アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間 9時~18時
電話予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

メーラーファットの脂肪吸引で後悔しないために~効果や注意点を解説

「メーラーファットを除去すれば、どのような効果があるの?」「メーラーファットの施術にはダウンタイムがあるの?」と気になっている方もいるでしょう。

メーラーファットは頬周辺にある脂肪のことです。メーラーファットの余計な脂肪を除去することで、すっきりとしたフェイスラインを手に入れられます

芸能人のすっきりとした小顔に憧れているて方も多いでしょう。しかし、顔の脂肪吸引をすることで、ダウンタイムや副作用がないのか不安になっている方も少なくありませんね。

今回は、メーラーファットの脂肪吸引でダウンタイムのリスクはあるのか、施術の流れについて詳しく説明していきます。

メーラーファットとは


「メーラーファットと聞いたことはあるけど、具体的にどの部分を指しているのかわからない」と気になっている方もいるでしょう。メーラーファットは、頬骨周辺にある脂肪のことです。

メーラーファットが多いと丸顔になり、ほうれい線に脂肪が覆いかぶさることで顔が大きく見えるようになります。また、脂肪の多さによって頬の位置が下がって、ほうれい線のシワが深く刻み込まれることもあります。

その結果、実年齢よりも高く見えたり、不機嫌な表情に見えたりしてしまうのです。

メーラーファットとバッカルファットの違い

メーラーファットとよく似たようなもので「バッカルファット」というものもあります。メーラーファットとバッカルファットは似たように感じますが、存在している場所が異なります。

どちらも頬周辺に存在している脂肪なのですが、メーラーファットは頬骨周り、バッカルファットは咬筋と頬の筋肉の下周辺にあるのが特徴です。

より小顔やほうれい線に効果を出したいなら、メーラーファットだけではなくバッカルファットも除去すると良いでしょう。顔全体がすっきりした印象になるので、フェイスラインのもたつきも軽減されます。

メーラーファットの脂肪吸引をするメリット

メーラーファットを脂肪吸引することで、小顔やリフトアップ効果が期待できます。頬周りに脂肪が多くついていると顔が大きく見えますし、フェイスラインにもたつきが出てしまいます。

しかし、余計な脂肪を吸引することでフェイスラインのもたつきが軽減され、すっきりとした顔になるのです。

また、メーラーファットの脂肪吸引のメリットは効果が半永久的に続くことです。一度取り除いた脂肪は元に戻らないので、長く効果が期待できるでしょう。

メーラーファットの脂肪吸引は若いうちから行うことができます。若いうちから余計な脂肪を取り除くことで、歳を重ねた後も頬周辺に脂肪がついてほうれい線が目立ったり、フェイスラインにもたつきが出たりすることもないでしょう。

メーラーファットの脂肪吸引をする際の注意点

メーラーファットの脂肪吸引をすることで憧れの小顔を手に入れやすくなるのですが、施術の際は注意しなければいけないポイントがあります。

老け顔になる

メーラーファットを除去することですっきりとした顔立ちになるので、ほうれい線のシワが目立ちにくくなります。しかし、脂肪を除去しすぎると立体感がなくなるのでのっぺりとした印象になる場合があるのです。

凹凸が少ないのっぺりな顔立ちになると老けたような印象になり、実年齢より高く見られることもあります。

また、もともと肌が薄かったり、柔らかかったりすると、脂肪を除去することで皮膚が垂れ下がって、余計にシワが目立つことも考えられます。

ほうれい線を改善するために頬の脂肪を吸引したのに、余計に悪化してしまえば元も子もありません。元の状態よりもシワが悪化しないためにも、除去するべきかどうか・除去する場合の量を医師と相談しながら決めることが大切です。

麻酔へのアレルギー反応が起きる可能性がある

施術をする際は局所麻酔を使って行っていくのですが、まれにアレルギー反応が現れる方がいます。これまで美容医療を受けた際や内服薬などを服用した際にアレルギー反応が出たことがある方は、注意が必要です。

アレルギー反応が出た経験がある方は事前に医師に伝えておきましょう。

メーラーファット除去のダウンタイム

メーラーファットを除去する際はダウンタイムの症状が現れることがあります。どのようなダウンタイムか知らずに施術を受けると、後から後悔してしまう可能性も考えられます。

ダウンタイムの症状

メーラーファットを除去した後に起こりうるダウンタイムの症状としては、腫れや痛み、内出血などです。

個人差はあるものの、基本的に数日程度で症状が治まることがほとんどでしょう。内出血の場合は完全に治るまでに2週間程度かかる場合もあります。

基本的には時間の経過とともに症状が治まっていく場合がほとんどなので、ダウンタイムの症状が現れたときはまずは様子見してみましょう。数日様子見しても症状が全く収まらなかった場合は、医師に相談することが大切です。

ダウンタイムの期間

ダウンタイムの期間としては、個人差によるものの約3日から2週間程度です。期間に幅があるのは、現れるダウンタイムの症状によって異なるからです。

また、脂肪を除去した後は患部が硬くなることがあります。肌が硬くなる症状は約2ヶ月程度で徐々に落ち着いてくることがほとんどです。

ダウンタイムの過ごし方

施術後に体の血流を促すと、内出血が起きる場合があります。そのため、術後は激しい運動や飲酒、サウナなどをしばらく控えるようにしましょう。

期間の目安としては1週間程度を考えておくといいです。洗顔やメイク、シャワーなどは施術を受けた当日でもできます。ただし、血流を促す入浴は翌日からとなります。翌日から入浴できますが、長時間入るのは避けましょう。

メーラーファット除去の施術の流れ

メーラーファットを除去したいと検討している方もいるでしょう。最後にメーラーファットを除去する際の施術の流れを解説しておきます。

診察とカウンセリング

まずは医師の診察とカウンセリングから入ります。余分な脂肪を闇雲に除去すればいいわけではありません。一人一人の脂肪の量や顔のバランスに合わせて除去する量を考えなければいけないので、しっかり話し合うことが大切です。

理想の仕上がりにするためにも、自分が気になっている部分や悩みを遠慮なく伝えましょう。カウンセリングでは術後のダウンタイムの症状や過ごし方などについても説明されます。

洗顔

施術に入る前に洗顔をします。顔をきれいな状態にしてから施術しなければいけないので、できればメイクをせずにクリニックに足を運ぶことをおすすめします。

脂肪吸引

いよいよ施術に入ります。麻酔が効いてきたら、脂肪を吸引していきます。麻酔が効いているので痛みはほとんどありませんが、中には敏感な方もいるでしょう。

痛みが不安な方は、麻酔にもいろいろな種類があるので医師に相談してみましょう。

休養

施術後はダウンタイムのリスクを避けるために、30分程度固定して休養させます。

アフターケア

施術後1ヵ月間はダウンタイムの症状を抑えるために、施術した部位を固定して生活することを勧められます

アフターケアが整っているクリニックなら、痛み度目や鎮痛剤の処方をしてくれたり、フェイスマスクを購入できたりします。

メーラーファットの脂肪吸引でスッキリしたフェイスラインを手に入れよう


メーラーファットを除去することで、余分な脂肪を取り除けるのですっきりとしたフェイスラインを手に入れられます。取り除いた脂肪がリバウンドする心配もないので、半永久的に効果が続くのも魅力の1つです。

憧れの小顔を手に入れたい方、加齢とともにほうれい線が気になってきた方はぜひ施術を検討してみてはいかがでしょうか?

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業