アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ハイフを顔に施すデメリットは?高リスクの人やリスク低減の方法も解説

ハイフ施術で、より美しくなりたいという人は多いです。反面、デメリットに不安を抱き、施術に踏み切れない人も少なくありません。美容において顔は特に重要な部分であり、それだけに万一のリスクを考えてしまうのは、無理もないことと言えるでしょう。

本記事ではハイフ施術で起こりうるデメリットや、リスク低減の方法を解説します。ハイフ施術に迷っている人はぜひ参考にし、判断の助けにしてください。

ハイフとは?


ハイフとは超音波を利用してたるみを引き締める施術です。正式には高密度焦点式超音波療法と言い、英語で言うと「High Intensity Focused Ultrasound」となります。この頭文字をとって、HIFU(ハイフ)です。

超音波を照射することで該当部分に熱が集まり、それを利用してコラーゲンの生成を促し、脂肪を溶解させます。そのため、一度の施術でたるみの引き締めと、肌質改善双方の効果が得られます。

ハイフの施術法

ハイフは専用の機械を用いて超音波を顔に当て、施術を行います。機械とひとくちにいってもクリニックによりさまざまですが、当クリニックではウルトラフォーマーMPTを用います。

施術そのものは特に難しいこともありません。カウンセリングを行って超音波を当てる部位や強度を決定したら、あとは実際に超音波を当てるだけです。切開などは特に行わないため、麻酔なども使用しません。

まれにダウンタイム時腫れやむくみが生じることもありますが、数日でおさまります。

ハイフのメリット

ハイフ施術には以下のようなメリットがあります。

  • 高いリフトアップ効果
  • 肌質改善
  • 他施術との容易な併用

フェイスリフトアップを目的とした施術は、糸リフトなどハイフ以外にもさまざまなものがあります。しかしそれぞれメリットとデメリットが異なっているため、自分に適した施術法を選ぶことが大切です。

高いリフトアップ効果

ハイフは高いリフトアップ効果が期待できます。

単に引き締め効果がありたるみを取るというだけでなく、ほうれい線や目元のたるみなど、さまざまな部位に対して効果を発揮します。そのため、部位ごとに違う施術を何度も行うことなく、一回の施術で顔全体に引き締め効果を与えられます。

特に当クリニックで用いるウルトラフォーマーMPTは、超音波を密に照射することが可能であるだけでなく、細かな部分の照射もできます。そのため、より高い効果を得られます。

肌質改善

リフトは肌質改善効果も期待できます。超音波を当てることで顔に意図的に軽いダメージを与えると、コラーゲンがダメージによって縮みます。体はこれを回復しようと新たなコラーゲンを盛んに生成し、結果として肌質が改善するのです。

他施術との併用

ハイフは他施術との併用性が高いこともメリットのひとつです。美容外科施術は安全性を考慮すると、どのような施術でも自由に組み合わせ可能!というわけにはいきません。

しかしハイフは併用して行える施術が多いです。一例ですが、ダーマペンやエラボトックス、ピーリング施術などが併用可能です。

ハイフを顔に施すデメリット

ハイフはメリットの大きい施術ですが、一方でデメリットも大きい施術です。具体的には以下のようなデメリットが発生します。

  • 赤み・腫れ・やけど
  • むくみ・水ぶくれ
  • 肌が弱くなるリスク
  • 顔のこけ

上記のデメリットは必ず永続性があると限ったわけではなく、一過性のものもあります。総じて言えるのはダウンタイムに注意すべきであるということと、クリニック側との連携が重要ということです。

赤み・腫れ・やけど

ハイフは赤み・腫れ・やけどなどの症状を引き起こす場合があります。

ハイフの仕組みは、超音波を皮膚の土台となるSMAS筋膜に当て、熱ダメージを与えることで施術効果を出すものです。しかし、超音波の量が必要以上に強すぎたり、当てる角度が悪かったりした場合、筋膜に届くだけでなく骨に反射し、皮膚に返ってきてダメージを与えるのです。

また、体質によっても症状が強く出たり、長く出たりということがあります。

一般的には一過性のものであり、2-3日程度で引いてきますが、長引いたりなおる気配がない場合は医療機関を受診しましょう。

むくみ・水ぶくれ

ハイフはむくみや水ぶくれなども引き起こす可能性があります。いずれも超音波による熱ダメージが原因です。

むくみだけであれば1週間程度を目安にひいてきますが、水ぶくれができた場合は、別途軟膏などを塗布して対処する方が良いでしょう。どちらも一過性のものですが、長引く場合は医療機関を受診しましょう。

