アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

鼻尖縮小術は術後何年もつ?定期的なメンテナンスが必要になる?

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

鼻尖形成術を検討している方の中には、鼻尖形成の術後効果がどれくらいもつのか気になって、手術に踏み切れない方もいるでしょう。

鼻尖形成術の効果は、手術の方法によって異なります。

本記事では、鼻尖形成術の種類や効果が何年もつのかなどについて詳しく解説します。

鼻尖形成術に踏み切れずに悩んでいる方は、ぜひ参考にして検討材料の1つにしてください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、鼻尖縮小術を始めとする鼻整形を実施しています。
患者様のお鼻の状態を確認したうえで、理想の状態に近づけるよう手術を行っているため、ぜひお気軽にご来院ください。
カウンセリングは無料ですのでご安心ください。

鼻尖形成術とは?


鼻尖形成術とは、鼻整形の種類の1つで鼻先を細く高くする施術です。

だんご鼻やブタ鼻などの改善効果が期待できます。

他の施術に比べると、整形をした感が出にくいのが魅力の1つです。

鼻尖形成術は、以下のような方におすすめです。

  • だんご鼻やブタ鼻を改善したい
  • 鼻先を高くしたい
  • 鼻先を整えたい

また、ダウンタイムも比較的軽度なため、チャレンジしやすい美容整形だといえます。

鼻尖形成術には主に2種類ある

クリニックによっては切開を伴わない施術を行っているところもありますが、鼻尖形成術の種類は、主に以下の2パターンです。

  • クローズ法
  • オープン法

それぞれの施術について詳しく解説するので、自分に合う方を選びましょう。

判断できない場合は、カウンセリングで医師の意見を聞くのがおすすめです。

クローズ法

クローズ法とは、鼻の表面ではなく、鼻の穴の内部を切開して鼻先の形を整える方法です。

鼻の表面に見える傷跡ができないのが、大きなメリットだといえます。

そのため、周囲に整形したことがバレたくなければ、クローズ法がおすすめです。

一方で、オープン法と違い鼻全体を露出して手術するわけではないため、より確実な仕上がりを求める方にはオープン法をおすすめします。

オープン法

オープン法は、クローズ法とは違って鼻の表面を切開して形を整える施術です。

ただし、鼻の表面といっても、周りからは目立ちにくい鼻柱を切開するため、傷跡が目立ちにくい傾向にあります。

また、オープン法の方が効果を実感しやすいと言われています。

そのため、効果を重視したい方には、オープン法が適しているでしょう。

鼻尖形成術は何年もつ?

鼻尖形成術を受けるうえで、どれくらいもつのか気になる方も多いでしょう。

ここでは、何年くらい効果が持続するのか解説していきます。

切開を伴わない施術

鼻尖形成術には切開を伴わずに、糸を使って行う施術があります。

効果の持続期間には個人差があり、10年以上持つ人もいれば1年で元に戻る方もいます。

切開を伴わないため、表面に傷跡が残ることがないのは大きなメリットです。

ただし、効果が半永久的ではないため、綺麗な鼻を保つには定期的な施術が必要になります。

切開を伴う施術

切開を伴うクローズ法やオープン法で鼻尖形成術を行う場合は、半永久的な効果が期待できます。

ただし、術後に納得のいく形になっていなかったり、固定がうまくいかなかったりする場合は、再手術が必要です。

より効果を実感したい、持続させたい場合には、他の鼻整形と組み合わせるのがおすすめです。

少しでも理想の鼻に近づけるためにも、カウンセリング時に担当医に細かく伝えるようにしましょう。

鼻尖形成術の術後はメンテナンスが必要?

鼻尖形成術を切開が伴わない方法で行うと、定期的なメンテナンスが必要です。

一方で、切開を伴う方法を選択した場合、半永久的な効果が期待できるため基本的にはメンテナンスの必要はありません。

ただし、術後の鼻の形に納得がいかない場合は再手術が必要になります。

より効果を持続させたいのであれば、切開法と合わせて他の鼻整形を受けることを検討しましょう。

おすすめの組み合わせ施術

鼻尖形成術の効果をより実感するには、他の鼻整形と組み合わせるのがおすすめです。

ここでは、おすすめの組み合わせ施術について解説します。

鼻プロテーゼ

鼻プロテーゼは、鼻筋を高くしてスラッと通す施術です。

シリコンでできているI型のプロテーゼを鼻背の骨膜下に入れることで、鼻筋が通り立体的な顔になります。

鼻の表面に穴を開けるわけではなく、鼻の穴の中を3mm程度切開して施術を行います。

そのため、他の整形術と比べるとダウンタイムが短い場合が多いです。

メイクの際にハイライトを入れている方は、鼻プロテーゼの施術を受けることで毎朝の支度にかかる時間を短縮できます。

鼻プロテーゼには抵抗がある方は、ヒアルロン酸注入で鼻筋を整える方法もあります。

鼻尖部軟骨移植術(耳軟骨移植)

軟骨移植術とは、鼻尖形成との組み合わせに特化しており、より鼻先を細く高くする施術です。

耳介後面か耳前部より皮膚を切開して軟骨を採取して、鼻先に移植を行います。

耳の皮膚を切開するため、傷跡に対して不安を抱く方もいるでしょう。

しかし、耳の傷跡は時間とともに、自分でもわからないほど目立たなくなります。

耳の軟骨はとても柔らかいため、鼻先に移植しても自然な仕上がりが期待できます。

より鼻先を高くしたい方は、ぜひ検討してください。

小鼻縮小術

小鼻縮小術は、横に広がっている小鼻を小さくする施術です。

鼻の穴の大きさが気になる方は、目立たなくさせる効果が期待できます。

小鼻縮小術では、鼻の穴の内側もしくは外側を切開して施術を行います。

内側を切開することで、外側に傷跡が残りにくくなるのが特徴です。

両方から切開をして、施術を行うこともあります。

また、糸で留める方法もあり、比較的短い時間で施術を行える点がメリットです。

ダウンタイムが短いのは大きなメリットですが、効果が薄れ元に戻る場合もあります。

だんご鼻で悩んでいる方はアリエル美容クリニック大宮院にお越しください

だんご鼻で悩んでいる方は、アリエル美容クリニック大宮院にお越しください。

当院では、オープン法とクローズ法で鼻尖形成術を行っています。

また、他の鼻整形と組み合わせることで、より高い効果を実感される方も多いです。

当院では、丁寧なカウンセリングで患者さまの希望やご予算をしっかりとヒアリングしたうえで、施術の提案を行っています。

だんご鼻やブタ鼻などのコンプレックスを抱えている方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

【まとめ】鼻尖形成術で半永久を求めるなら切開を伴う施術を受けよう!


本記事では、鼻尖形成術が何年もつのか、おすすめの組み合わせ鼻整形術などについて解説しました。

鼻尖形成術は施術の方法によって、持続期間が異なります。

半永久的な効果を求めるのであれば、切開を伴う施術を受けるのがおすすめです。

また、より効果を実感したい、持続期間を長くしたいなどのお気持ちがあれば、他の鼻整形と組み合わせると良いでしょう。

患者さまの状態によって施術の種類や組み合わせの施術は変わるため、一度クリニックでカウンセリングを受けてみてください。