アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

鼻尖縮小術のダウンタイムの様子は?症状や期間について解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「鼻尖縮小術を受けたいけれど、ダウンタイムの様子がわからない」と疑問に思っていませんか?

美容医療後はダウンタイムに入りますが、具体的なイメージが掴めないと、施術を迷ってしまいますよね。

本記事では、鼻尖縮小術のダウンタイムについて解説します。

参考にして、施術後の自分の状態を思い描けるようになりましょう。

鈴木院長

鼻尖縮小に効果が期待できる施術はいくつかあります。
それぞれダウンタイムの様子も少しずつ異なりますが、患部に注意して落ち着いて過ごせば問題なく乗り切れるため、事前の知識が重要です。

鼻尖縮小術とは?


鼻尖縮小術とは、鼻尖(鼻先)の縮小効果を期待できる美容医療のことです。

鼻尖が大きいと、鼻全体が大きいように見えてアンバランスな印象が強まったり、鼻がつぶれているような印象を与えたりと、審美性に悪影響を及ぼします。

そのため、鼻尖を縮小したり高くしたりすることで、美しくすらりとした印象の鼻になる効果が見込め、審美性の向上に繋がります。

鼻尖縮小効果が期待できるメニュー

鼻尖縮小効果が期待できるメニューは、以下のとおりです。

  • 鼻尖形成術
  • 軟骨移植術

鼻尖形成術は、鼻先を高く・細くする効果が見込めます。

鼻先にある左右の軟骨を中心方向に縫い止せ、形を整える施術です。

軟骨移植術は、鼻先に耳の軟骨を移植し、鼻先を高くする施術です。

鼻先を小さく見せる効果も期待でき、鼻尖形成術との併用によって、より高い効果が見込めます。

鼻尖縮小術のダウンタイムについて

鼻尖縮小術のダウンタイムについて、以下のポイントを解説します。

  • 目安の期間
  • ダウンタイムの中の症状
  • ギプスがある場合の注意事項
  • 切開を行った場合の注意事項

どのメニューをどの方法で行うかによっても異なってくるため、実際に施術を受けた後は、クリニックの説明をしっかり聞きましょう。

ダウンタイム期間の目安

鼻整形のダウンタイムは、どのメニューであってもおよそ1-2週間程度です。

鼻尖形成だけでなく、鼻筋を通す鼻プロテーゼや、鼻のサイズそのものを小さくする小鼻縮小でも同様です。

鼻は顔の真ん中にあるパーツであり、ダウンタイム中は腫れや内出血などが目立ちやすいです。

そのため、ダウンタイム中はマスクなどで鼻を覆い隠すのがおすすめです。

また、ダウンタイムが終わっても、1ヶ月程度は患部を強く押したり、つまんだりなどの刺激を与えないようにしましょう。

ダウンタイム中の症状

鼻尖縮小術のダウンタイム中の症状は、以下のとおりです。

  • 腫れ
  • むくみ
  • 内出血
  • かゆみ

鼻に対する美容医療の場合、単に患部が腫れるだけでなく、粘膜が腫れて一時的に鼻の通りが悪くなるケースがあります。

しかし、1-2週間程度で治っていくため、焦らずに待ちましょう

また、顔は毛細血管が集まっているため、内出血しやすい部位でもあります。

鼻周辺も例外ではないため、1-2週間は内出血が見えてしまうと考えておくと良いでしょう。

ギプスを着用する場合の注意事項

軟骨移植などの施術は、施術後に軟骨の位置を固定するため、ギプスを付ける必要があります。

ギプスは施術後より、3日~7日程度付け続ける必要があります。

隠したい場合は、マスクなどを利用してください。

ギプスを着用すると不便に感じる人もいますが、重要な役割を果たします。

そのため、クリニックの許可なく自己判断で外すなどの行為は止めましょう。

