アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

二重整形は痛すぎる?いつまで痛い?ダウンタイムを軽減する方法もご紹介

目が小さく見えたり目つきが悪く見えたりしやすい一重まぶたや奥二重に対し、コンプレックスを感じている人が多くみられます。

そのような悩みを解消してくれる代表的な治療法が、二重整形です。

しかし、二重整形をするうえで気になるのが痛みがどの程度なのか、いつ痛みを感じるのかではないでしょうか。

そこで本記事では、二重整形の痛みを感じるポイント、痛みを緩和する方法についてご紹介します。

二重整形を検討しているけど、痛みが心配という方はぜひ最後まで読み進めてみてください。

二重整形で痛みを感じるポイント


二重整形で痛みを感じる可能性があるポイントは、麻酔時・手術中・ダウンタイムです。

ここからはそれぞれのポイントでどのような痛みがあるのか、どの程度の痛みなのかについて解説します。

麻酔時

二重整形では、手術前にする麻酔の注射で痛みを感じることが多いです。

チクっとする程度で強い痛みではありませんが、筋肉にする麻酔の注射は痛みが強く出ることもあります

手術中

手術中は麻酔が効いているため、痛みを感じることはほとんどありません。

少しひっぱられているような触られている感覚を感じる程度です。

しかし、二重整形の手術は局所麻酔の意識がある中で行われるため、人によっては痛みを想像したり手術中の感覚や音などで気分が悪くなる人もいます。

ダウンタイム

ダウンタイム中は手術による傷が回復する途中で炎症が起こるため、痛みや熱感、腫れ、むくみなどの症状が出やすいです。

人によって痛みの感じ方は異なりますが、痛くて何もできないような強い痛みがでることはほとんどありません。

痛みのピークは手術から3日〜1週間ほどなので、その間は鎮痛剤を服用すれば気にならないでしょう。

麻酔が痛いと感じやすい人の特徴

注射が苦手な人や手術に緊張している人は、麻酔で痛みを感じやすい傾向にあります。

普段は腕に刺さることが多い注射がまぶたに刺されるのは、どうしても恐怖を感じてしまいやすいです。

また、緊張している状態だと、神経が過敏になっているため実際より痛みを強く感じてしまうことがあります。

麻酔の痛みを軽減する方法

麻酔の痛みを感じやすい人の特徴である注射が苦手だったり、緊張してしまったりというのは、自身のコントロールではなかなか制御が難しい部分です。

そのため、手術を受ける前に麻酔での痛みが心配であることを医師に相談しましょう。

クリニックによっては何か対策をしてくれることがあります。

ここからは、麻酔による痛みを軽減するために行われる、一般的な方法について解説します。

表面麻酔を使用する

塗るタイプや点眼タイプの麻酔を局所麻酔の前に施しておくのも、麻酔の痛みを軽減させるのに効果的です。

表面麻酔は使用して10分〜15分ほどで、皮膚の感覚を低下させる作用があります。

表面麻酔を行うと、人によってはほとんど痛みを感じないこともあるようです。

極細針を使用する

クリニックによっては普通の注射針よりもっと細い、極細の注射針を使用しているところもあります。

注射針は基本的に太ければ太いほど痛みを感じやすいです。

クリニックによっては「34G」といった刺しても痛みを感じないといわれている極細の針を使用しているところもあります。

極細の麻酔針を使用すると痛みをかなり軽減できますが、敏感な人なら多少痛みを感じることもあるでしょう。

笑気ガス・静脈麻酔を行う

1番痛みを感じない方法には、笑気ガスや静脈麻酔などがあります。

笑気ガスとは亜酸化窒素と酸素を混合したガスのことで、吸うと意識がぼんやりとするのが特徴です。

笑気ガスや静脈麻酔は鎮静作用があるため、必要以上にまぶたに力を入れてしまうこともありません。

リラックスした状態で治療できるので、とにかく手術が怖いという人にはおすすめといえます。

ただし、静脈麻酔は完全に眠った状態で手術をするため、途中で目を開けた際の二重のラインを確認できないのが難点です。

また、静脈麻酔は点滴注射などで麻酔をいれるため、結局その際に針の痛みを感じてしまいます。

一般的には二重手術のみの施術に静脈麻酔を併用することは稀で、笑気ガスが多く利用されています。

埋没法と切開法ならどっちが痛くない?

「埋没法」と「切開法」では、埋没法のほうが痛みが少ないのが特徴です。

埋没法は皮膚を切らずに行える一方、切開法は皮膚を切開するので痛みが出る期間が長くなりやすい傾向にあります。

二重整形の痛みはいつまで続く?

埋没法のダウンタイムは2日〜1週間程度と短いのが特徴です。

痛みは手術後3日程度でおさまります。

切開法の場合は、1週間〜2週間ほどまぶたを動かした際に痛みが出ることが多いようです。

しかし、次第に痛みはおさまっていきます。

ダウンタイムの痛みを最小限にする方法

二重整形後は、炎症を悪化させるような行動を控えることが大切です。

以下のような行動をすることで、手術後の炎症反応を抑制し、ダウンタイム時の痛みを最小限に抑えられます。

痛み止めを服用する

1番手っ取り早く痛みを軽減する方法が、痛み止めの服用です。

手術後数日は痛みが出やすいので、治療を受けた医療機関で痛み止めを処方されます。

痛みを感じたら我慢せず、痛み止めを服用しましょう。

アイシングする

手術後は傷を治そうと炎症が起こり、患部に熱を持つことが多いです。

患部をアイシングすると、熱を引かせて炎症を抑えられるので、ダウンタイムの期間を短縮できます。

激しい運動・過度な飲酒・長風呂は控える

ダウンタイム中の激しい運動や過度な飲酒、長風呂は控えましょう。

これらの行動は血流を良くするため、炎症を促進し、痛みや腫れ、内出血を悪化させてしまいます。

まぶたに刺激を与えない

こすったり触ったりして、まぶたに刺激を与えるのはダウンタイムの症状を悪化させる原因です。

痛みがでるだけでなく、感染症になるリスクも高くなります

手術後は敏感になっているので、アイメイクなどもしばらくは控え、できるだけ刺激を与えないよう注意して過ごしましょう。

【まとめ】二重整形で痛みを最小限にしたいならクリニック選びを慎重に行おう


二重整形は麻酔注射の際と、手術後のダウンタイム時に痛みを感じることが多いです。

しかし、治療方法や手術後の過ごし方でできるだけ痛みを抑えることができます。

痛みを最小限に抑えたい場合は、手術を受けるクリニック選びも大切です。

アリエル美容クリニックは極細の麻酔針を使用し、痛みを最小限に抑えています。

また、治療前後にカウンセリングを行い、痛みに関する不安や治療に関する心配事など相談しやすい環境を整えているのも特徴です。

相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業