アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

フェイスリフトの種類は?施術ごとの時間やダウンタイムも解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

たるみやシワなどの改善を目指している方におすすめなのがフェイスリフトです。

一般的にフェイスリフトは、切開を伴う施術があげられます。

しかし、切らないフェイスリフトとして糸リフトも人気を集めています。

本記事では、2種類のフェイスリフトについて詳しく解説します。

施術に迷っている方はぜひ最後までご覧ください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、糸リフト・切開リフトのうち患者様に合う種類のフェイスリフトをご提案します。
オーダーメイドな治療を行うため、効果を最大限に引き出せるのも人気の秘訣です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

フェイスリフトとは?


一般的にフェイスリフトとは、切開を伴う施術のことを指します。

一方で糸リフトは、切らないフェイスリフトと呼ばれることも多くあります。

それぞれ施術方法が異なるうえに、切開を伴う施術は大掛かりになりやすい傾向があります。

自分に合った施術を見つけるためも、まずは施術方法について詳しく理解していきましょう。

フェイスリフト

切開を伴うフェイスリフトは、耳や生え際などを切開して、SMAS筋膜や皮膚を引き上げた状態で縫合する施術です。

顔全体が引き上げれられることで、シワやたるみなどの改善を期待できます。

術式によって異なりますが、皮膚のみを引き上げる施術と顔の土台であるSMAS筋膜も同時に引き上げるものがあります。

両方ともたるみやシワの改善を期待できますが、SMAS筋膜も持ち上げたほうが、効果の持続期間が長い傾向があります。

老化とともに新たなたるみやシワが生じるため、半永久的に効果が持続するわけではありません。

しかし、糸リフトやハイフなど切らない施術に比べるとかなり効果が長く続くのが特徴です。

糸リフト

切らないリフトアップと呼ばれている糸リフトは、棘のような突起(コグ)が付いた特殊な糸を皮下組織に挿入し、物理的に引っ張りあげる施術です。

コグが皮下組織に引っかかることで、皮下組織が引き上げられ、シワやたるみの改善を期待できます。

糸リフトには、溶けない糸と溶ける糸を使用した施術の2種類があります。

溶けない糸は、体内に異物として残り続けることから感染症のリスクが高く、現在ではあまり使用されていません。

一方で溶ける糸は、時間経過ともに吸収されるため、異物として残る心配がなく、安全性が高いとされています。

また糸リフトのリフトアップ効果の持続期間は、1年〜2年程度といわれています。

使用する糸によっても左右されますが、半永久的な効果は期待できません。

効果を維持したい方は、定期的に再施術を受ける必要があります。

なおたるみ’’予防’’効果に関しては、半永久的に期待できます。

フェイスリフトの種類①糸リフト

ここからは、糸リフトについて下記の項目に分けて詳しく解説していきます。

  • 糸リフトのメリット
  • 糸リフトのダウンタイム・注意点
  • 糸リフトがおすすめな人の特徴

ほかにも気になる点がある場合は、カウンセリングの際に確認しておきましょう。

糸リフトのメリット

糸リフトのメリットは、主に下記があげられます。

  • 即効性が期待できる
  • リフトアップに加えて肌質改善を目指せる
  • ダウンタイムが短い

糸リフトは、物理的に皮下組織を引っ張り上げるため、即効性が期待できます。

なかには腫れやむくみが生じることもありますが、顔が腫れ上がってしまうことは少なく、早めに効果を実感できるのは嬉しいポイントです。

また糸が体内に吸収される過程で、コラーゲンの生成が促進されます。

コラーゲンが増えることによって、肌のハリやツヤの向上など肌質改善を目指せるのは糸リフトならではのメリットです。

糸リフトのダウンタイム・注意点

糸リフトのダウンタイムは、下記があげられます。

  • 腫れやむくみ
  • 内出血
  • 痛み
  • 傷跡

術後は、腫れや痛みなどが生じますが、時間経過とともに治まります。

長くても2週間程度で落ち着くため、まずは様子をみましょう。

また糸リフトは、こめかみや生え際など目立ちづらい部分から挿入するため、傷跡も周囲に見られることはほどんどありません。

また稀に感染症を起こす可能性があります。

患部に発赤や熱感などを覚えた場合は、速やかにクリニックへ相談しましょう。

フェイスリフトの種類②切開リフト

糸リフトと同様に、フェイスリフトについて下記の項目にわけて解説していきます。

  • 切開リフトのメリット
  • 切開リフトのダウンタイム・注意点
  • 切開リフトがおすすめな人の特徴

切開リフトのメリット

切開リフトのメリットは、主に下記があげられます。

  • 効果の持続期間が長い傾向がある
  • 重度のたるみやシワにも効果を期待できる
  • 若々しい肌を手に入れられる

切開を伴うフェイスリフトは、糸リフトに比べると効果の持続期間が長い傾向があります。

個人差はありますが、5年〜10年程度持続するため、定期的に施術を受けるのが面倒な方や根本的に悩みを改善したい方におすすめです。

またたるみの状態によっては、糸リフトでは改善できる範囲に限界があります。

切開リフトであれば、たるんだ皮膚の切除も可能なため、症状が重度な方でも改善を期待できるのがメリットです。

切開リフトのダウンタイム・注意点

切開リフトのダウンタイムは、下記があげられます。

  • 腫れ
  • 内出血
  • 血腫
  • 感染症

術後は、上記の症状が1週間〜2週間は強く出ます。

通常の状態に戻るまでは、3ヶ月ほどかかるといわれています。

また抜糸までの期間は、切開部分に糸がついた状態です。

安静に過ごすためにも、抜糸までの期間は休暇を取得することをおすすめします。

また皮膚や筋肉を一度剥がすため、表情の動かしづらさやつっぱり感を抱く可能性があります。

腫れなどと同様に、時間経過とともに落ち着くため、様子をみましょう。

アリエル美容クリニック大宮院ではオーダーメイドで施術を行っています

フェイスリフトを検討している方は、アリエル美容クリニック大宮院へお越しください。

当院では、多くの症例経験を積んだスキルの高い医師が、1人ひとりの悩みや症状に合った施術をオーダーメイドで提案しています。

糸リフト・切開リフトの両施術を扱っているため、どちらが自分に合っているか分からない方でも、医師が丁寧に診察します。

当院のフェイスリフトが気になる方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

スタッフ一同お待ちしております。

【まとめ】自分に合う種類のフェイスリフトを受けよう!


フェイスリフトには、糸リフトと切開リフトの2種類があります。

たるみが軽度な方や手軽な方法を希望する方は、糸リフトがおすすめです。

根本的にたるみを改善したい方やたるみが重度な方は、切開リフトが向いています。

自分に合った施術がわからない方は、一度クリニックでカウンセリングを受けましょう。

たるみやシワ改善治療は、フェイスリフト以外にも様々なものがあります。

自分に合った施術を見つけて悩みを改善しましょう!

関連する症例写真

RELATED CASE LIST