アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

人生変わった!気軽に痩せられる脂肪吸引のメリットやリスクを解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

痩せたいと感じている人は少なくありませんが、痩身は簡単ではありません。普通のダイエットは時間と努力が必要であり、痩身効果も一気に出ることはなく、徐々にしか成果が出ないためモチベーションを保つのも大変です。そこでおすすめなのが、脂肪吸引や脂肪溶解注射です

本記事では美容整形の痩身施術について解説します。参考にして、一日も早く理想の姿を手に入れてください。

脂肪吸引とは?


脂肪吸引とは、皮膚の下にある脂肪層を吸引で除去し、痩身効果を得る美容整形施術です。当クリニックでは顔周辺に対して施術しますが、体に対しても施術は可能です。

施術方法としては、カニューレと呼ばれる細い管を使用し脂肪を吸いだしていきます。吸いだす方法も機械式や手吸い式などさまざまですが、当クリニックではより手吸いにこだわり、より繊細できれいな仕上がりにできます。

脂肪吸引のメリット

脂肪吸引のメリットには以下のようなものがあります。

  • リバウンドしにくい
  • 部分痩せが可能
  • 即効性が高い

上記のメリットは、顔への施術でも体への施術でも、変わることはありません

リバウンドしにくい

脂肪吸引は、いちどでも行うとリバウンドしにくくなります。脂肪吸引は正確に言うと脂肪だけを除去するのではなく、脂肪を蓄える脂肪細胞ごと吸引を行います。

その結果脂肪を蓄える体内のスペースが減るため、リバウンドしにくくなるのです。

部分痩せが可能

脂肪吸引は吸引する部分を指定できるため、簡単に部分痩せが可能です。

ダイエットでは、痩せたい部位と実際に痩せていく部位が違ってしまって、ダイエットしている意味をあまり感じないというケースも少なくありません。しかし、脂肪吸引であればそのような悩みは生じません。

高い即効性

ダイエットと異なって、脂肪吸引には即効性があります。

脂肪吸引で人生が変わった、としばしば言われる原因のひとつは、この即効性です。徐々に痩せるのではなくすぐに見た目が変わるため、世界が今までと違って見えると言う人もいるほどです。体が軽くなり、以前より運動が苦にならなくなったというケースもあります。

脂肪吸引のリスク

上記で分かる通りに脂肪吸引にはさまざまなメリットがありますが、反面リスクもあります。

まず、脂肪吸引にはダウンタイムがつきものです。カニューレを挿入する際はどうしても傷ができてしまい、内出血も生じます。痛みは数日で治まってきますが、内出血は長い場合治るのに2週間ほどかかることも。しかしクリニックの腕次第で、内出血の範囲は小さくすることができます。

また、脂肪吸引はリバウンドしにくい反面、吸引しすぎると戻せないというリスクもあります。特に顔に対する脂肪吸引は、過度に行うと頬がこけてしまい、かえって顔の印象が悪化してしまうことまであるのです。

いずれにせよ、腕の確かなクリニックでの施術がおすすめです。実績が少ない、口コミが良くないなどといったクリニックは避けた方が良いでしょう。

体には脂肪溶解注射がおすすめ

当クリニックでは、体に対する痩身には脂肪吸引ではなく脂肪溶解注射を推奨しています。

脂肪溶解注射とは、薬品を注射することで脂肪細胞を溶解し、排泄物などと同時に体外に排出させて痩身効果を得る施術です。なお、顔にも脂肪溶解注射施術を行うことができます。

脂肪溶解注射のメリット

脂肪溶解注射のメリットは以下のとおりです。

  • 脂肪吸引と同様にリバウンドしにくい
  • 簡単に部分痩せできる
  • 体へのダメージが少ない

脂肪吸引と主なメリットは同様ですが、脂肪溶解注射は注射での施術であるため、より体へのダメージが低くなる点が大きな違いです。

脂肪吸引と同様にリバウンドしにくい

脂肪溶解注射はリバウンドしにくいという性質を持ちます。脂肪吸引と原理は同様であり、注射を打つことで脂肪細胞ごと溶解・体外排出されるため、リバウンドしにくくなります。

ただし、一度なくなった脂肪細胞は戻りません。痩せすぎてしまっても、元に戻せないリスクも同様であるため、腕の確かなクリニックで行いましょう。

簡単に部分痩せできる

簡単に部分痩せできるのも、脂肪溶解注射の特徴です。患部に施術を行えば部分痩せできる、という点は脂肪吸引と同様ですが、カニューレと違い位置が目で見てわかるため、よりスムーズに施術可能という利点があります。

体へのダメージが少ない

脂肪溶解注射は、体へのダメージが少なく、ダウンタイムが短めです。

脂肪吸引はカニューレを移動させるため内出血の程度がやや強く出ることがあります。しかし脂肪溶解注射の場合は、あくまで行う施術としては注射のみであるため、内出血がさらに出にくくなります。

なお個人差はありますが、内出血が治るまでには1~2週間程度かかるのが一般的です。これは脂肪吸引も同程度です。

脂肪溶解注射のデメリット

脂肪溶解注射は脂肪吸引と比較し、体へのダメージが少なくて済む施術ですが、デメリットもあります。メリットばかりではないため、カウンセリングや状態によっては、脂肪吸引を行った方が良いと判断される場合もあります。

どのような施術でも当てはまりますが、メリットしかない施術などというものは存在しません。そのため、ひとりひとりの状態を入念に検討した上で方針を決定する必要があるのです。

即効性はやや低め

脂肪溶解注射は、即効性という点で脂肪吸引に劣ります。脂肪溶解注射は、薬剤の力を借りて痩身効果を得る施術です。そのため、直接脂肪が除去される脂肪吸引とは異なり、痩身効果が目に見えて発現するまでややタイムラグがあります

具体的な期間は薬剤にもよりますが、早く効果が出る性能の良い薬剤では、2~3日程度で効果が出ます。しかし薬剤によっては2~3週間かかるものもあるため、即効性を重視したい場合は、施術前に確認をしておきましょう。場合によっては、脂肪除去を勧められる場合もあります。

効果が弱いと感じられることも

人によっては効果が弱いと感じられる場合もあります。脂肪溶解注射に限りませんが、薬剤を人に用いた場合、どれほど強く効くかは投与された人の体質によって変化します。

そのため人によっては、少ししか効果が出ないということも起こり得ます。脂肪溶解注射は、過度に打ってしまうと元に戻せないため、念のために大量に打つわけにもいきません。

効果が薄いと感じた場合は、再度施術を行うことになります。体質によっては複数回打たなければならない場合もあることは、考慮しておきましょう。

まとめ


「脂肪吸引で人生変わった!」という言葉は、あながちおおげさな表現というわけではありません。たった一日で見た目が大きく変わり、コンプレックスが解消されたら、日々は今までと違ったものになるでしょう。

しかし理想の姿に近づきたいと感じるのであれば、焦って「とにかく痩せれば良い、脂肪を減らせば良い」などと考えてはいけません。正しい知識を得て、信頼の置けるクリニックでじっくり相談した上で、自分に合った施術を受けてください。

関連する症例写真

RELATED CASE LIST