アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

糸リフトって痛いの?施術時の麻酔方法や痛みの程度について紹介

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「糸リフトって痛いの?」

切らずにリフトアップできる美容整形として人気の施術である糸リフト。

そんな糸リフトの痛みについて気になるといった方もいるのではないでしょうか。

糸リフトは麻酔を使用して施術をおこなうため、施術中に痛みを感じることはほとんどありません。

この記事では、糸リフトの痛みと麻酔について詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

鈴木院長

当院では、痛みと腫れを抑えるために施術の際にさまざまな工夫をしています。
痛みに不安があってなかなか施術に踏み出せないといった方でも安心して施術を受けていただくことが可能です。
ご相談だけでも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

糸リフトとは


糸リフトとは、「コグ」という小さなトゲがついた特殊な糸を皮下組織内に通すことでリフトアップが期待できる施術方法です。

コグを皮下組織内の細胞に引っかけて引き上げることで顔が引き締まり、フェイスライン・目元・口元・首などのたるみを解消することができます。

切らずにおこなえる施術であるため、手軽に受けることが可能です。

使用する糸は、体内で溶けて吸収される糸と溶けずに残り続ける糸があります。

糸リフトは、リフトアップ効果だけでなく、たるみ予防・若返り・肌質改善効果などが期待できるのが特徴です。

糸リフトの際に使われる麻酔の種類

糸リフトの際に使用される麻酔には以下の4つがあります。

  • 表面麻酔
  • 局所麻酔
  • 静脈麻酔
  • 笑気麻酔

それぞれ詳しく解説します。

表面麻酔

表面麻酔とは、皮膚にクリームを塗布またはテープを貼付することで、皮膚の感覚を麻痺させる麻酔です。

局所麻酔の前に注射の針の痛みを軽減させるためにおこなわれます。

局所麻酔

糸リフトを挿入する部位に、注射で麻酔の薬を注入して内部の痛みの感覚を麻痺させる方法が局所麻酔です。

多くの場合、この局所麻酔のみで施術をおこなっていきます。

静脈麻酔

痛みに弱い方や不安が強い方は、静脈麻酔も併用することがあります。

静脈麻酔をおこなうことで、眠った状態で施術を受けることが可能です。

静脈麻酔をおこなった際には、施術後しっかりと目が覚めるまでクリニックで休んでいただきます。

笑気麻酔

笑気麻酔とは、笑気という気体をマスクなどで吸う麻酔です。

「笑気吸入鎮静法」とも呼ばれることがあります。

痛みや不安が強い方に対して、局所麻酔と併用しておこなわれる方法です。

笑気を吸うことで、リラックスした状態となり痛みや不安を感じにくくなります。

糸リフトで痛みを感じるタイミングは?

糸リフトの際に痛みを感じるのは主に以下の3つのタイミングです。

  • 麻酔時
  • 施術中
  • 施術後

それぞれ詳しく解説します。

麻酔時

最も痛むタイミングは麻酔時です。

注射を打つときにチクッと痛む程度ですが、痛みに弱い方や不安が強い方は痛みを強く感じやすいかもしれません。

ほかの麻酔と併用しておこなうことが可能ですので、どうしても痛みが怖いといった方はカウンセリングの段階で医師に相談しておくとよいでしょう。

施術中

施術中は、麻酔が効いているため痛みを感じることはほとんどありません。

ただし、麻酔の効きが悪かったり、多少の違和感を感じるケースもゼロではありません。

痛みや違和感に我慢できないときは、すぐに医師に伝えるようにしましょう。

なお、アリエル美容クリニック大宮院では静脈麻酔の使用が可能なため、寝ているうちに施術を終わらせることができ、痛みの心配はありません。

施術後

糸リフト後、麻酔が切れたタイミングで痛みが生じることがありますが、生活に支障が出るほどではありません。

大きく口を開けたときの違和感や、鈍い痛みなどが出現しても、1〜2週間ほどで落ち着いていきます。

クリニックによっては、鎮痛剤が処方されることがあるため、必要に応じて服用するのがおすすめです。

糸リフトの施術後に痛みを最小限に抑える方法

糸リフト後は、麻酔が切れたタイミングで鈍痛を感じることがあります。

そんなときに痛みを最小限に抑える方法を3つ紹介します。

  • 患部を冷やす
  • 血行のよくなる行動を避ける
  • 必要に応じて鎮痛剤を服用する

痛みがなかなか改善しない・日に日に悪化する場合は、速やかに施術を受けたクリニックに相談するようにしてください。

患部を冷やす

施術後〜2,3日程度は患部を冷やすことで、痛みが軽減されます。

保冷剤やアイスパックなどを利用して患部を冷やしましょう。

保冷剤などを直接皮膚にあてると、トラブルの原因となりますので、必ずタオルなどにくるむようにしてください。

血行のよくなる行動を避ける

入浴・運動・飲酒などの血行のよくなる行動は、痛みを助長させてしまうため、施術後1週間程度は控えるようにしましょう。

必要に応じて鎮痛剤を服用する

クリニックによっては、施術後に鎮痛剤が処方されることもあります。

痛みの程度に応じて鎮痛剤を服用することで、痛みをうまく抑えることができるでしょう。

アリエル美容クリニック大宮院では痛みを最小限に抑えます

「糸リフトってなんか痛そう」

「翌日から仕事だけど大丈夫かな?」

このように不安を感じている方でも、アリエル美容クリニック大宮院の糸リフトなら安心して受けていただくことが可能です。

当院では、痛みと腫れを抑えるためにさまざまな工夫をしています。

当院で施術を受けたお客様は「これなら早く受けておけばよかった」とおっしゃる方が多いのも事実です。

糸リフトを受けたいけど、痛みの不安が強い方はぜひ当院での施術をおすすめします。

ご相談だけでも承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

糸リフトは痛みを最小限に抑えてくれるクリニックを選ぼう


本記事では、糸リフトの痛みについて解説しました。

糸リフトでは、一般的に局所麻酔をおこなって施術をするため、施術中に痛みを感じることはほとんどありません

それでも痛みへの不安が強い場合には、ほかの麻酔と併用して施術をおこなうことができます。

痛みに対して不安がある方は、痛みを最小限に抑えながら施術をおこなってくれるクリニックを探すとよいでしょう。

関連する症例写真

RELATED CASE LIST