アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

二重整形のデメリットは何?埋没法と切開法どちらがいいか比較!

二重整形をしたら目元がぱっちりしていいことばかり?もちろん理想の目元を手に入れたら気分も上がりますよね。

しかし、二重整形にはデメリットもあります。この記事では、二種類ある二重整形のデメリットについて詳しく解説します。二重整形を検討している方は、デメリットをしっかり知ったうえで、適切な方法を選びましょう。

二重整形のダウンタイムは2種類ある

二重整形には2種類の方法があります。
それが次のふたつです。

  • 埋没法
  • 切開法

どちらの施術をするかで、ダウンタイムの長さや内容が大きく違ってきます

それぞれの施術とダウンタイムの特徴を詳しく解説します。

糸で留める埋没法のダウンタイム

埋没法は、医療用の糸でまぶたの何点かを糸で留め、二重ラインの癖をつける二重整形術です。

メスを使わないので、ダウンタイムが短いのがメリットです。

腫れや内出血は多少ありますが、術式にもよりますが3日程度で治まります。

抜糸もなく1週間後にはほぼ落ち着くでしょう。

メスを使用する切開法のダウンタイム

切開法は、メスでまぶたに切り込みを入れ、脂肪や皮膚を切り取ったのち縫い合わせることで二重ラインを作ります。

皮膚を切るので、埋没法に比べてダウンタイムが長くなります。

抜糸までの1週間は、痛みや腫れ、内出血があり、傷の状態も目立つ状態です。

抜糸後は徐々に落ち着きますが、普段の生活に戻るまでに2-4週間かかります

傷の状態が落ち着き完成くまでには約31ヶ月程度かかります。

埋没法のダウンタイムは3~7日

埋没法のダウンタイムは3~7日と比較的短めです。

ダウンタイムが終わり、普段の生活ができるようになるまでの期間は約1週間です

腫れや内出血のピークは1~3日

埋没法のダウンタイムのピークは1〜3日。

主な症状は次のとおりです。

  • 泣いた後のような腫れやむくみ
  • チクチクする痛み
  • 赤みなどの内出血
  • ゴロゴロする違和感

傷がほとんどないので、多少の腫れやむくみ、痛みなどを感じる程度です

痛みがつらい場合は、処方された痛み止めを飲んだり、保冷材などで冷やしたりしましょう。

アイメイクやコンタクトは翌日から可能?

痛みや違和感がおさまれば、アイメイクやコンタクトの装着もOKです。

ただし、施術後数日はデリケートな状態なので、まぶたを触わる行為は1週間ほど控えるようにしましょう

切開法のダウンタイムは2週間~1ヶ月

切開法は、メスで皮膚を切り取ったのち縫合するので、かなり腫れます。

抜糸までの1週間は安静にすごすようにしましょう。

腫れがある程度落ち着くまでは2-4週間程度かかります。

その後は、飲酒やスポーツも様子を見ながら再開可能です。

傷跡の状態が落ち着き完成までにくまでには31ヶ月ほど見ておきましょう

1~2週間は安静に

施術後から抜糸までは、かなり腫れます。

抜糸までの5〜7日間は安静に過ごしましょう。

主な症状は次のとおりです。

  • 腫れやむくみ
  • 内出血
  • 痛み

切開法のひどい腫れは1〜2週間程度続く場合が多いです。

施術後1ヶ月くらいで落ち着いてききます

内出血は個人差がありますが、赤紫になる場合も。

こちらも落ち着くまでに1〜2週間程度かかります。

痛みや熱感などは2〜3日間がピークです。

時間の経過とともに落ち着きますが、痛みがつらい場合は処方された抗生剤や痛み止めを服用しましょう。

抜糸しても傷跡が落ち着くまでの1ヶ月程度2週間は安静を心がけます。

アイメイクやコンタクトは抜糸後から

目元以外のメイクは翌日からでも大丈夫ですが、抜糸までは目元を触らないようにします

アイメイクやコンタクトは抜糸後なら大丈夫ですが、違和感があるようなら控えましょう。

つけまつげであれば1ヶ月は控えるのが無難です。

ダウンタイムを短くするためのコツ

ダウンタイム中は安静に過ごすのが重要です。

適切に過ごすことで早くダウンタイムを終えられるでしょう

ここでは腫れを早く引かせるためのコツを紹介します。

  1. 最初の3日間はまめに冷やす
  2. まくらを高めにする
  3. 目元を触らない・こすらない
  4. 入浴は簡単に済ませる
  5. 運動や飲酒を控える
  6. 水分を取りすぎない

詳しく見ていきましょう。

1.最初の3日間はまめに冷やす

血流がよくなると腫れが悪化しダウンタイムが長引く原因となります。

施術後3日間は、患部が熱を持っているのでこまめに冷やしましょう。

方法としては、冷やしたタオルなどで15分ほどあてるだけで十分です

腫れが引いたあとは、必要以上に冷やす必要はありません。

2.まくらを高めにする

頭に血液が集まらないように、頭の位置を心臓より高くしましょう。

就寝時は、首を痛めない程度の少し高さがあるまくらを使用します。

リラックス時もソファや床に寝転がるとまぶたに血が集まるので、ダウンタイム中はできるだけ座るようにしましょう

3.目元を触らない・こすらない

目元が気になり触りたくなるかもしれませんが、菌が入ると炎症がおこり、ダウンタイムが長引きます

傷跡が落ち着くまでは、触らない・こすらないよう心がけましょう。

4.入浴は簡単に済ませる

施術直後は、まぶた周辺の血行が良くなりすぎる長風呂は避けましょう

入浴は、シャワーなどでさっと済ませましょう。

5.運動や飲酒を控える

血流が良くなると、患部に内出血が起こる可能性があります。

運動や飲酒は施術後1~2週間は控えましょう。

抜糸後であれば飲酒も運動も可能ですが、激しい運動の場合2週間程度は控えましょう

6.水分を摂りすぎない

水分のとりすぎはむくみにつながります。

少しずつ飲むようにしましょう。

その際、糖分やカフェインを多く含む飲み物は避けます

また、体を冷やさないよう常温のものにしましょう。

二重整形のダウンタイムを上手に過ごそう

二重整形のダウンタイムは、埋没法と切開法で大きく差があります。

共通していることは、安静に過ごし、腫れや内出血を早めに抑えることです

切開法は埋没法に比べダウンタイムが長く、傷跡が落ち着くまで時間がかかりますが、半永久的な二重が手に入るメリットがあります。

ご自分に合った二重整形を選択するためには、カウンセリングで納得いくまで確認しましょう。

アリエル美容クリニックでは、医師と専門カウンセラーがぴったりの施術を提案しています。

大宮駅西口から徒歩1分のアクセスの良さと同時に、人通りの少ない閑静な通りに面しており、人目を気にせずご来院いただけます。

申し込み方法は、Web・電話・LINEの3つです。

明瞭な価格表記で不安なくご利用できるので、二重整形を検討している方はお気軽にご相談ください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業