肌が弱くなるリスク

ハイフの施術跡は、乾燥肌になる可能性が高まります。

ハイフを受けると熱によるダメージで皮膚から水分が失われ、ダメージを受けます。そのためハイフ後は、皮膚から水分やバリア機能が失われ、一時的に乾燥肌のような状態になるのです。

刺激を与えずそっとしておけば、徐々にコラーゲンの生成が促されハリと潤いのある肌になっていきます。しかし、施術直後のダメージのある肌に刺激を与えると、かえって肌質が悪化するリスクがあります。

顔のこけ

ハイフは顔がこけるリスクもあります。

ハイフは一度で終了するタイプの施術ではなく、複数回繰り返して理想の仕上がりにする人も少なくありません。しかし何度も繰り返して顔を引き締めすぎると、適切なフェイスラインを超え、引き締めすぎて痩せ気味のフェイスラインになってしまいます

ハイフのリスクが高い人

ハイフは施術リスクが高い人がおり、希望すれば誰でも行えるというわけではありません。体質や状況からして、かえって良くないと判断された場合は、施術を受けられないこともあります

受けたい施術を受けられないことはストレスかもしれませんが、その人個人の状態をしっかり見きわめて行わなければ、ハイフはかえって顔へのダメージになってしまいます。

顔の脂肪が少ない

顔の脂肪が元々少ない人は、ハイフにリスクを伴います。顔の脂肪が少ない人は、ハイフを行って引き締めすぎになってしまう例がまれにあるためです。

その多くは適切な照射モードと出力を判断できない術者に問題がある場合もあります。

過度に日焼けしたあとなど肌にダメージを負っている

ハイフは、元々肌にダメージを負っている人にはおすすめできません。ハイフの仕組みとして、意図的に肌にダメージを与え、その結果として引き締めや肌質の改善が行われます。

ところが元々肌がダメージを負っている場合、ハイフを行うとダメージがさらに蓄積され、肌質が悪化するリスクがあります。

アトピーやケロイドなどがある

アトピーやケロイドがある人は、ハイフにあまり向いていません。アトピーやケロイドがある場合は、肌に無駄な刺激を与えず過ごすことが基本になります。そのため、あえて肌にダメージを与える施術であるハイフは、肌質に対し高リスクの施術になってしまいます

引き締めを行いたい場合はクリニックに相談し、別の施術を検討しましょう。

ハイフのデメリットを低減するには


ハイフのデメリットを低減するには、以下のような点に注意が必要です。

  • 丁寧かつ的確な事前カウンセリング
  • 確かな施術
  • 入念なアフターフォロー

総じて言えるのは、クリニックとの密なやり取りが要求されるということです。

その人はどういう体質であり、何に悩んでいて、解決するにはどのようにするのが最善か。その判断をクリニックが行うためには、まず施術を受ける人が自分の希望を話し、意見を伝える必要があります。

丁寧かつ的確な事前カウンセリング

事前カウンセリングを丁寧に行うことで、クリニック側は患者の状態を把握でき、最善の手段を提案できます。

単にハイフを行いたいというだけでは、クリニック側が状況を知るにはやや情報不足です。なぜハイフを行いたいのか、最終的にどういう仕上がりになりたいのかを、クリニック側に分かってもらいましょう

その人にぴったりなプランを提供できるのは、クリニック側が正確に事実確認をできてこそです。

確かな施術

ハイフはテクニックの必要な施術であり、クリニック側のスキルが求められます。

機械を使うため、自動で施術ができるというイメージを持つ人もいますが、それは誤解です。実際は出力の強さや患部に当てる角度など、さまざまなことに気を配り施術を行う必要があります

したがってハイフを行うには、ひとりひとりの状態を見きわめ適切な施術を行うだけの技術力が必要なのです。

入念なアフターフォロー

ハイフはアフターフォローも重要です。ダウンタイムは比較的短いと言われている施術ですが、だからといって施術後の時間を適当に過ごしてよい、というわけではありません。

ハイフは体に意図的にダメージを与える施術です。だからこそアフターケアを万全にし、体のコンディションがスムーズに整うよう注意して生活しなければなりません

そのためにはクリニック側の的確な指導と、施術を受けた人との信頼関係が重要になります。

まとめ

ハイフはデメリットが多い施術と言われます。しかし実際はデメリットと言うよりもリスクが高いのであり、予防や低減が可能です。ダウンタイム時は確かに患部に腫れなどが生じることもありますが、一過性のものであり次第になおります。心配しすぎることなく、ハイフ施術を受けてください。

もしも不安が拭えない場合は、クリニックに相談しましょう。何が不安で、何に納得がいかないのか。それが解消されて安心できるようになれば、そこが施術を受けるタイミングです。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業