アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

脂肪吸引にはリバウンドのリスクはある?原因や予防方法を解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「脂肪吸引をしても、リバウンドをしてしまえば意味がない…」と不安を感じている方も多いでしょう。

結論からお伝えすると、脂肪吸引のリバウンドのリスクは低いです。

しかし、絶対にリバウンドしないと言えるわけではありません。

日常生活の中でも注意しなければ、リバウンドする可能性があるのです。

今記事では脂肪吸引とリバウンドの関係性について詳しくまとめていきます。

日常生活で気をつけるべきポイントをまとめていくので、参考にしてみてください。

脂肪吸引とは


脂肪吸引とは、カニューレと呼ばれる細い注射器を使って、脂肪細胞を吸引し除去する方法のことです。

顔や腕、足など幅広く対応しており、部分痩せができるのが特徴です。

中には、「お腹は痩せられたけど、足が痩せない」「顔のトレーニングをしても頬の肉が落ちない」と悩んでいる方もいるでしょう。

脂肪吸引はピンポイントの施術が可能なので、足だけ、顔だけなど、部分痩せに対応できます。

ただし、大幅な体重の減少を目指したい方にとっては向いていない施術です。

脂肪は水よりも軽いため、たとえ1000ccの脂肪細胞を吸引したとしても、体重は1kgも痩せません。

部分痩せなどには効果が期待できますが、体全体のダイエットには向いていない施術です。

脂肪吸引とダイエットの違い

脂肪吸引の場合は、脂肪細胞を吸引して体外に除去するため、体の中に残る細胞の数が物理的に少なくなるため仮に太ってしまったとしても吸引した部分だけは太りづらい体質になります。

しかし、ダイエットの場合は脂肪細胞を取り除くのではなく、細胞自体が小さくなるのが特徴です。

脂肪細胞がなくなるわけではないので、新たに脂肪細胞が大きくなればまた太ってしまいます。

また、部分痩せのしやすさも大きな違いの1つです。

脂肪吸引の場合は、痩せたい場所の芝生をピンポイントで狙えるため、部分痩せがしやすいです。

ダイエットの場合は希望する場所だけを痩せるのは難しいので、部分痩せをしたいなら脂肪吸引が向いていると言えるでしょう。

脂肪吸引のリバウンドのリスクは少ない

基本的に一度取り除いた脂肪細胞が復活することはありません。

脂肪吸引では物理的に脂肪細胞を取り除けるため、リバウンドのリスクはとても少ないです。

脂肪吸引でリバウンドする原因

いくら脂肪細胞が復活することはないといえども、リバウンドする可能性はゼロではありません。

暴飲暴食を続けたり、全く運動をしなかったりすると脂肪細胞が大きくなって、また太ってしまう可能性があります。

基本的に脂肪吸引後は体重が増加するリスクは低いのですが、リバウンドのリスクも少なからずあります。

どのようなことが原因で太るのか、その理由を確認しておきましょう。

残っている脂肪が肥大

脂肪細胞は基本的に復活することはありませんが、残っている脂肪が肥大することがあります。

リバウンドの可能性が低い施術でも、注意しなければ残っている脂肪が肥大して体重が戻ることもあるのです。

とは言え、細胞が肥大するといっても数倍程度なので、大きな影響を与える可能性は低いです。

施術した箇所は施術していない箇所と比べると太りづらいので、すぐに太ることはないでしょう。

とは言え、生活習慣の乱れをそのままにしておくと脂肪細胞が大きくなって太る可能性はあるので、注意が必要です。

暴飲暴食

暴飲暴食をすると消費カロリーよりも摂取カロリーが上回るため、太る可能性が高くなります。

摂取カロリーが多すぎると、消費しきれずに細胞が大きくなってしまうのです。

ただし、体重を減らしたいからといって無理に食事制限をするのは禁物です。

無理な食事制限をすると、飢餓状態だと脳が判断し、摂食中枢が刺激されて栄養を蓄えようとします。

逆に太る原因にもなるので、適切な食生活を送ることが大切です。

運動不足

普段あまり運動しない方も多いでしょう。

運動をしなければ摂取カロリーを消費できないため、太りやすくなってしまいます。

ジムに通ったり、毎日ランニングをしたりなど激しい運動をする必要はありません。

一駅分歩いたり、エスカレーターやエレベーターを使用せず階段を歩いたりなど、軽い運動で充分です。

軽い運動を毎日続けて、適度に体を動かすことがリバウンド予防につながります。

むくみ

施術後のダウンタイムとして、むくみが起きる場合があります。

中には、その浮腫がリバウンドだと勘違いしている方もいます。

むくみは一時的に体重が増加する現象で、時間の経過とともに症状が落ち着いていくため、体重も元に戻っていくでしょう。

術後のむくみは、マッサージやストレッチなどをして血流を促すことで予防できることがあります。

術後2週間〜1ヶ月程度で体重が増加した場合は、むくみが原因であることが多いので様子を見ながら判断することがポイントです。

脂肪吸引後のリバウンドを防ぐポイント

脂肪吸引後のリバウンドを防ぐためにも、以下の3つのポイントを意識してみてください。

バランスの良い食事

バランスの良い食生活に気をつけましょう。

炭水化物、たんぱく質、脂質をバランスよく摂取し、過度な食事制限はやめましょう。

バランスの良い食事をすることで無理に食事制限をしなくても体重を維持できる可能性が高いですし、ストレスもたまりづらいです。

適度な運動

適度な運動をすることでカロリーの消費が促されるため、リバウンドの予防につながるでしょう。

まずは軽めの運動からで大丈夫です。

積極的に階段を使ったり、寝る前に簡単にストレッチをしたりなどしてみてください。

無理は禁物です。激しい運動をしても1回でやめてしまえば意味がありません。

簡単な運動でも継続することでリバウンドの予防につながるので、毎日少しずつ運動を取り入れてみると良いでしょう。

ストレスを溜めない

ストレスは、自律神経が乱れてホルモンバランスも崩れ、太る原因にもなります。

ストレスをためないように自分ならではの発散方法を見つけることが大切です。

買い物を楽しんだり、カラオケをしたりなど、自分なりの発散方法でストレスをためないように意識しましょう。

脂肪吸引をするならアリエル美容クリニックで


脂肪吸引をするならアリエル美容クリニックがおすすめです。

ありえる美容クリニックでは患者一人一人の悩みや体質に合わせて、オーダーメイドの施術を提案してくれます。

また、経験と知識が豊富な医師が在籍しているため、施術の効果も期待できるでしょう。

まずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

関連する症例写真

RELATED CASE LIST