アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

糸リフトは半永久的に持続する?持続性の理由や持続期間の目安も解説

糸リフトは大がかりな手術なしで顔のたるみを引き締められる美容外科施術です。メリットはさまざまですが反面デメリットもあり、中でも永続性に対しても疑問や不安を抱いている人は少なくありません

本記事では糸リフトの永続性を中心に、施術方法や特徴を解説します。糸リフトの効果持続期間について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

糸リフトとは


糸リフトとは、糸を埋め込むことにより顔のたるみを引き締める美容外科施術です。一般的にはこめかみから頬にかけて放射状に糸を張り、その効果によってフェイスリフトを行います。しかし当クリニックでは院長独自の施術を行い、皮膚全体を持ち上げるように施術するため、より高い効果が期待できます

フェイスリフトには切開を行う施術方法もありますが、より大がかりな施術になってしまうため、体へのダメージや料金などが比較的大きいです。糸リフトの場合は痛みも少なく、ダウンタイムも比較的短いため、心理的な抵抗をあまり感じない方が多く見受けられます。

糸リフトの効果

糸リフトには、以下のような効果があります。

  • 顔のたるみが軽減する
  • 顔のシワが薄くなる
  • 肌質が改善される
  • ダウンタイムが短い
  • 傷跡が目立たない
  • 効果が半永久的に持続する

効果の持続性というメリットについては後述します。

一般的に糸リフトに対しては、たるみを改善したいという効果を求めて施術を受けられる方が多いです。確かに糸リフトを行うと、糸の効果で顔の皮膚や筋肉を持ち上げ、たるみやシワを軽減可能です。

しかし、それだけではなく肌質改善の効果も持っています。「なぜ糸を埋めて肌質が改善するの?」と思われる方も多いですが、これにはきちんと理由があります。糸を埋めると、体は刺激を傷だと認識し、修復しようとします。その結果施術を行った部分を中心に、肌が活性化して代謝が良くなりコラーゲンなどの生成が促されるのです。

切開に比べて傷も小さいため、ダウンタイムも短く済みます。傷跡も、髪の毛がかかれば分からない程度の小ささです

糸リフトの施術について

糸リフトの施術フローは以下のとおりです。

  1. カウンセリング・施術箇所決定
  2. 麻酔
  3. 施術
  4. アフターフォロー

まずは丁寧にカウンセリングを行い、どのように施術するか相談して決定します。不安や疑問は、何でもたずねてくださって構いません。

施術前には麻酔を行い、痛みを取り除いてから施術を行います。当クリニックは、お客様の痛みや腫れに対し、特に注意を払っているため、安心して施術を受けてください。静脈麻酔を併用する場合、施術は眠っている間に終了します。時間は目安として30分程度です。

施術が終了したあとは、ダウンタイムの過ごし方の説明や痛み止めの処方があります。小さいとはいえ傷はできているため、傷が悪化しないようダウンタイムは指示に従って過ごしてください

なお上記の流れは当クリニックのものですが、その他一般的な美容外科クリニックでも大きな違いはありません。不安な場合は、実際にかかるクリニックに問い合わせてみましょう。

溶ける糸

当クリニックでは、埋めたあと徐々に肌に溶ける糸を使用して、リフト施術を行います。一般的な美容外科クリニックでも、現在は溶ける糸の使用が主流になっています。

ひとくちに溶ける糸といっても種類があり、効果もそれぞれさまざまです。複数種類ある糸を、施術を受ける方ひとりひとりの状態を見て、部位や必要な本数を判断し、使用する糸を決定していきます

溶けない糸

糸リフトでは溶けない糸を使用しているケースも、まったく無いというわけではありません。主にポリプロピレンでできた、外科手術などでも使用される糸が用いられます。溶けない糸の場合は、施術後も肌にずっと糸として残り続けます。

ただし人体と同化しないため、感染症などのリスクが高く、現在はほとんど使われません。伸縮性も弱くひきつれが起こりやすいなど、メリットばかりとも言えない糸です。

糸リフトの効果は半永久的である

糸リフトの効果の永続性は、半永久的と言えます。

残念ながら、100%の効果を生涯発揮し続けるとは言えません。溶ける糸の場合、いずれ人体と同化し糸としては働かなくなってしまうため、だんだんと引き締めが緩んでしまうことは避けられません。

一方で施術の際糸を埋めると、体は傷を修復しようと働きます。その結果糸の周りに繊維が柱として発生し、糸が消えた後も残り続け顔のたるみを引き締め続けてくれるため、施術しない場合と比べて緩みにくくなるのも確かです

つまり一度糸を埋めると、糸が溶けた後もある程度の効果を発揮し続けてくれるのです。ただし効果の度合いは施術直後より少し落ちるため、糸リフトの効果は「半永久的に」持続すると言えます。

溶けない糸でも完全な永続性は無い

溶ける糸の場合いずれ人体と同化してしまい、緩んでしまうことは前述しましたが、溶けない糸でも緩むという点は同じです。加齢とともに皮膚や筋肉がたるんでしまうのは避けられないことであり、その緩みを糸の力だけで完全にカバーし続けることはできません

溶けない糸の場合、糸は最初に施術した状態から伸びることも人体に同化することもないため、引きつれなどを起こしかえって違和感のある見た目になってしまうケースもあります。

効果持続期間は半年から1年半程度

糸の永続期間は、施術を受ける人の状態や糸の種類にも寄りますが、目安として1年~2年ほどです。2年を過ぎると、施術前よりもたるみが軽いとはいえ審美性は低下してくるため、再施術を検討した方が良いでしょう。

おすすめは定期的な再施術

糸リフトを行う場合、定期的な再施術がおすすめです。若々しいフェイスラインをキープするということも重要ですが、同様に定期的にクリニックにかかることも大切です。

人の体は日々少しづつ変化しますが、自分では変化になかなか気づけないもの。単に前と同じ施術を受けるのではなく、現在の状態を確認し最適な施術を見つめ直すためにも、定期的にクリニックに足を運ぶことは重要なのです。

信頼できるクリニック選びのポイント

一度の施術のみならず何度も通い、定期的に施術を受けるわけですから、クリニック選びはとても重要です。信頼できるクリニック選びのポイントは、「親しみやすさ」と「実績」です。

親しみやすさのないクリニックでは、カウンセリングで言いたいことが言えず、イメージ通りに仕上がらなかったということになりかねません。自分の希望や疑問、不安などの相談を安心してできるクリニックを選びましょう

同時に、技術力や実績も大切です。受けたい施術に対し、確かな腕を持つスタッフがいるクリニックを選びましょう。実績の確認には、ホームページなどに掲載されている実績件数や、口コミなどが参考になります。

もしもクリニック選びに迷われた場合は、当クリニックにお越しください。豊富な経験を持つスタッフが、丁寧に対応させていただきます。

まとめ


糸リフトは一度施術を行うと、効果が半永久的に永続します。効果の持続期間が過ぎたとしても、施術をしない場合と比べるとフェイスラインは大きく変わります。今だけでなくこれからの美しさのために、ぜひ糸リフトを検討して施術を受けてください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業