アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

バッカルファット除去の特徴は?施術を受けるメリット・デメリットもご紹介

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

年齢を重ねるごとに気になる口元や頬のたるみ。

それらの悩みを改善できる美容医療のひとつが、「バッカルファット除去」です。

他の美容医療と比較してダウンタイムが軽いため、多くの芸能人やインフルエンサーも施術を受けている人気の治療となっています。

本記事では、バッカルファット除去の施術方法や特徴について詳しく解説していきます。

また、バッカルファット除去を受けるメリット・デメリットもご紹介しますので、バッカルファット除去を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

バッカルファットとは


バッカルファットとは、頬の内側深くにある脂肪の塊のことです。

大きさは卵の黄身ほどで、こめかみの奥から頬骨のあたりに位置しています。

バッカルファットは人が類猿人だった頃には必要とされていましたが、現代人にとっては何の役割もありません。

若いうちは高い場所に位置しますが、年齢とともにバッカルファットは垂れ下がってくるのが特徴です。

垂れ下がったバッカルファットは頬のたるみやほうれい線、マリオネットラインなどの悩みの原因となります。

バッカルファット除去とは

バッカルファットは除去することで頬を引き上げ、フェイスラインをすっきりさせる効果があります。

他にもほうれい線やマリオネットラインの改善や、小顔効果なども期待できます。

若いうちに除去することで、将来ブルドック顔になるのを予防できるのも魅力です。

バッカルファット除去の施術方法

バッカルファットは頬の内側(口腔内)に数ミリほどメスを入れ、脂肪を取り出します。

口の中を切開するので、顔の表面に傷が残らないのが特徴です。

切開した傷跡は溶ける糸で縫合するため、再度来院して抜糸する必要もありません。

そのため、忙しい方にもおすすめできる治療となっています。

バッカルファット除去がおすすめな人

バッファルカット除去がおすすめな人は、以下のような特徴がある人です。

  • ほうれい線やマリオネットラインが気になる人
  • 頬がたるんでいる人
  • ブルドック顔の人
  • 笑った時の頬のふくらみが気になる人
  • 丸顔の人
  • 頬の内側をよく噛んで口内炎になる人

バッカルファットは取り除くことで、上記のような悩みを改善できます。

また、バッカルファット除去は年齢を重ねた方だけにおすすめできる治療法ではありません。

若い方でもバッカルファットが大きいと、上記のような「丸顔」「頬のふくらみ」などの悩みを持っていることが多いです。

バッカルファットが大きい分、加齢によるたるみの幅は大きくなりやすいので、若いうちから治療を受けることで将来的なたるみやほうれい線などの老化予防にもなります。

バッカルファット除去のメリット

ほうれい線やブルドック顔の改善などの効果が得られるバッカルファット除去ですが、他にも嬉しいメリットがあります。

ここからはバッカルファット除去を受けるメリットについてご紹介します。

傷跡が目立たずダウンタイムが短い

バッカルファットは口の中にメスを入れて脂肪を切除するため、傷跡が表面に残りません。

そのため、施術直後からメイクも洗顔も可能です。

また、切開するのは口腔内なので、傷の治りも皮膚表面より早く、ダウンタイムも短く済みます。

すっきりとしたフェイスラインになれる

バッカルファットは除去することで、加齢による頬のたるみや気になるほうれい線を改善してくれるだけでなく、ダイエットしても変わらない頬の膨らみも改善してくれるのが特徴です。

そのため、若い人でもバッカルファットを取り除くと小顔効果を期待できます。

とくに下膨れ顔だったり頬の脂肪が多い方、頬が脂肪で膨らんでいる方は、治療を受けることでフェイスラインがすっきりします。

効果が長い

バッカルファットは、一度除去すると効果は半永久的です。

脂肪細胞そのものを取り除くので、再発する心配はありません。

他の美容医療のように、何度も施術を受ける必要なく効果を感じられるため、費用対効果を感じやすいでしょう。

バッカルファット除去のデメリット

得られる効果やメリットも多い治療法ですが、人によっては治療自体向かないなど、デメリットもあります。

ここからは、バッカルファット除去のデメリットについて解説していきます。

向かない人がいる

バッカルファット除去は誰が受けても効果を感じられる治療ではありません。

治療を受けることで、人によっては頬がこけてしまったり効果が感じられなかったりする可能性があります。

また、バッカルファット除去は一度受けてしまうと元には戻せません。

たるみの原因によっては、バッカルファット除去だけで効果を得られないこともあるので、失敗を防ぐためにも必ずバッカルファット除去が適性か判断できる医師に診てもらいましょう。

腫れが強く出る可能性がある

麻酔の影響によって施術後の腫れが強く出てしまうことがあります。

施術による腫れの続く期間には個人差もありますが、、施術当日から翌日までに引くことがほとんどです。

ただし、長い方なら1週間ほど腫れが出る可能性もあるため、長めに見て施術後1~2週間は大切な予定やイベントを避けるようにすると安心です。

バッカルファットをするべきかは信頼できるクリニックに相談しよう


バッカルファットを除去することはほうれい線の改善や小顔効果、フェイスラインの引き上げなど、さまざまな効果が期待できる治療法です。

口腔内を除去するので表面に傷も残らず、ダウンタイムも軽いので気軽に受けてみたいと感じた方も多いのではないでしょうか。

しかし、バッカルファット除去は高い技術と正確な判断力を必要とする治療のため、経験豊富で信用できる医師に執刀してもらうのがおすすめです。

アリエル美容クリニックでは、1人ひとりの状態に合った切除量を正確に見極め、施術を進めます。

そのため、バッカルファット除去でよく聞くような「頬のコケ」などとは無縁です。

また、アリエル美容クリニックでは切開するのも数ミリほどなので、施術後の痛みや腫れを抑えられるので日常への復帰もしやすいですよ。

初回のカウンセリングは無料ですので、バッカルファット除去をご検討の方はぜひお気軽にご相談ください。

関連する症例写真

RELATED CASE LIST