アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

糸リフトのダウンタイムは長い?痛みが引かないって本当?経過ごとの症状を紹介

年齢を重ねるにつれ、気になるフェイスラインのたるみ。手軽にフェイスラインのリフトアップが叶う糸リフトを検討している人も多いのではないでしょうか。しかし、美容外科整形を受けるうえで気になるのが、ダウンタイムについてです。糸リフトはダウンタイムが短いとはいえ、どのような症状がでるのか気になる人も多いでしょう。

そこで本記事では、糸リフトのダウンタイムについて、経過ごとの症状を紹介します。また、

できるだけダウンタイムを短く済ませるための過ごし方についてもあわせて紹介するので、糸リフトを受けようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

糸リフトとは?


糸リフトとは、皮膚の下に糸を入れ、たるんだ皮膚や脂肪を引き上げ、フェイスラインをリフトアップさせる治療のことです。

注射器のような器具で皮下に糸を入れるため、皮膚を切開する必要もありません

そのため、ダウンタイムも短く、リスクも少ないのが特徴です。

糸リフトの施術を受けることで、ほうれい線などのシワやフェイスラインのたるみを改善し、若返ったように見せたり、小顔効果を感じられたりします。

また、挿入された糸が皮膚の真皮を刺激し、コラーゲンの生成を促進するのも特徴です。

生成されたコラーゲンはハリ・ツヤのある肌に導くため、美肌効果も感じられます。

糸リフトのダウンタイムを時系列で紹介

糸リフトのダウンタイムで見られる主な症状は、以下のとおりです。

  • 腫れ
  • むくみ
  • 痛み
  • 内出血
  • 引きつり
  • つっぱったような感覚

上記のような症状があるものの、症状は軽い傾向にあります。

そのため、糸リフトのダウンタイムは短く、1週間から2週間ほどが一般的です

メスを肌に入れないため、手術翌日にシャワーもメイクも可能と、手軽に受けやすい施術になっています。

とはいえ、ダウンタイム中はどのような経過をたどるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

ここからは、糸リフトのダウンタイムについて、一般的な手術後の経過を解説していきます。

手術直後

麻酔がきれると、やや痛みを感じることもありますが内服薬でカバーできる程度の軽微なものであることがほとんどです

顔が動かしにくい、口が開きにくいといった違和感がでる可能性もあります。

また、腫れは手術直後がピークです。

手術で使用する麻酔量が多いと、腫れやむくみが長引きやすい傾向にあります。

手術後はこめかみあたりに点状の傷跡ができますが、髪の毛で隠せる範囲なので気になりません。

手術してすぐから、糸リフトの効果を実感できることがほとんどです。

手術から2~3日目後

手術から2~3日経つと、顔の動かしにくさや口の開きにくさといった違和感はほとんどなくなっていきます。

ただし、麻酔の注射や薬剤が残ることで内出血がでる可能性も

しかし、内出血がでても、メイクで隠せる程度のものがほとんどです。

また、手術から2~3日経っても痛みがでることがありますが、この場合も内服薬で治まる程度で我慢できない痛みではありません。

手術から1週間後

手術から1週間経過すると、こめかみにある傷跡もかさぶたになってきます。

むくみや腫れなどの症状もなくなり、フェイスラインがはっきりするため糸リフトの効果を1番実感しやすいです

また、手術後に内出血がでていた人は、黄色くなり、消える寸前ほどにまで回復していきます。

手術から2週間後

手術から2週間経過すると、内出血・腫れ・むくみなどの症状は完全に消失します。

また、このころあたりから肌のハリ感や美肌効果を実感することも

挿入した糸によって真皮が微細なダメージを受けることで、肌内部でコラーゲンの生成が促進され、美肌効果をもたらすためです。

適切なダウンタイムの過ごし方とは?

いくら糸リフトのダウンタイムは短いといっても、できるだけ期間は短く、症状は軽く抑えたいですよね。

そこでここからは、できるだけ早く回復するためのダウンタイムの過ごし方について紹介していきます。

手術から3日間はシャワーですませる

手術から3日間ほどは、シャワーで入浴をすませましょう。

湯船につかると血行が良くなり、痛みがでたり炎症が起こったりしやすくなってしまいます

症状が改善する3日までは長風呂やサウナなどは控えるようにしましょう。

手術から1週間は激しい運動を控える

手術から1週間は激しい運動は控え、安静に過ごしましょう。

入浴と同じように血行が促進されることで痛みが出たり、炎症が起こったりしやすくなります。

少し歩くくらいなら問題ないですが、ちょっとでも痛みや腫れが残っている時には運動は避けたほうが無難です

過度な飲酒はしない

手術から1週間程度は、飲酒は控えたほうがダウンタイムが軽く済みます。

飲酒も血行を促進してしまうため、むくみや腫れ、内出血、痛みを引き起こす可能性があるためです

また、過度な飲酒はむくみの原因にもつながります。

全く飲んではいけないというわけではありませんが、手術から1週間は禁酒し、それ以降も過度な飲酒は控えるようにしましょう。

顔のマッサージは控える

糸リフトは表情筋に針をさして引き上げる手術のため、手術後1か月間は顔をむやみにさわらないようにしましょう。

糸リフトによる引き上げが落ち着かないうちに顔をマッサージすると、痛みがでたり鼻から頬にかけての引きつり感が悪化したりする可能性があります

また、同じように大きく口を開けて笑ったり、大きく表情を作ったりすると違和感が強くなることもあるので注意が必要です。

糸リフトは失敗したという声も多い?

ダウンタイムが短い分、手軽に手術を受けやすい糸リフトですが「受けて後悔」「失敗してつらい」といった声も少なくありません。

糸リフトの失敗例は以下のとおりです。

  • 効果を実感できなかった
  • ひきつった顔になった
  • 皮膚表面に凹凸ができた
  • 皮下の糸が透けて見えてしまっている
  • 感染症にかかってしまった
  • 顔が大きくなった

糸リフトはリフトアップに効果的な手術ですが、その分執刀医の技術頼りになりがちな治療法です。

糸リフトで失敗しないためには、カウンセリングが丁寧かつ技術の高い医師に施術してもらうことが大切といえます

糸リフトを受けるなら、クリニック選びは慎重に


糸リフトのダウンタイムは1~2週間程度と短く、切開しないので傷跡もほとんど残りません。

手軽にリフトアップ効果を期待できる分、失敗や後悔したという声も多い治療のため、慎重にクリニックを選ぶ必要があります。

そこでおすすめなのが、アリエル美容クリニックです。

アリエル美容クリニックは糸リフト手術の実績が豊富。

10年後も効果を感じられるようたるみやすい部位に繊維を補強し、数年後もたるみにくい肌を持続させる施術を行っています

カウンセリングも丁寧なので、施術に対して不安がある人も安心です。

カウンセリングは無料のため、まずはお気軽にご相談ください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業