングを行い、仕上がりの決定も含めてお客様に納得頂いた上で施術に入ります。

特に初めてのお客様の場合は、糸を埋め込むと言われても具体的に想像ができなかったり、痛いのではないかなどの不安が生じるのは無理もないことです。当クリニックでは疑問に丁寧に解答し、安心して施術にのぞんでもらいたいと考えています。不安や疑問は、遠慮せずにご相談ください。

実際の施術では麻酔をかけ、皮下組織に糸を埋め込んでいきます。どこに・何本・どのような糸を埋め込むのかは、その人によって異なります。また、糸を埋め込むだけでなくヒアルロン酸の注射などを併用する場合もあります。事前に説明があるため、ご安心ください。

施術が終わるとダウンタイム(腫れや内出血が落ち着くまでの期間)に入ります。美容整形ではアフターフォローもとても重要です。最適な過ごし方でダウンタイムを送ることで、傷はより早く治り、仕上がりも自然になります。

施術部位はどこ?

糸を入れる場所は人によって異なりますが、一般的にはこめかみから頬にかけて糸を挿入します。通常こめかみから口横に向かって放射状に糸を入れ、引っ張り上げる入れ方が比較的多いですが、当クリニックでは院長独自の施術を行います。

顔を平面と捉え、点で引っ張るのではなく複数の糸を用いて全体的に持ち上げて、フェイスラインをシャープにします。こうすることでひきつれがより出にくく、後戻りしにくく、より自然な仕上がりにすることができます。

吸収性の糸について

使用する糸には吸収性のものがあります。埋め込んだ後は糸として残らず、徐々に体に吸収されるため吸収性の糸と呼ばれます。現在糸リフトではこちらの糸が主流として使用されています。

最終的には吸収されるため、一度埋め込むと効果が永続するというわけではなく、いずれ際施術が必要となります。ただし効果は1年ほど続き、糸によっては2~3年持つものもあります。

また、吸収されたからといって全てが元通りになるわけではありません。糸が消えても糸を包み込んだ皮膚組織が繊維として残るため、何もしない場合と比べてアンチエイジング効果は永続します。

非吸収性の糸について

糸リフトの糸には非吸収性のものもあります。皮膚に埋め込んでも溶けることなく、糸としてずっと残り続ける医療用のものを指します。

この糸は吸収性のものに比べてひきつれなどの違和感が出やすく、長期的に体内にあることから感染症のリスクもあるため、現在では主流として扱われることは少なくなりました。

持続期間も吸収性のものと比べてあまり変わらないと言われています。

糸の跡が残ったりしない?

糸リフトは糸を皮膚の下に埋め込む施術ですが、糸の跡は施術直後のみ顔に残ります。ただしあくまで糸であるため、傷跡は点状であり、それほど目立つものではありません。人によりますが、髪の毛などが上に被さるとほぼ傷は見えなくなる程度です。

また、傷跡はずっとそのままというわけではなく、徐々に治っていきます。

施術直後から小顔になれる?

糸リフトは一般的に施術後すぐに効果が現れると言われますが、その言い方は正確ではありません。

実際に施術が終わった直後は、顔に麻酔が効いています。麻酔の量も人によりますが、多ければ多いほど抜けるのが遅くなり、顔はややむくんでいるように見えてしまいます。

また、糸の挿入は人体にとっては「ダメージ」と受け取られるため、傷口を修復しようと皮膚の細胞が活発化します。程度の差はありますがこれも腫れを引き起こすため、治まるのを待つ必要があります。

ただしいずれもそれほど長い間待つ必要はなく、一般的には1週間も経つとあまり気にならない程度に回復します。切開を伴うフェイスリフトは1週間経つ頃、いろいろ制限がつくものの回復してくるという程度であるため、比較するとダウンタイムの長さは短く済みます。

まとめ


小顔になりたいという方には糸リフトでの施術法がおすすめです。しかし納得のいく仕上がりにするためには、信頼のおける腕のあるクリニックと入念に話し合い、施術に納得した上で行うことが大切です。

当クリニックでは、院長独自の手法を用いた糸リフトによって、シャープなラインの小顔を実現いたします。クリニック選びに悩まれた際は、ぜひ当クリニックをおたずねください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業