アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

顔のたるみが気になる方にはハイフがおすすめ!メリット・デメリットを解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「顔のたるみが気になるけど、ハイフって実際に効果あるの?」

「ハイフの施術を受けたいけど、メリットやデメリットが気になる!」

顔のたるみを改善するために、ハイフの施術を検討している方は多くいるのではないでしょうか。

しかし、ハイフの実際の効果や自分に向いている施術なのかなど不安な点もあるでしょう。

本記事では、ハイフのメリットやデメリットを踏まえて、どのような人におすすめの施術なのかを解説していきます。

顔のたるみを気にしている方やハイフの施術を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、痛みが軽減されていたり、短時間で施術が完了したりする「ウルトラウルトラフォーマーMTP」を導入しています。
初回の方は、割引価格で施術を受けられるため、気になる方はぜひ一度ご相談ください。

ハイフとは?


ハイフとは、皮下の筋膜であるSMAS層に高密度の超音波を照射しリフトアップに導く施術方法です。

細かい部分への照射も可能で、顔のたるみだけでなく目元や口元といった顔の各パーツ部分にあてられます。

また熱エネルギーを与えることで、コラーゲンやエラスチンなどが生成促進されるため、リフトアップ以外にも、肌のハリやツヤの改善にもつながります。

表皮にダメージを与えることなくアプローチできるため、ダウンタイム期間に休みが取れない方でも比較的施術を受けやすい施術の1つです。

顔のハイフがおすすめなのはどんな人?

顔のハイフは、頬のたるみやフェイスラインのゆるみが気になる人におすすめです。

ほかにもハイフがおすすめな人の特徴は多くあるため、詳しく紹介します。

部分痩せがしたい人

ハイフの超音波を脂肪層に照射することで、熱によって脂肪が溶け、フェイスラインがスッキリします。

超音波を照射した部分に効果が現れるため、二重顎や頬など部分痩せが可能です。

傷跡の残る施術は避けたい人

ハイフは熱エネルギーを用いた施術であり、メスや針を使用することはないので基本的に傷跡の心配はありません。

赤みや腫れなどのダウンタイムの症状も2〜3日程度で落ち着き、目立つ症状は少ないため周りの視線が気になる方でも受けやすい施術です。

また、傷跡以外にも肌のダメージが気になる方でも出力やショット数の調整が可能なため自分の肌状態に合わせた施術を受けられます。

顔のたるみが気になる人

顔のたるみが気になり始めたきっかけで、ハイフを検討し始めた方もいるのではないでしょうか。

ハイフの効果の1つにリフトアップ効果が挙げられます。

顔のたるみは、コラーゲンでできたSMAS筋膜が緩むことで起きています。

そのSMAS筋膜の緩みにハイフを照射し熱エネルギーを与えることでリフトアップにつながるため、顔のたるみが気になり始めた方や手軽な施術から始めたい方におすすめです。

ハイフでたるみ改善効果が感じにくい人の特徴は?

ハイフを受けた方のなかには、たるみが改善しなかったと感じる方もいます。

以下のような方はたるみ改善効果を実感しにくいとされています。

たるみが顕著に現れていない人

たるみが顕著に現れていない場合、ハイフの効果を感じにくい場合があります。

特に顔のたるみが少ない10代や20代前半の方が、ハイフの施術を受けても効果を感じられないケースもあります。

そのため、加齢による肌のたるみが気になってきた段階で、ハイフを検討するのがおすすめです。

たるみが進行しすぎてしまっている人

たるみが顕著に現れていない方とは反対に、たるみが進行しすぎてしまっている方も効果が感じにくい場合があります。

あくまでハイフはSMAS筋膜にアプローチするため、皮膚表面がたるんでしまっている場合には、思うような効果を得られないことも。

自分のたるみがどの程度進行しているかわからない方は、一度カウンセリングにて確認してみてくださいね。

定期的に通えない人

ハイフは一度の施術で半永久的にフェイスラインが保たれる施術ではありません。

定期的に通わないとリフトアップ効果も徐々に落ちていってしまうため、3ヶ月〜半年に1回程度のペースで通える方におすすめです。

ハイフにまつわるQ&A

ハイフを受ける前にチェックしておきたい質問事項をまとめました。

施術を受けようと思っている方はぜひ確認してみてください。

ハイフの副作用やデメリットはあるの?

ハイフは比較的ダウンタイムの少ない施術ではあるものの、副作用が生じる場合もあります。

ダウンタイムに挙げられる例には赤みや腫れ、むくみなどがありますが、基本的に2〜3日程度で落ち着きます。

稀に熱エネルギーにより火傷を負う恐れもあるため、クリニックや医師選びはしっかりと行いましょう。

また脂肪のつき方やたるみ具合により、仕上がらず痩せこけて見えてしまう場合もあるため、よくカウンセリングで相談してみてくださいね。

ハイフを受けた後に気をつけることは?

施術直後の肌は水分量が減り、乾燥が生じやすい状態です。

水分量が少ないと紫外線や摩擦のダメージを受けやすいため、化粧水や乳液などで肌の保湿を徹底するようにしましょう。

さらに外出する際は、紫外線対策に日焼け止めや日傘なども徹底することが大切です。

効果をしっかりと感じるためのポイントは?

効果をしっかりと感じるためには、まずはカウンセリングで肌状態を確認した上で施術を受けるようにしましょう。

施術を受けた後は、飲酒や運動、長時間の入浴など血行が良くなる行為は控えることが重要です。

血行が良くなるとダウンタイム症状が出やすくなるため注意してください。

また施術後からメイク自体は可能ですが、肌への刺激が起きないように必要以上に肌に触れないようにするよう心がけましょう。

顔のたるみが気になり始めたらアリエル美容クリニック大宮院に相談

アリエル美容クリニック大宮院では、待合室から個室を完備しているため、周りの視線が気になる方でも気兼ねなく相談可能なクリニックです。

「ハイフは痛い」といったイメージを持っている方もいるかもしれませんが、当院では痛みが軽減された機器を導入しています。

さらに短時間で施術が終わるため、さまざまな方が受けやすいのが魅力です。

顔のたるみが気になり始めた方、自分のたるみや肌状態を確認したい方はぜひ気軽に相談しにきてください。

【まとめ】ハイフ治療で顔のたるみを解消しよう


ハイフ治療は、顔のたるみを解消する施術でも比較的気軽に受けられ、ダウンタイムも少ない施術です。

メリットやデメリットにより向き不向きの個人差はありますが、向いていないと思っていた場合でも医師やクリニックによっては綺麗なフェイスラインに導いてくれる可能性もあります。

たるみが気になり始めた方は、悪化する前にぜひ一度カウンセリングでご相談ください。

関連する症例写真

RELATED CASE LIST