アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

顔の脂肪吸引で後悔しないためには?脂肪溶解注射は有効な選択肢の一つ

顔の脂肪吸引は他の部位に比べて脂肪吸引量が少ないため、慎重に行う必要があります。技術や経験の浅い医師が施術を行なった場合、脂肪吸引量が多すぎたり、逆に少なすぎたりと、後々の後悔へと繋がる可能性があります。脂肪吸引に不安が残る場合は、脂肪溶解注射を選択することも有効です。身体的なリスクを大きく緩和した上で改善が見込めます。どちらを選択するとしても、後悔しないために重要なことは信頼のおける医師を選ぶことが重要です。

顔の脂肪吸引ができる箇所と期待できる効果


顔の脂肪吸引を行う際、骨の出ている部位や、脂肪のついていない箇所に施術をしても効果は望めません。対象となる箇所は「頬」「顎」「頬骨上」です。下ぶくれや二重顎に悩まされている人にもおすすめで、期待できる効果は全体的な顔痩せです。カニューレという専用の管を使用し脂肪細胞を吸引することで、除去したい箇所にある脂肪のみを減らせます。

ダイエットと違いリバウンドすることもなく、長期的な効果があります。脂肪吸引の施術は一度だけで効果があらわれ、何度も継続する必要がないこともポイントです。

顔の脂肪吸引で後悔した人の例

顔の脂肪吸引に成功すれば、現状より小顔で理想のフェイスラインになることが期待できますが、実際には希望通りの結果にならず、後悔している人も多い現状があります。失敗する原因のほとんどは、脂肪吸引のやりかたに問題が生じた結果です。

頬がこけてしまった

顔の脂肪吸引では、頬の脂肪を取り過ぎてしまうことによる失敗例があります。脂肪を吸引しすぎた結果、頬がこけてしまい老けた印象になってしまいます。頬がこける問題を防止するには、頬の吸引量を適量に行うことが大切です。頬と違い、顎下の脂肪は多く取っても問題ありません。

たるみや凹みが目立つようになった

脂肪吸引には副作用としてたるみが生じることがあります。術後1〜3ヶ月で症状があらわれ、不安になる人もいますが、3〜6ヶ月も経てば腫れは治まり皮膚が縮むため、問題も解消されます。

また顔の脂肪吸引による凹みは他の部位に比べ、発生する頻度は少ないものです。顎下の箇所は皮膚が薄く、デコボコした違和感を感じる可能性はありますが、時が経過するとともに、症状は治まります。たるみ・凹みの問題に関しては脂肪吸引の一時的な副作用としてあらわれることが多いですが、技術の低い医師に施術を受け、過度な吸引をされた場合は修正が必要です。

吸引量が異なり左右非対称になった

左右の吸引量が異なり、見た目がアンバランスになってしまう例です。左右が非対称に見えてしまう問題も、脂肪を取りすぎて発生する可能性があります。

また過度に吸引をしたことで骨が目立ってしまい左右が非対称に見えるようになることがあります。骨格に適した量を吸引することが重要ですが、そのためには技術と経験が豊富な医師を選択することが重要です。

脂肪の吸引量が少なかった

多くの問題は過度な脂肪吸引が原因で起こりますが、吸引量が少なすぎた場合には見た目の変化がほとんど感じられず、後悔へと繋がってしまいます。多すぎず少なすぎず、適量を吸引する必要があるでしょう。

脂肪吸引を行う量は、お腹や太ももなど脂肪量が多い箇所は平均で2000〜3000CCを吸引します。顔に関しての吸引量は30cc〜10080ccです。経験の浅い医師が施術を行なった場合、リスクを防ぐために敢えて吸引量を少なくしてしまう可能性もあります。

顔の脂肪吸引で後悔しないためには

顔の脂肪吸引で後悔しないための方法は「名医に手術を行なってもらう」「脂肪吸引ではなく脂肪溶解注射を利用する」ことの2つです。

名医に手術を行なってもらう

脂肪吸引による失敗・後悔をなくすために必要なことは名医の在籍するクリニックを選択すること。名医の条件とは知識、技術、経験があることはもちろん、カウンセリングが丁寧であるかどうかも大事なポイントです。

脂肪吸引はクリニックで行う他の施術と比較しても大がかりなものです。技術・経験の低い医師が施術を行なった場合、満足のいく結果が得られないことに繋がるだけではなく、後遺症があらわれる可能性もあります。脂肪吸引を検討する際は、信頼のおける医師・クリニックを利用しましょう。

脂肪吸引ではなく脂肪溶解注射を利用する

もう一つの方法が、脂肪溶解注射を利用することです。注射器だけで施術ができ、リバウンド作用はなく半永久的に持続する効果があります

脂肪吸引の費用相場は一箇所だけでも10万円以上かかることに比べ、脂肪溶解注射は一本で1〜3万円です。脂肪を分解し効果があらわれるまで3日程度かかりますが、身体への負担の少なさで注目されています。脂肪吸引、脂肪溶解注射どちらもクリニックで受けられるため、選択肢として検討するのも良いでしょう。

ただし、妊娠中、授乳中の人、高血圧、糖尿病、アレルギー症状などがある人は受けられません。

脂肪溶解注射は顔の悩みにアプローチできる

脂肪溶解注射の効果は永続性のあるものです。様々な悩みに対応でき、ダウンタイムが3日〜1週間と短いことが利点です。

脂肪やセルライトが減少する

脂肪溶解注射は脂肪細胞を分解する効果があります。脂肪の付いている箇所に注射することで引き締めが期待できます。

脂肪溶解注射をするとセルライトが除去され、肌のデコボコにも改善が見込めるでしょう。セルライトはダイエットをしても取ることが難しいと言われています。食事制限や運動を頑張ってみたものの、改善できなかったという人も多いのではないでしょうか。脂肪溶解注は脂肪もセルライトも減少するため、顔痩せが期待できるでしょう。

むくみ・たるみが改善する

むくみの原因は血流の低下によるものです。脂肪溶解注射は代謝を促進させ、血流を改善する効果があり、体内に溜まった老廃物や水分・塩分を排出することでむくみが改善します

たるみは加齢によって代謝が減ることや、筋肉が衰え脂肪が下がることで起こります。たるみが気になる箇所に注射することで、たるみシワも含めて状態の改善が期待できるでしょう。

組織へのダメージが少ない

脂肪溶解注射は組織へ与えるダメージが少なく、しっかりと医師に診断とカウンセリングを行なって貰えば副作用に悩むことはほとんどありません

ただし脂肪吸引と同様に、知識や技術のある医師から施術を受けることが必要です。顔の悩みの解決に適した部位へ注射することで満足のいく効果を発揮しますが、必要な脂肪を溶かしてしまえば顔がこけてしまったり、左右非対称になることがあります。

顔の脂肪吸引で後悔しないためにはクリニック選びが大切


誰だって脂肪吸引で後悔はしたくありません。そのためには技術・経験の豊富な医師が在籍するクリニックを選ぶことが何より重要です。

自宅から近い、値段が安いという理由だけで決めず、評判や実績、症例数などを見て判断しましょう。脂肪吸引に不安が残るようなら、脂肪溶解注射を検討することも選択肢の一つです。アリエル美容クリニックでは脂肪溶解注射の施術も扱っており、多数の症例実績があります。脂肪吸引や脂肪溶解注射を検討されるなら、ぜひご来院ください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業