アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

鼻尖縮小術のデメリットは?リスクやクリニックの選び方も解説!

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

だんご鼻が気になる、綺麗な鼻筋が欲しいと悩みを抱えている方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、鼻尖縮小術です。

鼻尖縮小術は、名前の通り鼻先を尖らせて綺麗にする美容整形です。

本記事では、鼻尖縮小術のメリットやデメリット、クリニックの選び方について解説します。

鼻にコンプレックスを抱えている方は、ぜひ参考にしてください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、鼻尖縮小術によってお鼻に関するコンプレックスを解消に導きます。
ほかにも、鼻プロテーゼや軟骨移植術などを行っているため、自分に合う手術がわからない方も安心してご来院ください。

鼻尖縮小術ってどんな施術?


鼻尖縮小術は、鼻の先を細く高くする手術です。

オープン法とクローズ法の2種類があります。

オープン法は、鼻の穴から鼻注までを広く切開して、軟骨を糸で中央に引き寄せる方法です。

一方で、クローズ法は鼻の外ではなく中をカットして手術を行います。

クローズ法よりもオープン法の方が、より高い効果が期待できます。

一方で、傷跡が目立ちにくいのはクローズ法です。

自分に合う術式を選んで手術を受けましょう。

鼻尖縮小術がおすすめな人の特徴

鼻尖縮小術がおすすめな人の特徴は、以下の通りです。

  • だんご鼻が気になる人
  • 鼻先を高くしたい人
  • 大きな鼻がコンプレックスの人
  • 半永久的に鼻を高くしたい人
  • 鼻先の形を整えたい人

鼻尖縮小術は、だんご鼻だけでなく多くの悩みを解決できます。

鼻に関してコンプレックスを抱えている人は、鼻尖縮小術を検討してみると良いでしょう。

鼻尖縮小術のデメリット

鼻尖縮小術のデメリットは、以下の2つです。

  • 医師によっては十分な効果を実感できないこともある
  • オープン法の場合術後の傷が目立つこともある

それでは、以下で詳しくてみていきましょう。

医師によっては十分な効果を実感できないこともある

鼻尖縮小術は患者に合わせた施術が必要であるため、医師の技術によって仕上がりのクオリティが左右されるのが特徴です。

そのため、なかには十分な効果を実感できないこともあります。

手術に満足がいかなかった場合、再手術が可能なケースもありますが費用がかさみます。

鼻尖縮小術を受けるときには、クリニック選びを慎重に行いましょう。

オープン法の場合術後の傷が目立つこともある

オープン法で手術を行う場合は、鼻の下を切開するため傷が目立つことがあります。

ただ、鼻の下の目立たない部分を切開するため、周囲にバレる可能性は低いといえます。

術後にできた傷も、3ヶ月程度でなくなり元に戻ることがほとんどです。

それ以降は、半永久的に綺麗な鼻を手に入れることができるでしょう。

オープン法・クローズ法にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、鼻尖縮小術を行う場合は、どちらの方法にするか担当医と相談して決めるのがおすすめです。

