アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

バッカルファット除去のメリットは?デメリットも併せて解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「最近頬がたるんできた気がする」「歳を重ねることにほうれい線が濃くなってきた」と悩んでいる方もいるでしょう。

そのたるみやほうれい線は、バッカルファット除去手術を受けることで改善できる可能性があります。

頬の深い部分にある脂肪を除去することで、たるみやほうれい線など、さまざまな肌悩みの改善効果が期待できます。

今回はバッカルファット除去手術について、メリットやデメリットなどを詳しく見ていきましょう。

バッカルファット除去とは


バッカルファットとは、頬の奥にある脂肪の塊のことです。

歳を重ねるごとに重力に負けて、皮膚や脂肪が垂れ下がってきます。皮膚や脂肪が垂れ下がることで、たるみやほうれい線などの原因となるのです。

しかし、バッカルファット除去で脂肪の塊を取り除くことで、重力で引っ張られる部分を少なくできるので、小顔効果などが期待できます。

バッカルファット除去で期待できる効果

バッカルファット除去をすることで期待できる効果は、小顔効果だけではありません。その他にも以下の効果が期待できます。

  • リフトアップ効果
  • フェイスラインをすっきりさせる
  • 将来のたるみの予防
  • シワやたるみの改善

脂肪の塊を取り除くことでシワやたるみが改善され、若々しい印象を取り戻せるでしょう。また、若いうちからバッカルファットを除去することで将来のシワやたるみの予防にもつながります。

バッカルファット除去のメリット

バッカルファット除去には、多くのメリットがあるので見ていきましょう。

高い効果が期待できる

バッカルファット除去では、小顔効果やブルドック顔の改善など高い効果が期待できるのが特徴です。たるみやほうれい線が深くなると、実年齢より高く見られることもあるので、悩んでいる方も少なくないでしょう。

バッカルファットを除去することでたるみやシワの原因も取り除けるので、将来の肌悩みの予防にもつながるのです。

ハイフや糸リフトなどさまざまな美容医療がありますが、バッカルファット除去では異なる視点からアプローチをかけるため、他の方法では得られなかった効果も期待できます。

半永久的に効果が続く

バッカルファット除去の効果は半永久的に続くのもメリットの1つです。基本的に、脂肪細胞は一度取り除くと新たに作られることはありません。

再発の心配がないので、1回の手術のみで済ませられるのです。

他にもたるみやシワを改善する効果が期待できる美容医療はありますが、定期的に施術を繰り返す必要があるものが多いです。

バッカルファット除去なら1回の手術で半永久的な効果が続くので、コスト的にもメリットがあると言えるでしょう。

傷跡が目立ちにくい

バッカルファット除去ではメスを使って施術していくため、傷跡が残るのではないかと不安を感じている方もいるでしょう。しかし、バッカルファット除去は口の中を切開して脂肪を引っ張り出すので、見えるところに傷ができるわけではありません

傷口が目立ちにくいので、周りにばれることなく施術を受けられるのもメリットの1つです。

フェイスリフト手術と比べるとダウンタイムはかなり短い

メスを使った施術のため、バッカルファット除去にはダウンタイムのリスクがあります。しかし、フェイスリフト手術もメスを使っていくのですが、バッカルファット除去の方が比較的ダウンタイムが短い傾向にあります。

腫れや痛みなどのダウンタイムが起きても、症状が長引く心配は少ないでしょう。

体への負担が少ない

バッカルファット除去は体への負担が少ないのもメリットの1つです。ダウンタイムが短いことだけではなく、術後の食事制限もありません。

その後の日常生活もいつもと同じように過ごせるので、体だけではなく精神面の負担も少ないでしょう。

バッカルファット除去のデメリット

バッカルファット除去は注意点もあります。どのようなデメリットや注意点があるのかも、事前に知っておくことが大切です。

ダウンタイムのリスクがある

バッカルファット除去はメスを使って手術をしていくため、ダウンタイムのリスクがあります。最も多く現れる症状は、「腫れ」です。人によっては痛みを伴うこともあります。

ダウンタイムの期間としては3〜5日程度なので長引く心配はありませんが、施術前の状態に戻すためには2週間程度かかるでしょう。

ダウンタイムの症状が出ている間はマスクなどでカバーすることをおすすめします。

口の中に傷ができる

バッカルファット除去は見えるところに傷はできませんが、口の中に傷ができます。傷といっても1〜2cmという小さなものなので、手術当日から食事や歯磨きは問題なくできます。

しかし、傷がふさがるまでは染みたり、痛みを感じたりすることもあるでしょう。時間の経過とともに徐々に傷口が塞がり、傷跡もなっていくので安心してください。

メスを使う恐怖感

メスを使って施術していくため、口の中を切開するという行為に恐怖を感じてしまうこともあるでしょう。麻酔を使って施術していくため、痛みには最大限配慮されていますが、それでも不安を感じてしまうのは仕方ありません。

不安や心配な点がある方は、事前に医師に相談しておくことが大切です。悩みに応じて医師が適切な対処をしてくれるでしょう。

効果を実感できない場合もある

バッカルファットを除去したからといって、必ずしも効果が実感できるとは限りません。仕上がりは医師の技量に左右されることがあるのです。

ただ単に、バッカルファットを除去すればいいわけではありません。適切な量を取り除かなければ、効果が得られなかったり、逆に頬が凹んでしまうこともあるのです。

納得のいく仕上がりを目指すためには、実績と信頼のあるクリニックで施術を受けることが大切です。

バッカルファット除去が向いている人

バッカルファット除去は、以下の方におすすめです。

  • 深いほうれい線で悩んでいる
  • 将来のたるみやシワを予防したい
  • ブルドック顔で悩んでいる
  • 顔やせをしてもなかなか効果を実感できない
  • フェイスラインのもたつきが気になる

バッカルファットを除去するならアリエル美容クリニックで


バッカルファット除去で効果を得るためには、実績と信頼のあるクリニックで施術を受ける必要があります。バッカルファットに対応しているクリニックはたくさんありますが、その中でもおすすめなのがアリエル美容クリニックです。

アリエル美容クリニックではカウンセリングに力を入れており、お客様の悩みや症状に合わせてオーダーメイドの施術を提供しています。悩みに寄り添ってサポートしてくれるので、はじめての方でも安心して施術を受けられるでしょう。

関連する症例写真

RELATED CASE LIST