もしも独断で外した場合、施術の仕上がりに悪影響が出るおそれがあります。

オープン法による切開を行った場合の注意事項

びせん縮小には大きく分けてクローズ法とオープン法があります。

簡単にいうと、オープン法とは切開を伴う方式であり、クローズ法は切開せず糸で縫い留める方式です。

オープン法による切開を行うと施術時間が伸びる上、ギプスが必須になります。

ひいてはダウンタイムの負担が重めになってしまうため、あらかじめダウンタイム時の様子を知った上で施術に進みましょう。

ただし、オープン法による鼻尖縮小術を行うと術中に鼻軟骨の形態を把握しやすく、鼻の仕上がりがきれいかつ自然になりやすいです。

希望によりオープン法ではなくクローズ法も選べますが、理想の仕上がりになりずらい場合もあるため、医師とよく話し合って術式を決めるようにしましょう。

鼻尖縮小術のダウンタイム中の過ごし方について

鼻尖縮小術のダウンタイム中の過ごし方について、以下のポイントを解説します。

  • 洗顔
  • 入浴
  • メイク
  • 飲酒・激しい運動・サウナ

いずれも生活の上で珍しくないことですが、ダウンタイム中は行動に注意しなければ、仕上がりに影響を与えるケースもあります。

どの行動がいつ解禁になるのかクリニックによく確認し、上記以外にも気になる行為があれば必ず聞いておきましょう。

洗顔

洗顔は、患部を除いた部分は施術当日より可能です。

ただし、患部の洗顔はNGです。

水に濡らさないようにしてください。

また、鼻尖縮小の場合はギプスが付けられますが、ギプスを外したからといって洗顔OKというわけではありません。

何日後から解禁されるか、洗顔料をいつから使用して良いかなどの細かい条件は、クリニックに確認して指示に従ってください。

入浴

クリニックの方針にもよりますが、鼻尖縮小後の入浴は、1週間前後経過するまでNGとしているケースが多いです。

患部が塗れやすくなるだけではなく、血行が良くなると傷口が開きやすくなったり、内出血が悪化したりするおそれがあるためです。

シャワーは翌日よりOKとなる場合が多いですが、シャワー時も患部を濡らさないよう注意してください。

メイク

鼻尖縮小の場合、患部以外の部分は翌日からメイクが解禁となりますが、患部はしばらくメイクできません。

ギプスの装着期間や抜糸などが終了し、クリニックからOKが出て、はじめて患部へのメイクが可能となります。

メイク可能になっても、しばらくはソフトタッチにしておき、強い力で押すなどの行為は避けましょう。

また、患部以外のメイクを落とす際も、メイク落としや水などが患部にかからないよう注意してください。

飲酒・激しい運動・サウナ

飲酒・激しい運動・サウナなどは、クリニックから許可が出るまで控えましょう。

鼻には関係ないと感じられるかもしれませんが、上記はいずれも血行を促進する行為であり、施術直後は再出血の原因になったり、内出血の悪化を招いたりするおそれがあります。

アリエル美容クリニック大宮院での施術でダウンタイムを最小限に抑えましょう

鼻尖縮小をお考えの方は、アリエル美容クリニック大宮院での施術で、ダウンタイムを最小限に抑えましょう。

当クリニックには腕の良い医師が在中しているため、最小限の負担で最大限の効果を引き出せます

体への負担が軽いとダウンタイムも短くなり、施術後の時間が過ごしやすくなります。

【まとめ】鼻尖縮小術はダウンタイムの過ごし方に注意しましょう


鼻尖縮小術は、ダウンタイムの過ごし方に注意しましょう。

受ける施術メニューやクリニックの方針によって、ダウンタイムの過ごし方は少しずつ変わりますが、クリニックの指示に従って、患部に刺激を与えず過ごすのが重要である点は変わりません。

ギプスや切開を伴う場合は、特に注意が必要です。

施術の仕上げと考えて、無理せずダウンタイムを乗り切りましょう。