アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

バッカルファット除去のダウンタイムはどのくらい?主な症状と過ごし方について紹介

「バッカルファット除去のダウンタイムって、どのくらいの期間あるんだろう」と疑問に思っていませんか?

結論から言うと、ダウンタイムのピークは数日〜1週間程度です。

しかし、ダウンタイム中の症状などを知っていないと、思わぬ腫れや痛みに苦しむ可能性があります。

今回はバッカルファット除去のダウンタイム中の症状について解説します。

バッカルファット除去とは?


バッカルファット除去とは、頬の内側にある脂肪の塊であるバッカルファットを取り除く手術のことです。

バッカルファットは、年齢を重ねると徐々に垂れ下がってしまいたるみの原因になってしまうのです。

そのまま放置していると、ブルドッグ顔やほうれい線、マリオネットラインが目立つ原因になります。

若いときに除去しておくことで、たるみ予防にもなる手術です。世代を問わず現在注目を集めています。

バッカルファット除去のダウンタイムの期間

バッカルファット除去のダウンタイムのピークは、数日〜1週間程度です。この時期はとくに腫れや痛みが続きます。

早くて1週間、1ヶ月もすれば、手術の効果を実感できます。

ダウンタイムのピークが短い手術のため、すぐに仕事復帰したい方にも人気があります。

忙しい方でも、チャレンジしやすい手術です。

バッカルファット除去のダウンタイムの症状

バッカルファット除去の手術のダウンタイムに現れる症状は、主に3つです。

  • 腫れてしまう
  • 痛みが出てくる
  • 内出血が出る

知らずに受けると、思わぬ症状で苦しむこともあります。手術を受ける前には、把握しておきましょう。

腫れてしまう

バッカルファット除去をした場合、腫れることがあります。手術直後よりも1〜2日経った頃に腫れが出てくるため注意してください。

腫れはおよそ1週間程度で目立たなくなります。自然に馴染むまでには、1ヶ月程度かかるため、焦らずに目立たなくなるのを待ちましょう。

痛みが出てくる

バッカルファット除去をした跡に痛みが出てくることもあります。

およそ手術直後〜1週間程度は続くでしょう。ピークは、1〜2日程度です。

もしも痛みに弱い方は、痛み止めが処方されるため、症状が出たら服用するようにしましょう。

内出血が出る

バッカルファット除去をして、内出血が出ることがあります。

内出血は、手術中に小さい血管を傷つけてしまうことで起こります。およそ2〜3週間ほどで消失してくることがほとんどです。

内出血が出たとしても焦らずに、様子を見るようにしてください。

バッカルファット除去のダウンタイム中の過ごし方

バッカルファット除去をして、ダウンタイムに入ったときは以下のような過ごし方を心がけましょう。

  • 外出や仕事をするときはマスクをする
  • 飲酒は避ける
  • 刺激物の飲食は避ける
  • 長時間の入浴は避ける
  • よく冷やす

上記を守ることで、症状の悪化や目立つのを防げます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

外出や仕事をするときはマスクをする

バッカルファット除去をしたときには、腫れや内出血が目立ってしまうことがあります。

そのままでも問題ないですが、周りに心配されてしまうため、マスクを着用して外出や仕事をしましょう。

職場の環境でマスクの着用が難しい場合や透明なフェイスシールドを着用しなければいけない場合は、目立つことも考え数日休むのがおすすめです。

自分の居住環境や仕事環境に合わせて、ダウンタイム中の休暇を検討してください。

飲酒は避ける

飲酒は避けましょう。お酒は、血の巡りを良くして体温を上げる作用があります。

そのため腫れや内出血が悪化し、治まるのに時間がかかってしまうのです。

さらに飲酒をすると、むくみが発生する可能性があります。

飲酒をすると尿の量が増えるため、喉が乾きます。飲酒により喉が渇いて、潤すを繰り返すと次第に水分のとりすぎに。

すると、余分な水分が体に残ってしまいむくむのです。飲酒をすることで強くむくんだり、症状が長引く可能性があります。

刺激物の飲食は避ける

刺激物の飲食は避けるようにしてください。手術直後は、口腔内をできるだけ清潔に保つことが望ましいとされています。

硬いものなども避けるようにしてください。

長時間の入浴は避ける

長時間の入浴も避けるようにしてください。

長時間の入浴は体が温まってしまい、血行が良くなってしまいます。すると体液が血管から漏れ出てしまい、腫れや内出血をひどくする原因になるのです。

長時間の入浴は避けて、数日間はシャワーなどで済ますのがおすすめです。

よく冷やす

手術の当日、熱感が気になる場合はよく冷やすのがおすすめです。

タオルで包んだ保冷剤や氷水などを用意して、気になる部分に5〜10分程度当てましょう。

直接保冷剤を当ててしまうと、凍傷や血行障害を引き起こす可能性があるため注意してください。

熱感が引いたら、冷やすのを止めて様子を見てみましょう。

バッカルファット除去の施術の流れ

バッカルファット除去の施術の流れを解説します。

  • カウンセリングを受ける
  • 申し込みをする
  • デザインをする
  • 麻酔をして手術し帰宅

まずはカウンセリングを受けて、バッカルファット除去で悩みが解決できるか医師に診てもらいます。症状によっては、別の手術法をすすめられるでしょう。

カウンセリングで手術を受けることが決定したら、申し込み書に記入し、料金を支払います。

その後カウンセリングで希望した顔になるように、医師がデザインします。

次に麻酔をして、手術を進めていくのです。手術は口腔内を数ミリ切開し脂肪を取ります。

およそ30分で終了します。手術が終わったら、帰宅して問題ありません。

まとめ


バッカルファット除去は、頬の内側にある脂肪の塊を除去する手術です。ダウンタイムのピークは数日〜1週間程度で、1ヶ月もすれば自然に馴染んできます

ダウンタイム中は、腫れや痛みなどが出てきますが、今回紹介した過ごし方を参考にすると、悪化させずに済むでしょう。

手術を受ける方は、施術の流れも参考にしてみてください。

アリエル美容クリニックでは、バッカルファット手術を受けられます。

脂肪吸引の手術にも対応してもらえるため、顔の脂肪で悩んでいる方は1度相談してみるのがおすすめです。

経験のある院長が在籍しているため、安心して任せられるでしょう。

実績のあるクリニックに依頼したい方は「お問い合わせ」へご連絡ください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業