アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

医療ハイフのデメリットや副作用は?効果やメリットも解説

医療ハイフに興味があるものの、どのようなデメリットがあるか分からず心配に感じている人もいるでしょう。デメリットを正しく理解していないと「施術を受けなければ良かった…」といった後悔につながる恐れがあります。また、想定していなかった副作用に悩むリスクもあるでしょう。

そこで、本記事では医療ハイフのデメリットや副作用などを詳しく解説します。効果やメリットについても説明するため、医療ハイフに関心がある人はぜひ参考にしてください。

そもそも医療ハイフとは?


医療ハイフとは、超音波で熱エネルギーを照射して肌の奥深くにアプローチする施術です。小顔効果や美肌効果があるため、多くの女性が医療ハイフの施術を受けています

従来はガンを焼いて治療するために用いられていたハイフですが、現在では美容医療の現場でも施術されています。

医療ハイフとエステ用ハイフにはどんな違いがある?

ハイフには医療ハイフとエステ用ハイフの2種類がありますが、違いが分からず悩む人もいるでしょう。

医療用ハイフは医師が美容クリニックで施術するのに対し、エステ用ハイフは名前のとおりエステサロンで施術されるものです。医師や看護師が施術をしてくれる医療ハイフは、エステ用ハイフよりも安心感や信頼感を感じられるため、美容医療を受けるのが不安な人は医療ハイフを選択しましょう

また、医療ハイフはエステ用ハイフよりも出力を強くできるため、高い効果が期待できる点も魅力のひとつです。

医療ハイフを受けるデメリットや副作用

医療ハイフを受けるデメリットや副作用として、以下の3点が挙げられます。

  • 施術中に照射箇所が痛くなることもある
  • エステ用ハイフよりも高額なケースが多い
  • 赤み・腫れといった副作用が出る恐れがある

デメリットや副作用を理解すれば、安心して医療ハイフの施術を受けられるでしょう

施術中に照射箇所が痛くなることもある

ハイフの施術中には、照射箇所が痛むことも珍しくありません。ハイフは肌の内側にアプローチする美容医療なため、骨に響くような痛みを感じる人が多いです。具体的には、歯医者で治療を受けている痛みに近いと感じる人もいます。

メスで肌を切るタイプの美容医療に比べると痛みは少ないですが、痛みに敏感な人はあらかじめ医師に相談しておくことをおすすめします。

エステ用ハイフよりも高額なケースが多い

医療ハイフは、医者が施術をしてくれる分エステ用ハイフよりも費用が高額なケースが多いです。ただし、エステ用ハイフよりも高い効果を期待できるうえに効果が持続しやすいため、ハイフの効果を持続させたい人にとっては、かえって得だと言えます

このことから、「どうしてもコストを抑えたい」「少しでも安くハイフを受けたい」と考えている人以外は、医療ハイフの方がおすすめです。

赤み・腫れといった副作用が出る恐れがある

医療ハイフの施術を受けたあとには、赤みや腫れといった副作用が生じることがあります。ただし、メスで行う美容医療に比べると副作用の症状は軽く、期間も短いです。具体的には、1週間程度で副作用が落ち着くのが一般的です

副作用がなかなか収まらない場合は、医者に相談することをおすすめします。

医療ハイフの効果やメリット

医療ハイフには、デメリットだけでなくメリットもたくさんあります。ここでは、医療ハイフのメリットや効果について解説します。具体的には、以下の3点です。

  • 小顔効果や美肌効果が期待できる
  • 医師に施術して貰えるため安心できる
  • エステ用ハイフよりも高い出力で照射して貰える

デメリット・メリットの双方を理解してから、医療ハイフの施術を受けるか判断しましょう。

小顔効果や美肌効果が期待できる

年齢を重ねるごとに、肌トラブルの悩みが深刻になっている人が多いです。また、若いころはきにならなかったフェイスラインのたるみにより、顔が大きく見えることを悩んでいる人もいるでしょう。

医療ハイフの施術を受ければ、小顔効果や美肌効果を実感できます。エステ用ハイフよりも効果を期待できるため、コンプレックスを解消したい人はぜひ医療ハイフを受けてみてください

医師に施術して貰えるため安心できる

医療ハイフは、エステ用ハイフとは違って医師に施術してもらえます。エステティシャンよりも医師から施術を受ける方が、高い安心感や信頼感を感じられます。

医療ハイフは、安心して施術を受けたい人や信頼できる医師に依頼したい人にうってつけだと言えるでしょう。

エステ用ハイフよりも高い出力で照射して貰える

ハイフは効果が永久に続くわけではなく、一定期間が経過すると効果が切れます。そのため、定期的に施術を受けに行く必要があります。しかし、忙しい生活を送っている人にとって、頻繁に施術を受けるのは負担になりますよね。

その点、医療ハイフは、エステハイフよりも高い出力で照射してもらえます。効果が長続きしやすいため、忙しい人でも小顔効果や美肌効果を継続しやすいです

医療ハイフの施術を受けるならアリエル美容クリニックがおすすめ


医療ハイフを受けたいと考えている人は、アリエル美容クリニックでの施術を検討してみてください。

アリエル美容クリニックを経営している鈴木医師は、大手美容外科で勤務をしていた経験があります。そのため、確かな技術力や豊富な経験を駆使して施術してくれるでしょう。また、美容に関する知見の深いスタッフがたくさん勤めているため、些細なことを相談しやすいのも嬉しいポイントでしょう

ぜひ一度、アリエル美容クリニックでカウンセリングを受けてみてくださいね。

【まとめ】医療ハイフのデメリットを理解したうえで施術を受けるか決めよう!

医療ハイフには、痛みを感じる・副作用があるといったデメリットがありますが、メリットもたくさんあります。具体的には、高い効果を期待できる点や効果が長続きしやすい点などは、医療ハイフならではのメリットです

医療ハイフを受けるかエステ用ハイフを受けるか悩んでいる人は、ぜひ医療ハイフを検討してみてください。憧れの小顔や美肌をゲットできる可能性が高まるでしょう。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業