アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

二重幅が広くなった原因3選を紹介!美容整形で広げる方法も解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

二重幅を広げたい人のなかには、実際に二重幅が広くなった人の原因を知りたい人もいるでしょう。

本記事では、二重幅が広くなった3つの原因を紹介します。

また、おすすめの二重整形方法についても解説しているため、ぜひ参考にしてください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、二重整形を通じて二重幅を広げることを得意としています。
「アリエルクイックループ」という傷跡の残らない独自の術式も提供しているため、バレない方法で二重整形を受けたい人にもおすすめです。
ぜひ一度、カウンセリングにいらしてください。

二重幅が広くなった主な原因3選


二重幅が広くなった人の原因として、主に以下の3つが考えられます。

  • 加齢
  • マッサージなどのセルフケアによる効果
  • 二重整形を受けた

それぞれ詳しく解説していきます。

加齢

歳を重ねるごとに目元の脂肪が落ち、皮膚が薄くなることにより目がくぼみ二重幅が広くなる人がいます。

ただし、人によってはまぶたのたるみによって逆に二重幅が狭くなることもあります。

歳を取ってからではなく、今すぐに二重幅を広げたい人は、のちほど紹介するセルフケアや二重整形を検討してください。

二重テープやマッサージなどのセルフケア

マッサージやアイテープを長期間使用することにより、皮膚のたるみが悪化し二重幅が広く見えるケースがあります。

ただしあくまで”たるみ”ですので、食い込みが弱い二重に見えたり不自然に幅が広く見えてしまったりと、生まれつきの二重や埋没法で自然に仕上がる二重とは見栄えが異なります。

肌荒れの原因や、たるみにより老けて見えてしまったりするリスクもあるためおすすめできません。

二重整形を受けた

二重整形を受ければ、二重幅を広げて自然な末広二重や幅の広い平行二重を手に入れられます。

セルフケアよりも確実性が高く、たるみや肌荒れのリスクがないため理想の二重ラインを手にすることができます。

確実かつスピーディーに二重幅を広げたい人は、二重整形を検討してみてください。

ただし、二重整形によって十分な効果を得たい人は、経験豊富で腕前の高い医師に依頼する必要があります。

すぐに二重幅を広くしたいなら二重整形を受けるのがおすすめ

先述したとおり、すぐに二重幅を広げたい人には加齢やセルフケアよりも二重整形がおすすめです。

1度施術を受ければ二重ラインを作り出せるため、確実性が高いうえにスピーディーに二重になれます。

整形費用を用意できる人は、二重整形を検討しましょう。

すぐに資金を確保できない人でも、クリニックによってはローンを組めるため、一度クリニックに相談するのがおすすめです。

二重幅を広くする整形方法①埋没法

二重整形には2つの術式があります。

  • 埋没法とは
  • 埋没法のダウンタイムや副作用
  • 切開法がおすすめな人

ここでは、埋没法について詳しく解説します。

埋没法とは

埋没法とは、専用の糸をまぶたに通して留めることで二重ラインを作り出す術式です。

切開をしないため、まぶたへの負担を抑えられる点や費用が安い点が魅力です。

また、万が一失敗しても修正手術が可能なのも埋没法の魅力といえるでしょう。

ただし、効果は半永久的に持続しないケースもあり、数年で二重ラインが取れてしまうことも。

人によっては生涯二重ラインが持続することもあり、個人差が大きい術式です。

また、まぶたの脂肪や厚みが著しい人は埋没法を受けられないこともあります。

埋没法のダウンタイムや副作用

埋没法を受けたあとには、1週間〜2週間ほど以下のようなダウンタイム症状が伴います。

  • 腫れや痛み
  • 肌のひきつれ
  • 内出血
  • まぶたの凹凸

ダウンタイム症状があるからといって、施術に失敗している可能性が高いというわけではありません。

埋没法がおすすめな人

埋没法は、以下の条件に該当する人におすすめの術式です。

  • 整形費用をできるだけ安くしたい
  • メスを使った手術を受けるのに抵抗がある
  • まぶたへの負担を抑えたい
  • あとから修正可能な手術を受けたい

多くの人が受けやすい施術のため、上記に該当していない方も一度クリニックで相談してみましょう。

二重幅を広くする整形方法②切開法

埋没法以外にも、切開法という二重整形も存在します。

詳しく解説するため、どちらが自身に適しているか検討してみてください。

  • 切開法とは
  • 切開法のダウンタイムや副作用
  • 切開法がおすすめな人

なお、埋没法・切開法のうちどちらを受けるか判断が難しい場合、美容クリニックで無料カウンセリングを受けるのがおすすめです。

目元の状態を診て理想の二重デザインをヒアリングしたうえで、自身に合う術式を提案してもらえます。

切開法とは

切開法は、まぶたを切開し縫合することで二重ラインを生成する術式です。

埋没法よりも費用が高額な傾向にありますが、半永久的に効果が持続します。

また、幅の広い二重や平行二重など、多様なデザインに対応できるうえに、まぶたの脂肪が多い人やまぶたが厚い人手も受けられます。

ただし、一度手術を受けると修正が困難なため、仕上がりについて慎重に話し合う必要があります。

また、力量のある医師を選ばないと後悔につながりかねません。

切開法のダウンタイムや副作用

切開法を受けると、4週間〜8週間程度ダウンタイムが続き、腫れや痛みなどの症状があらわれます。

メスを使うことから、埋没法に比べ大幅に症状が重い傾向があります。

ダウンタイム症状を軽減するためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 患部を冷やす
  • 飲酒や激しい運動を控える
  • 患部を触らない

このようにダウンタイム症状を軽減する方法はありますが、手術後1週間程度は自宅で安静に過ごすことをおすすめします。

切開法がおすすめな人

切開法がおすすめな人の特徴は、以下のとおりです。

  • 幅の広い二重や平行二重を手に入れたい
  • 半永久的に二重ラインを持続させたい
  • まぶたの脂肪が多い・厚いなどの理由で埋没法を受けられない
  • 十分な予算を用意できる

二重を形成する際に、まぶたの脂肪を除去できるのも切開法の魅力の1つです。

まぶたが厚いことに悩んでいる方は、切開法を検討してみてはいかがでしょうか。

アリエル美容クリニック大宮院なら傷跡の残らない二重整形を受けられる

アリエル美容クリニック大宮院では、以下の二重デザインに対応しています。

  • 平行二重
  • Mix二重(平行二重と末広二重の中間型)
  • 末広二重
  • 奥二重

また、「アリエルクイックループ」という独自の術式を提供しており、傷ができないうえに腫れが少ない点が特徴です。

目を閉じたときでも自然な見た目となるため、二重整形をしたことが周りにバレにくいのも嬉しいポイントです。

【まとめ】二重幅が広くなった原因について理解しよう


二重幅が広くなった原因として、加齢・マッサージなどのセルフケアによる効果・二重整形を受けた、といったことが挙げられます。

その他にも、アイプチやアイテープを使って一時的に幅を広げることも可能です。

しかし、確実性が高く持続する二重ラインを手に入れたい人には、二重整形を受けるのが一番おすすめです。

ぜひ、本記事の内容を参考にして自分に合った方法で二重幅を広げてください。

関連する症例写真

RELATED CASE LIST