アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

眉下切開の持続時間はどれくらい?

「フェイスラインを引き締めて小顔に見せたい」

「年をとってほうれい線やたるみが気になってきた」

そんな悩みを抱えている人も多いはず。フェイスラインをすっきりさせたりしわを改善したりする、美容液やマッサージも存在しますが、思ったような効果を得られなかったり、効果が得られるまでに時間がかかったりしますよね。

糸リフトは、即効性のあるたるみ解消・リフトアップ効果を求める人におすすめの美容医療です。

本記事では、糸リフトの施術の特徴やメリット・デメリットについて解説しています。

「糸リフトの一度の持続時間はどれくらいなの?」という疑問にもお答えしていますので、若々しい小顔を手に入れたいという人は、是非最後までご覧ください。

糸リフトとは?


「糸リフト」とは、皮膚の下に細い糸を通すことで、顔をリフトアップする美容医療です。メスを使わずに施術を行うため、皮膚を切ることなくたるみ解消やリフトアップ効果が期待できます。

糸リフトの持続時間はどれくらい?

糸リフトの効果は1~1年半程度と言われています。しかしながら、使用する糸の種類によっては更に持続時間が長いものもあるため、医師と相談の上、希望に合った糸を選ぶことが大切です。

糸リフトに使用する糸の種類と持続時間の違い

糸リフトで使用する糸は、体内に吸収されるものと吸収されないものの2つに分かれます。

多くの種類がある糸の種類の中でも、代表的な糸には次のようなものがあります。

  • ポリジオキサノン(PDO)
  • ポリカプロラクトン(PCL)
  • ポリプロピレン

ポリジオキサノンは体内に吸収されるタイプの糸で、外科の手術でも使用されています。肌の引き締めにも高い効果を発揮するという特徴があります。持続時間は1年~1年半ほど。糸リフトの施術時に多く使用される糸です。

ポリカプロラクトンも体内に吸収されるタイプの糸ですが、ポリジオキサノンと比較すると溶ける速度がゆっくりなのが特徴。そのため持続時間も2~3年と少し長くなります。糸自体に柔軟性があるため自然な仕上がりになります。

ポリプロピレンは体内に残るタイプの糸で、外科手術でも使用されています。肌を長期的に引き上げ続けるため効果も持続しますが、引っ張られているかのような違和感がある点がデメリット。さらに長期間体内に残っていることで感染症のリスクもあるということもあり、使用するクリニックは少ないのが現状です。

上記で紹介した糸の種類はごく一部で、クリニックによっては複数の糸を組み合わせて施術を行っていることもあります。アリエル美容クリニックでは患者様のお悩みに合わせて、最大限効果を感じていただける糸の組み合わせをご提案しています。

糸リフトの効果

糸リフトの施術を受けることで感じられる効果は、大きく分けて3つ。

  • たるみ・ほうれい線の改善
  • ハリツヤ肌へ導く
  • リフトアップによる小顔効果

ただ皮膚を引き上げるだけでなく、イキイキとしたメリハリのある顔に近づけます。

たるみ・ほうれい線の改善

糸リフトでは、重力に負けてしまった皮膚を本来の位置まで引き上げることで、肌のたるみ・しわを改善します。糸リフトの施術を行えるのはほほだけでなく、以下のような部位にも採用されます。

  • こめかみ
  • 目の下や目元
  • 口元

ただしおでこのしわに関しては、肌のたるみ以外にも原因が考えられるため、場合によっては糸リフトでは改善できません。その場合は他の施術方法を医師と相談のうえ決定することになります。

ハリツヤ肌へ導く

糸リフトの施術を行うことにより、ハリとツヤのある肌に近づけるという効果もあります。糸リフトによって皮膚が正しい位置に戻ると、施術した部分の周辺の血流が改善され、栄養や酵素が肌全体に行きわたるようになります。その結果、肌の細胞の活性化につながり、ハリ艶肌に近づくという仕組みです。

たるみやしわの改善に加えて肌自体にもハリツヤが生まれるため、若々しい印象の肌が手に入ります。

リフトアップによる小顔効果

糸リフトをフェイスラインに施すことで、フェイスラインのもたつきを解消し、すっきりとした小顔に見せてくれます。

また、糸リフトに使用する糸の中には、脂肪を萎縮させて引き締める効果があるものもあります。

糸リフトのメリット


リフトアップ・小顔効果を実感できる施術の中でも、糸リフトは「皮膚を切らない」・「即効性」・「短いダウンタイム」という3つのメリットがあります。

皮膚を切らずにリフトアップ可能

美容整形と言えばメスを使った手術をイメージする人も多いと思いますが、糸リフトは皮膚を切らずに施術可能。そのため傷跡が目立ちにくく、短い手術時間で効果を感じられます

即効性がある

小顔効果のある美容医療の中には、施術から1週間~1ヶ月経過後にやっと効果を実感できるものもあります。それに対して糸リフトの場合は、徐々に変化するわけではなく、施術を受けてすぐに効果が実感できる点が魅力です。

ダウンタイムが短い

糸リフトのメリットは、皮膚を切らずに施術ができるため、ダウンタイムが短い点。糸リフトで起こるダウンタイムの症状は、腫れやむくみ、痛み、引きつれ感などです。しかしこれらの症状が全て出るわけではなく、多くの方がむくみや痛みを1~2日間感じる程度です。

ダウンタイムが短いことから、ちょっとした連休に施術を受けることも可能。メイクも翌日からできます。

糸リフトのデメリット

糸リフトはメスを使わず施術可能でダウンタイムも短いことから、他の美容医療と比較して検討しやすい方法です。しかしその分デメリットもあるため、施術前にしっかりと理解しておきましょう。

効果が穏やか

たるみやしわを改善する施術方法の中には、たるんだ皮膚を切除してリフトアップする方法もあります。しかし糸リフトの場合は、たるんだ皮膚はそのままに、糸の力を利用して引っ張り上げてリフトアップしたりしわを伸ばしたりします。

そのため皮膚の切除を伴う施術方法を比較すると、効果に物足りなさを感じる場合もあります。

効果の持続時間が短い

現在多くのクリニックでは、糸リフトの施術の際に体内に吸収される糸を使用しています。

また、糸リフトの持続時間は約1年~1年半と短いです。そのため、長期的な引き上げ効果を期待している方にはおすすめしません。

ただし、たるみの予防効果は半永久的で、また糸の材質によっては持続期間が長いものもあるためクリニックで相談してみるといいでしょう。

まとめ

糸リフトは傷が目立ちにくく、短いダウンタイムですぐにたるみ・しわの改善が感じられる美容医療ですが、他の施術と比較すると持続時間が短い傾向にあります。

アリエル美容クリニックでは、一度の施術で最大限の費用対効果を感じていただけるように、患者様のお悩みやご希望に合わせた施術方法のご提案をしています。5,000例以上の治療経験を持つ医師がカウンセリングを担当させていただきますので、糸リフトが初めてという方もお気軽にご相談ください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業