アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ダーマペンは色素沈着した肌にも効果的!注意すべきポイントを解説目

本来であればダーマペンは色素沈着をしている肌にも効果があるもので、肌の状態が改善したという報告が多く上がっています。

なぜ色素沈着を起こしたという例が報告されているのか?これは間違った方法をしてしまった結果です。

正しい方法で施術しているクリニックであれば問題が発生することは稀ですが、誤った知識を持つ人が施術を行なったため起こったケースがほとんどです。

本記事ではダーマペンと色素沈着に関する関係性を解説します。

ダーマペンは色素沈着した肌にも効果的


ダーマペンの治療は色素沈着した肌にも効果があります。

肌に極細の針を刺すことで、ターンオーバーが活性化され、色素沈着の排出効果が高まります。

ダーマペンのみでも効果がありますが、薬剤を組み合わせる「ヴェルヴェットスキン」を利用すると、さらに良い結果が期待できるでしょう。

ニキビによる色素沈着にも効果がある

ニキビによってできた色素沈着にも同様の効果が期待でき、皮膚の新陳代者が活性化されることで、メラニンが薄く目立ちにくくなります。

ニキビ自体に対しても効果があり、凹みのある箇所へ働きかけることで肌が段々と元に戻ります。

レーザー治療器と比べ色素沈着する可能性が低い

ダーマペンはレーザー治療器と比べ色素沈着する可能性が低いことが利点です。

レーザー治療器の利点の一つは痛みが少ないことが挙げられます。

どちらも皮膚を傷つけ肌の自然治癒能力を高め、状態を改善する目的がありますが、色素沈着のリスクを抑えたいならダーマペンの施術がおすすめです。

ダーマペンと並行して色素沈着した肌を改善するポイント


色素沈着した肌を改善するためには、ダーマペンによる施術だけでなく、ダウンタイム中の過ごし方が大切です。

仕事や生活環境など、場合によっては実践が難しいケースもあるかもしれませんが、できる範囲で見直していきましょう。

生活習慣を整える

まず優先して考えたいことは生活習慣を整えることです。

睡眠不足や食生活に乱れがあると、ターンオーバーにも大きな影響が出るため注意しましょう。

ダーマペンによって新陳代者を促したとしても、生活習慣が肌に悪影響を及ぼすものばかりだとしたら本末転倒です。

しっかり保温ケアをする

肌バリアを失った肌には乾燥が大敵です。

肌の乾燥によって外部からの刺激に弱くなってしまい、色素沈着、シワ、ニキビ、痛みや痒みなどを引き起こすリスクが高まります。

保温効果のある化粧水や乳液、クリーム、美容液などを利用しましょう。

施術日とダウンタイム中のケア方法を確認する

ダーマペンの施術日には禁止事項があり、ダウンタイム中にも注意すべきポイントがあります。

それは自身の肌を守るためのものです。

ケア方法を遵守することでターンオーバーが正常に行われ、問題のない効果的な治療ができます。

ダーマペン後に色素沈着したケースも存在する

正しい施術ならリスクも低いダーマペンですが、誤った方法によって色素沈着を起こしてしまったケースも存在します。

注意すべき点を理解することで重大なミスを起こす可能性を抑えられます。

セルフダーマペンで深く針を刺した

ダーマペンで使う針の深さは0.2mm〜3.0mmの範囲です。

本人の肌の症状に合った方法を取りながら治療する必要がありますが、セルフダーマペンによって針を深く刺してしまえば色素沈着が発生するリスクが高まります。

針の深さが2.5mm以上になると色素沈着を引き起こす可能性が増えるという報告があります。

ダウンタイム中に紫外線を多く浴びた

ダウンタイム中は肌のバリア機能が低下している状態です。

そのため外部刺激への対策は入念に行う必要があるでしょう。

日焼け止めクリームを使うことが理想ですが、ダーマペン処置後の経過によっては医師から使用を控えるように伝えられる可能性もあります。

処置をした箇所に過剰な刺激を与えた

ダウンタイム中は肌へ刺激を与えないで過ごすことが大切です。

顔の状態が気になりつい触ってしまったり、何度も洗顔したりすると、かえって悪循環に繋がるので過度に刺激を与えないよう注意しましょう。

ダーマペン後の色素沈着を防ぐには


ダーマペンによる色素沈着を防ぐには、ここから紹介する4つの項目を守ることが重要で、誤った方法さえ取らなければ大きな問題が発生するケースは希です。

セルフダーマペンは行わない

色素沈着に限らず、ダーマペンで聞く失敗例のほとんどのケースはセルフで行ってしまうことです。

費用が安く自分の裁量で行えるため、セルフで施術しようとする人も多いですが、非常にリスクが高いため推奨できません。

後悔しないために、自らの力を過信しないことが重要です。

肌状態が回復してから次の施術を行う

ダーマペンの施術は針で刺した肌が完全に回復してから次の施術を行います。

治療に必要な間隔は3〜4週間で、その間は自然治癒力によって肌が整えられており、間を置いて施術を行うことで肌の状態が改善します。

十分に回復してからの施術でないと、逆に肌が悪化するリスクが高まるため注意しましょう。

ビタミンC誘導体美容液を使用する

ビタミンC誘導体とは、角質層まで浸透するようにビタミンCを改良した製品です。

日焼けが原因のシミやそばかすにも効果があります。

ダウンタイム中のスキンケアは過剰な刺激を避けていれば普段と同じ方法でも問題ないため、色素沈着が気になるようでしたら条件に合った美容液を利用しましょう。

経験・実績のある医療機関を選ぶ

ダーマペンによる施術を満足のいくものにするには、経験・実績のあるクリニックを選ぶことが重要です。

口コミやホームページに載っている情報などを見ることで、どのような施術に特化したクリニックなのか判断できます。

ダーマペンのメリットだけでなく、デメリットまでしっかり記載されているのが重要です。

正しい方法ならダーマペンは色素沈着した肌にも効果的


家庭用のダーマペンは医療用で使用している製品と異なるものです。

保管環境や使用方法なども誤っていれば色素沈着を起こすリスクも大きくなります。

クリニックで利用しているダーマペン4は、極細の針によって1秒間で最大1,920個の小さな穴を皮膚に開けることが可能な、医療機関のみが利用できる専用製品です。

本人の肌の状態に合わせてオーダーメイドな治療を行えます。

今よりももっと綺麗な自分になれるとしたら、今よりも自分を好きになれると思いませんか?お客様の望む未来を一緒に創り出すことが当院の役目です。

ダーマペン施術をご希望であればぜひアリエル美容クリニックまでお問い合わせください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業