アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

脂肪吸引の失敗例は何がある?クリニックで修正や返金対応はしてもらえるか

脂肪吸引は医師の技術や経験によって成功率が大きく変わる施術です。現在の自分を変えるため、勇気を出して施術に臨んだものの、技術、経験の浅い医師によって失敗してしまったという事例があとを絶ちません。体型が不自然になることや、重大なミスを犯した場合は後遺症が発生することもあります。名医に施術してもらうことが最も重要な道ですが、もし脂肪吸引に失敗してしまった場合、修正や返金対応は可能かどうか疑問点を解説します。

脂肪吸引での失敗例


脂肪吸引による最も大きな失敗は死亡事故ですが、よほど未熟な医師による施術でなければ、ほとんど起こることはありません。ここから紹介する事例は、それよりも生じる可能性の高いものです。

左右のバランスが異なる

脂肪吸引量が左右で異なったために、左右差が生じた事例です。また脂肪を取りすぎた場合には、骨が目立ってしまうことがあります。人の骨格は左右均等ではないため、バランスが違うように見えます。失敗の原因は事前のカウンセリングで患者の理想像を聞き、完成のイメージの描きを疎かにしてしまったことや、医師の経験が浅いことが挙げられるでしょう。

色素沈着を起こす

色素沈着は吸引する箇所の脂肪を取りすぎてしまった場合に起こります。肌の色が変色すると見た目も悪く目立ちやすいですが、その後のケアによっては改善する可能性は十分あります。

保温を重ね紫外線対策を行い、正しい生活習慣を送ることによってターンオーバーを促進させることが重要です。色素沈着の症状があらわれた場合には、まずクリニックの診断を受けてからその後の対応を検討しましょう。

手術前と比べて変化が少ない

手術前と比べて変化が少ないことは、脂肪吸引による失敗でも多い事例です。吸引量が少なかった場合だけでなく、脂肪の量が少ない部位に対して行なった際にも変化が少なく感じられるでしょう。

脂肪を吸引する量は体重の3〜5%までとされており、それ以上はリスクがつきまといます。吸引するのは脂肪だけではなく血液も含まれているため、過度に行なった場合に健康を損ねる可能性があるからです。

傷跡が目立つ

脂肪吸引ではカニューレという5mm〜7mmの管を使います。脂肪吸引をする際、カニューレを

何度も出し入れするため、徐々に肌が傷つくおそれがあります。通常であれば日数の経過とともに目立たなくなりますが、稀に傷跡が残ってしまうケースが存在することも事実です。ほとんどの場合は半年〜1年で治りますが、もし目立つようならクリニックに連絡しましょう

表面不整が起こる

表面不整とは肌がボコボコして見えることで、原因は医師の吸引方法が下手だったり、術後の経過によって起こります。術後の経過であれば期間を置けば改善されますが、半年以上期間が過ぎても変わりがなかった場合は医師の技術不足による結果である可能性が高いです。

脂肪吸引で失敗した場合の修正対応は可能か

脂肪吸引で失敗した場合、修正対応をしてもらえるかどうかはクリニックによって異なります。また明らかな医療ミスであることは少なく、失敗の線引きが難しいケースが多いです。明らかなトラブルが発生した場合はクリニックへ連絡し、対応の有無を確認しましょう。

修正が可能なケース

修正が可能なケースは脂肪吸引量が少なく、まだ除去できる余地が十分にある場合です。脂肪をしっかり取っていた箇所でも、他の部位から脂肪を移動させることが可能であれば修正対応ができることもあります。失敗理由の多くは見た目の変化が少ないことが挙げられ、この問題は脂肪吸引量が少なかったということです。この場合は修正可能なことが多いですが、無料で行なってくれるか、追加料金がかかるかはクリニックによって異なります。心配であれば事前に確認することが望ましいですが、それよりも重要なことは一度の施術で満足のいく結果を得られるクリニックを利用することです。

修正が不可能なケース

修正が不可能なケースは、脂肪を多く取り過ぎてしまい他の部位からの移動も見込めない場合です。吸引のやりかたに問題があり、皮下組織が大きく傷ついたことで表面不整が起こっていた際には、脂肪がある程度残っていたとしても修正対応は難しくなります。脂肪吸引後の見た目の問題は、日数の経過とともに解消されることが多いため、慌てずクリニックへ連絡し、診断を受けましょう。

脂肪吸引で失敗した場合に返金対応は可能か

失敗した場合の返金対応についてもクリニックによって詳細は異なりますが、基本的には明らかな医療ミスでなければ期待できません

返金対応や保証制度はクリニックによって異なる

返金対応、保証制度はクリニックによって違いがあり、不具合があった場合には施術後の診察や薬の処方が無料になるところもあります。基本的にはどのクリニックでも失敗がないよう十分に注意して施術を行なっていますが、万が一のために保証制度をつけています。しかしクリニック側が実際に返金に応じた事例は少ないため、過度の期待はしないほうが良いでしょう。

明らかな医療ミスであれば返金可能

明らかな医療ミスとはどのようなものでしょうか?たとえば医療機器の不具合によって身体に傷跡が残った場合などは返金対応をしてもらえる可能性は十分にあります。医師の腕が未熟で、その後の見た目に満足がいかなかった場合は、医療事故ではないため返金を断られる可能性も高いです。納得できない場合は消費者センターに相談することも選択肢の一つで、美容医療に関しても多くのトラブルの報告が寄せられ、解決に至った例もあります。

クリニックの選択が脂肪吸引で失敗しないための道

失敗した場合は保証制度によって修正をしてもらえるクリニックも多くありますが、それ以上に大切なことは十分な技術・経験のある医師の手で施術を受けることです。症例や評判、企業ホームページの情報などを参考にして、信頼のおけるクリニックを探しましょう。時間が許すようなら、数箇所のクリニックでカウンセリングを受けることも有効な手段です。たった一度の施術ですが、入念にリサーチをすることによって成功か、失敗かの未来が大きく変わります。

まとめ


脂肪吸引による失敗事例は数多く報告されています。見た目を良くしたいと施術に臨んだはずが、逆に不自然になってしまったという失敗は誰でも避けたいものです。保証制度を設け、修正対応をしてくれるところもありますが、最も重要なことは失敗しないためのクリニック選びです。信頼のおける医師の手で施術してもらうことが成功への道です。また脂肪吸引と比較してリスクが低く、効果が見込める施術も存在します。リスクの低い方法で、見た目の変化を達成したいと望まれるなら、ぜひアリエル美容クリニックへお問い合わせください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業