鼻尖縮小術にはメリットもたくさんある

鼻尖縮小術には、以下のようなメリットがあります。

  • だんご鼻やブタ鼻の改善効果が期待できる
  • クローズ法を選べば傷跡が目立ちにくい
  • 他の施術を組み合わせることでより立体的に仕上がる

それぞれについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

だんご鼻やブタ鼻の改善効果が期待できる

鼻尖縮小術の最大のメリットは、だんご鼻やブタ鼻の改善効果が期待できることです。

美人の条件といわれている鼻から顎が一直線上のEラインを手に入れられ、綺麗な顔立ちになるでしょう。

また、移植する軟骨の大きさや固定の位置などを調整することで、自分の理想に近づけられるのも魅力のひとつです。

少しでも鼻にコンプレックスを抱えている方は、美容クリニックに相談してみると良いでしょう。

クローズ法を選べば傷跡が目立ちにくい

鼻尖縮小術には、オープン法とクローズ法があります。

クローズ法は鼻の裏側を切開する手術であるため、傷跡が目立ちにくいのがメリットです。

そのため、整形したことが周囲にバレたくない人におすすめの方法です。

また、クローズ法のダウンタイムは約10日間といわれており、オープン法に比べて、ダウンタイムが短いのも大きなメリットだと言えます。

周囲にバレたくない人やダウンタイムが気になる人は、クローズ方を選ぶのも手段のひとつです。

他の施術を組み合わせることでより立体的に仕上がる

鼻尖縮小術を単体で受けるだけでなく、他の施術を組み合わせることで、より立体的に仕上げられます。

併用におすすめの施術は、以下の2つです。

  • 軟骨移植術
  • 鼻中隔延長術

より高さを出したい、縦にスッキリと仕上げたいと思っている人は、鼻尖縮小術だけでなく他の施術と組み合わせることを検討しましょう。

鼻尖縮小術を受けるクリニックの選び方

鼻尖縮小術を成功させるためには、美容クリニック選びがとても重要です。

選び方は以下の通りです。

  • 実績や口コミの良好なクリニックを選ぶ
  • カウンセリングが丁寧なクリニックを選ぶ
  • アフターケアの充実したクリニックを選ぶ

詳しく解説するので、美容クリニックを探す際にお役立てください。

実績や口コミの良好なクリニックを選ぶ

鼻尖縮小術を受けるクリニックを選ぶ際は、公式ホームページで医師の実績を確認したり、SNSなどで口コミを収集したりしましょう。

医師の技術によって仕上がりに差が出るため、高いスキルのある医師を見分ける必要があります。

口コミでは、医師の対応ももちろんですが、料金についても確認しておきましょう。

麻酔やアフターフォローが別料金で、必要以上に支払いをするケースもあります。

ただし、価格の安さだけで美容クリニックを選ぶのは危険なため、スキルも確認しましょう。

さまざまな口コミから総合的に判断して、クリニックを選ぶことが大切です。

カウンセリングが丁寧なクリニックを選ぶ

鼻周りの整形には複数の方法がありますが、どれを選択したら良いのかわからない人もいるでしょう。

また、綺麗に仕上がるか不安な人も少なくありません。

丁寧なカウンセリングで適切な方法を提案してもらえたり、不安を解消してくれたりする美容クリニックを選びましょう。

カウンセリングは、患者さんの不安を取り除き、手術の方向性を決めるうえで重要です。

カウンセリングが丁寧になクリニックは、患者さん第一で考えているため納得した施術を受けられる傾向にあります。

アフターケアの充実したクリニックを選ぶ

アフターケアの充実したクリニックを選ぶことは、鼻尖縮小術を受けるうえで重要です。

多くの医師はトラブルが起きないように細心の注意を払って施術を行います。

しかし、トラブルが生じる可能性はゼロではありません。

ダウンタイム症状が治らない、仕上がりに不満がある、などのトラブルが起きた場合に親身に対応してもらえる方が安心です。

鼻尖縮小術のアフターケアとしては、再治療や定期検診などがあります。

アフターケアについても、カウンセリングの際に聞いておきましょう。

だんご鼻を綺麗にしたい方はアリエル美容クリニック大宮院にお越しください

アリエル美容クリニック大宮院では、オープン法とクローズ法の鼻尖縮小術に対応しています。

より立体的で美しい鼻にしたい患者さまには、軟骨移植術や鼻中隔延長術を組み合わせるのがおすすめです。

患者さまの理想の鼻に近づけられるように、丁寧なカウンセリングを行っています。

お鼻について悩みがある人は、ぜひ一度ご相談ください。

【まとめ】デメリットを理解したうえで鼻尖縮小術を受けよう


この記事では、鼻尖縮小術のデメリットやメリット、クリニックの選び方について解説しました。

鼻尖縮小術にはオープン法とクローズ法があり、自分に合う術式で手術を受けることが成功への第一歩です。

また、鼻尖縮小術はクリニック選びも重要です。

医師の実績や口コミ、カウンセリングなど総合的にみて、自分に合ったクリニックを選ぶようにしましょう。