アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ヒアルロン酸注射による腫れの原因は?長引かせない方法も紹介

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

手軽にシワ改善や唇のボリュームアップを期待できるヒアルロン酸注射。

手術と比べると、費用もリーズナブルな傾向があるため、気になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、施術を受けるにあたって、術後の腫れや内出血に不安を抱く方も少なくありません。

本記事では、ヒアルロン酸注射後に生じる腫れなどの副作用について詳しく解説していきます。

原因や長引かせない方法を知り、ヒアルロン酸注射を前向きに検討しましょう。

鈴木院長

アリエル美容クリニックでは、腫れを始めとするヒアルロン酸注射のダウンタイム中に生じる副作用について、丁寧に説明をしたうえで施術を行います。
無料で追加注入を実施しているため、適切な量のヒアルロン酸注射で効果を実感していただけます。

ヒアルロン酸注射とは?


ヒアルロン酸とは、人間の体内にも存在するゼリー状の物質を指します。

高い保水力・保湿力を持っているのが特徴で、肌の弾力やハリを形成するのに欠かせない成分です。

このヒアルロン酸が含まれた成分を、シワやたるみに注入することで、ボリュームアップやシワの改善を期待できるのがヒアルロン酸注射です。

ほかにもヒアルロン酸注射は、涙袋や唇、鼻の形成などにも対応しています。

またヒアルロン酸は、もともと体内に存在する成分のため、アレルギー反応を起こすリスクが低い傾向にあります。

なかには、製剤に含まれている不純物や添加物によってアレルギーを起こすケースもありますが、比較的安全性が高い施術とされています。

ヒアルロン酸注射後に生じやすい副作用について

ヒアルロン酸注射は、細い針を用いて製剤を注入します。

メスを使うことがないため、副作用やリスクが少ない傾向があります。

主に考えられる副作用は、下記があげられます。

  • 腫れや赤み
  • 内出血

それぞれの症状について詳しく解説していきます。

腫れや赤み

施術の刺激によって腫れや赤みが生じる可能性があります。

一般的に施術3〜4日程度で治まることがほとんどです。

さらに腫れなどが広範囲及ぶことはないため、日常生活への支障はほとんどありません。

内出血

注射針が皮下組織を刺激することによって、内出血が生じるケースもあります。

内出血は施術直後よりも翌日以降に生じることが多い傾向があります。

基本的には、3日〜2週間程度で治まります。

ファンデーションやコンシーラーで隠せる程度の症状のため、施術を受けたことを周囲に知られたくない方でも過度に心配する必要はありません。

ヒアルロン酸注射によって腫れが生じる原因

ヒアルロン酸注射によって腫れが生じる原因は、主に下記があげられます。

  • ダウンタイム
  • アレルギー反応
  • 製剤の量が多すぎる
  • 医師のスキル不足

なかには、医師のスキルや注入量によって腫れが生じるケースもあります。

原因を知っておくことで、未然に防げる可能性もあります。

ダウンタイム

1番多い原因として、ダウンタイムによる腫れが考えられます。

ヒアルロン酸は、保水力に長けており、注入した部位の周辺の水分を蓄えることで、患部が一時的に腫れてしまいます

ほかにも注射針によるダメージによって、腫れが生じることもあるでしょう。

ダウンタイムによる腫れであれば、長くても1週間程度で治まるため、様子をみてください。

万が一、腫れが治らなかったり、悪化したりする場合は、クリニックに相談しましょう。

アレルギー反応

ヒアルロン酸は、もともと体内に存在する物質のため、アレルギーのリスクが低い傾向があります。

しかし、不純物や添加物などの影響によって免疫細胞が攻撃されてしまい、アレルギーを発症する可能性も考えられます。

アレルギー症状が重篤な場合は、ヒアルロン酸溶解剤を使用するか、ステロイド薬を投与し、治療を行います。

製剤の量が多すぎる

ヒアルロン酸の注入量が多すぎると、一部分だけ盛り上がってしまい、腫れたように見えてしまうケースがあります。

悩みを改善するために、多くのヒアルロン酸を注入したくなる気持ちもありますが、医師とよく相談して適切な範囲の量を選択することが大切です。

医師のスキル不足

ヒアルロン酸注射は、手軽に受けやすい施術ですが、医師のスキルによって仕上がりが左右されます。

スキルの低い医師によって、製剤を一気に注入したり、注入量を誤ったりしてしまうと不自然な仕上がりになってしまいます。

そのため、ヒアルロン酸注射を受ける際は、価格や通いやすさだけでなく、医師のスキルを確認して選ぶことが大切です。

ヒアルロン酸注射による腫れを長引かせない方法

ヒアルロン酸注射による腫れは、術後の過ごし方によっては悪化する可能性もあります。

腫れを長引かせないためには、下記のポイントが大切です。

  • 血行が促進される行動は控える
  • 患部をむやみに触らない

それぞれについて詳しく解説していきます。

血行が促進される行動は控える

術後は、サウナや激しい運動、飲酒など血行が促進される行動は控えましょう。

血液の巡りがよくなることで、腫れだけでなく、内出血や痛みが悪化する恐れがあります。

目立つ腫れなどが治まるまでの術後3日程度は、安静に過ごしましょう。

また、腫れや痛みを抑えるために患部を冷却するのも効果的です。

患部をむやみに触らない

患部をむやみに触らないことも大切なポイントです。

術後は、患部が気になってしまい、思わず触りたくなってしまうことも少なくありません。

しかし、患部に触れることで細菌が入り、感染症を起こす可能性もあります。

ほかにも患部が圧迫され、凹凸が生じるケースもあるため、ヒアルロン酸が馴染むまでの2週間程度は触らずにすごしましょう。

腫れを抑えてヒアルロン酸注射を受けたい方はアリエル美容クリニック大宮院へ

腫れを抑えてヒアルロン酸注射を受けたい方は、アリエル美容クリニック大宮院へお越しください。

当クリニックには、豊富な実績や症例を持ったスキルの高い医師が在籍しています。

1人ひとりの悩みや希望に合った注入量・部位を見極め、施術を提供します。

不自然な仕上がりにならないよう、様子をみながら注入していくため、自然な仕上がりを求めている方は、ぜひご相談ください。

また当クリニックでは、術後1ヶ月以内であれば無料で追加注入を行っています。

術後に気になる点がある場合は、遠慮なくご相談ください。

なお当クリニックでは、公式サイトやLINE、電話からカウンセリングの予約を受け付けています。

興味がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

【まとめ】ヒアルロン酸注射の腫れを抑えるには施術後の過ごし方がポイント


ヒアルロン酸注射による腫れを抑えるには、施術後の過ごし方が大切です。

血行が促進される行動を控え、患部をむやみに触らないよう心がけましょう。

なかには、アレルギー反応によって腫れが生じる可能性もあります。

腫れが悪化している場合や明らかな異変がある場合は、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

万が一の事態に備えて、アフターケア体制が整っているクリニックを選ぶのもおすすめです。