アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ダーマペンのメリットを徹底的に解説!デメリットは最小限に抑えられる

ダーマペンのメリットは肌に関する様々な悩みを解決できることです。

ただし十分にメリットを活かすためには、デメリットやリスクについても理解を広げ、対策をする必要があります。

デメリットの多くは、適切な情報を知っていれば未然に防げるものです。

ダーマペンで肌の状況を改善するには、知識や技術のある医師に施術をしてもらうことが何より重要ですが、もう一つ大事なことがあります。

それは施術を受ける本人の意思や心構えです。

ダーマペンのメリットは肌の悩みを解決できること


様々な肌の悩みを解決できることがダーマペンのメリットであり、治療を継続するごとにその効果が感じられます。

自身のケアだけではアプローチが難しい悩みも、ダーマペンによって改善できる可能性が十分にあります

毛穴の開きを改善する

毛穴の開きは多くの人が悩む問題であり、その原因は皮脂の過剰分泌や、加齢によるたるみが主です。

皮脂量はホルモンや生活習慣、気温、乾燥などの要因で増える特徴があり、肌がたるむと毛穴が縦に伸びるため、目立ちやすくなります。

ダーマペンの治療によって肌が滑らかになる過程で、毛穴の開きも改善されます。

ニキビやニキビ跡をケアできる

ニキビやニキビ跡の凹凸に悩まされている人は多く、重度化している場合は自己のケアだけでは治るのに時間がかかり、対処が難しいケースも多いです。

ダーマペンを行うと、肌の再生が促されるとともに、ニキビやニキビ跡も目立たなくなります

施術を受けるだけでなく、生活習慣を見直し、ニキビができにくい環境へと整えることがおすすめです。

シミや色素沈着が薄くなる

シミや色素沈着にも大きな効果が期待できます。

施術によって皮膚の新陳代謝が活性化し、新たな皮膚へ生まれ変わることで、メラニン色素が徐々に薄くなるからです。

治療を続けることで、シミや色素沈着は目立たなくなるでしょう。

ただし、肝斑の症状がある人は刺激を与えると悪化する危険があるため、治療を断られる可能性もあります。

コラーゲンが生成されハリが保たれる

肌を傷つけることで線維芽細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチンを促進させます。

その結果、肌のターンオーバーが促進され、ハリのある状態へと若返ります。

ダーマペンの施術に薬剤を組み合わせる「ヴェルべットスキン」を利用することで、特に大きな効果が見込めるでしょう。

適切な施術なら痛みをほとんど感じない

ダーマペンは針を使う治療法ですが、最新型のダーマペン4や麻酔を利用することによって、痛みはほとんど感じません

知識や技術の少ない医師が施術を行なった場合や、セルフダーマペンをしたケースでは該当しないため注意しましょう。

評判の良い名医に治療を行なってもらうことは、痛みを感じないだけでなく、全ての点において重要です。

ダーマペンのメリットが感じられないケース

ダーマペンのメリットが感じられないという人もおられます。

多くの場合は下記の3点が原因です。

セルフダーマペンを行なった

最も危険な点は自分の手で施術を行うことです。

ダーマペンは専用の器具に備わっている針を使い、直接肌に穴を開けます。

簡単なように見えるかもしれませんが、実際には技術が必要とされ、それは正しい知識や経験によって可能となるものです。

治療を検討する際は、必ず医療機関を利用しましょう。

一度だけの治療でやめてしまった

一度だけでも効果は感じられますが、継続的に治療を受けることが重要です。

ダーマペン施術は専用の針で直接肌に傷をつけ、組織が修復される過程において、様々な肌トラブルが消えていく、人間本来の自然治癒力を活かした治療法です。

継続的に行うごとに、効果が大きく感じられる治療法なので、もし施術を受けると決めるなら一度きりで終えるのはもったいないです。

禁止事項が多く活動を制限される

施術後の数日間は禁止事項があり、約1週間はダウンタイム期間があります。

この期間中は傷ついた肌を守るために設けられますが、それを苦痛に感じる人もおられます。

ダーマペンのダウンタイムは他の施術と比較しても短いです。

しかし仕事の休みが少なかったり、日常的に外へ出向いたりする必要がある人の場合、禁止事項やダウンタイムを正しく守ることが難しい可能性があります。

ダーマペンのデメリットを知ることでメリットを活かせる


どのような分野にもメリット・デメリットがあり、その多くは知識を得ることが大切と言われます。

ダーマペンの治療でも同様に、事前に情報を知ることでデメリットを最小限に抑え、メリットを十分に活かせます

自分では行わず評判の良いクリニックへ通う

セルフダーマペンは選択肢に入れず、評判の良いクリニックを利用することが最も重要な項目です。

自分で行なった場合の多くは失敗へと繋がり、下調べをせずクリニックを選んでしまえば、技術が伴わない医師に当たってしまう可能性があります。

クリニックに通うと選択した場合、しっかりと情報を調べてから決めましょう。

効果を上げるために治療を継続する

ダーマペンの治療は継続して通うことで大きな効果を感じられる特徴があります。

何回で肌の悩みが解消するかは症状や個人差によって異なりますが、多くの場合は4〜5回も受けられると大きく改善します。

色素沈着やニキビ跡など、肌の状態が重度化している場合でも、6〜10回の治療を受けられると、目に見える効果が期待できるでしょう。

ダウンタイム中は前もってスケジュール調整をする

ダウンタイム中はなるべく肌に刺激を与えないよう過ごすことが大切

です。

事前にスケジュール調整をして、トラブルが起こる可能性を減らしましょう。

しかし時には急な予定が入ったり、外へ出向くことになったりと、予想外のことが起こるかもしれません。

日焼けクリームや日傘を用意し、心配のないよう備えると良いでしょう。

ダーマペンのメリットを十分に活かすには

ダーマペンのメリットを活かすために必要なことは下記の4点を守ることです。

  • 事前に情報を集めメリット、デメリットを理解する
  • 腕の良い医師のいるクリニックを利用する
  • 施術後の禁止事項を守り、ダウンタイム中は適切な方法で過ごす
  • 自己判断せず、心配ごとがあれば医師に相談する

ダーマペンはメリット・デメリットがともに多いため「治療に興味はあるけど心配」と言われる人も多いです。

基本的にはこの3つに留意していれば問題ありません

まとめ


今回はダーマペンのメリットについての内容でした。

メリットは様々な肌の悩みを解消できる点にありますが、それを最大限に活かすには、同時にデメリットについての理解を広げることが大切です。

治療に継続して通えるか、ダウンタイム中の過ごしかたは問題ないか、本人の意識次第で結果に大きな違いがあります。

とはいえ「メリットは理解できるがデメリットについて不安が残る」という人は当然おられます。

心配やご不明な点があれば、アリエル美容クリニックまでお問い合わせください。

診断やカウンセリングを通して、最適なアドバイスを行なっています。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業