アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

二重整形が成功しやすい人はまぶたが薄い!失敗原因や回避するポイントを解説

「二重整形で成功しやすい人はどのような人だろう?」と疑問に思っている方はいませんか?

結論から言うとまぶたが薄い方のほうが成功しやすいです。

しかしまぶたが厚い方でも丁寧に対策をすれば成功する可能性が高まります

この記事では二重整形の概要や失敗例、成功させるためのポイントを紹介します。

二重整形とは?


二重整形には、以下の2つの種類があります。

  • 埋没法
  • 切開法

埋没法とは目元は切らず、糸を使って二重を作っていく手術のことです。切開が無いためダウンタイムや施術時間が短いメリットがあります

だたし、糸が取れると元に戻るリスクがあることは知っておきましょう。

対して切開法とは、メスで二重ラインを切開する手術のことです。半永久的な効果が期待でき、自分の好きなデザインの二重の再現が可能なメリットがあります

しかし埋没法よりはバレやすく、ダウンタイムが長いデメリットもあります。

それぞれメリット・デメリットを加味した上で手術を選択することがおすすめです。

二重整形が成功しやすい人はまぶたが薄い

二重整形が成功しやすい人は、まぶたが薄い特徴があります。特に埋没法は、糸で留める手術方法のため、薄い人ほど糸に負担がかかりません。

もしも埋没法の手術で使った糸が解けたとしても、癒着により二重が維持される方もいます

まぶたが厚い場合は、切開法を選択したり、埋没法で留める点数を多くしたりして安定しやすいように工夫しましょう。

二重整形でよくある失敗例

二重整形でよくある失敗例は、以下の3つです。

  • 左右非対称になる
  • 二重整形が周りにバレてしまう
  • 後遺症が残ってしまう

あらかじめ失敗例を知っておくことで、自分が手術するときに気をつける点が分かりやすくなります

それに応じた対策も打ってから手術に臨めるでしょう。以下でそれぞれ解説します。

左右非対称になる

よくある失敗例として、左右非対称になってしまうことが挙げられます。二重整形はもともとの目の開き具合やまぶたの状態からデザインします。

しかし、技術や傾聴力が伴っていない医師の場合、デザインが適切にできず、左右差が出ることがあるのです

二重整形が周りにバレてしまう

顔に合わない不自然な二重で、整形が周りにバレてしまうことが多いです。

二重には適切な幅がありますが、顔に合わないほど広くしてしまうとギャップが生まれてしまいます

二重整形をするときには、ナチュラルな変化を追い求めるようにするとバレることも防げるでしょう。

後遺症が残ってしまう

二重整形の失敗例で、後遺症が残ってしまうことがあります。後遺症とは、以下のような症状です。

  • まぶたが閉じにくくなる
  • 眼球が炎症する
  • チクチク・ゴロゴロするなどの違和感がある

特に眼瞼下垂の症状がある方が埋没法をする場合、失敗する可能性があります。埋没法であれば修正できますが、切開法であれば修正が難しいため注意しましょう

二重整形で失敗を回避するポイント

二重整形で失敗を回避するポイントは、7つあります。

  • 二重整形の実績が豊富かチェックする
  • カウンセリングで理想の二重を共有する
  • 安さだけで判断しない
  • 自分に合った二重幅を選択する
  • 口コミは参考程度に捉える
  • ダウンタイムを考慮してスケジュールを組む
  • ダウンタイム中はまぶたに刺激を与えない

失敗をできるだけ回避したい方は、以下のポイントを押さえた上で手術を受けましょう

二重整形の実績が豊富かチェックする

気になるクリニックは実績が豊富にあるかチェックしましょう。

実績が豊富にあるクリニックは、経験が豊富でどのような症例にも柔軟に対応してくれる可能性が高いです。

自分と似た症例があれば、完成後のイメージもしやすくなるため、探してみてください

二重整形は医師の技術を問われる手術のため、必ずチェックしておきましょう。

カウンセリングで理想の二重を共有する

カウンセリングでは、理想の二重をしっかり共有しておきましょう。共有不足になってしまうと、仕上がりが思ったものと違うことになる可能性があります。

可能であれば、理想の二重の画像を準備すると安心です

納得できる二重幅になるまでシミュレーションを繰り返し、好みの二重を探していきましょう。

安さだけで判断しない

整形をしてもらうクリニックは、安さだけでは選ばないようにしましょう。なぜなら安さを重視した場合、アフタフォローや保証内容が十分ではない可能性があるためです。

安さは大切ですが、サービスも充実していなければ仕上がりに満足できない可能性があります

アフターフォローや保証内容などはしっかりチェックしておいてください。

自分に合った二重幅を選択する

整形をするときには、自分に合った二重幅を選択することが大切です。無理して顔に合わない二重幅を選択してしまうと、顔の印象が変わってしまいます

眠そうに見えたり、瞬きがしにくくなったりする可能性もあるのです。

シミュレーションをした上で、自分の顔に合った二重幅を選択しましょう。

口コミは参考程度に捉える

インターネットの口コミは、良い口コミよりも悪い口コミのほうが書かれやすいです

そもそも施術に満足している方は、満足度が高いため、わざわざ口コミを書こうとは思いません。

反対に施術に満足していない方は、クリニックに伝えにくい不満などを口コミとして書いて気持ちを落ち着かせようとします。

悪い口コミばかりが目立ってしまいやすいネット上の口コミは、参考程度にとらえておきましょう。

ダウンタイムを考慮してスケジュールを組む

ダウンタイム中は、腫れや痛み、内出血などが出てしまいます。どうしても周りにバレたくない方は、3日〜1週間程度休暇を取るようにしましょう

すると周りにバレにくくなります。

ダウンタイム中はまぶたに刺激を与えない

ダウンタイム中は、まぶたに刺激を与えないようにしてください。

特に洗顔などで患部をこすってしまうと、ダメージとなり腫れや内出血が悪化することがあります。また雑菌が入り込み、化膿することも。

できるだけまぶたに刺激を与えず、安静にして過ごしましょう。

まとめ


二重整形には、埋没法と切開法がありそれぞれメリット・デメリットがあります。把握した上で、自分に合った施術方法を選びましょう

成功しやすい人は、まぶたが薄い方です。まぶたが厚い方は、切開法にしたり、埋没法でも留める点数を多くして対処してみてください。

二重整形では、医師の技術不足や理想を実現したい強い思いで、失敗する可能性があります。

失敗を避けたい方は、今回紹介したポイントを参考にしてみてください。

アリエル美容クリニックは、症例件数1,000件以上の経験のあるクリニックです。駅近のため通いやすい立地で、静かな空間で安心して相談できます。

さらに丁寧なカウンセリングも魅力で、リラックスして施術が受けられる環境が整っています。

技術力の高い医師に手術をしてもらいたい方は「お問い合わせ」からご連絡ください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業