アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

脂肪吸引注射のデメリットは?失敗を避けるためのポイントも解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

脂肪吸引注射をすることで気になる部分をピンポイントで痩せる効果が期待できます。

脂肪細胞は復活することがないので、リバウンドのリスクも少ないのが特徴の1つです。

しかし、脂肪吸引注射にはメリットだけがあるわけではありません。

デメリットもあるので、施術を受ける前に理解しておくことが大切です。

脂肪吸引注射とは


脂肪吸引注射とは、一般的な脂肪吸引のカニューレよりも更に短いカニューレを使用して吸引する方法のことです。

脂肪吸引注射は以下の範囲に対応しています。

  • 上腹部
  • 下腹部
  • 脇腹
  • 太ももの内側
  • おしり
  • 二の腕

ターゲットとなる部分の脂肪をピンポイントで吸引するため、傷跡が残ったり、ダウンタイムが少ないのが魅力の1つです。

脂肪吸引注射のメリット

脂肪吸引注射の具体的なメリットを以下で見ていきましょう。

部分痩せができる

脂肪吸引注射のメリットは、ピンポイントに狙い撃ちできることです。

注射した箇所の皮下脂肪を分解・溶解できるため、通常のダイエットでは難しい部分痩せができます。

お腹や太ももだけではなく、まぶたや鼻など細かい部分にも効果が期待できるのが大きなメリットです。

リバウンドしにくい

基本的に一度分解されて排出した脂肪が復活することはありません。

脂肪細胞の数を減らせるので、半永久的な効果が期待できるのです。

脂肪細胞が大きくなることはありますが、せいぜい数倍程度です。

暴飲暴食を繰り返したり、生活習慣が乱れていたりしなければ、リバウンドのリスクはとても低いでしょう。

傷が残らない

脂肪吸引注射では傷跡が目立つことはありません。

切開して脂肪を取り除くとなれば、傷跡が見えることもありますが、注射の場合はそのような心配も必要ありません

脂肪吸引注射のデメリット

脂肪吸引注射には多くのメリットがあるのですが、デメリットもあります。

納得のいく仕上がりにするためにも、どのようなデメリットがあるのか確認しておきましょう。

施術後にたるむ可能性がある

脂肪吸引注射は、人によってはたるみが目立ってしまうケースがあります。

脂肪を取りのぞけるものの、たるんだ皮膚を切除するわけではないので、もともとシワやたるみがある方は注意が必要です。

若い方は心配ないかもしれませんが、顔のたるみやシワで悩んでいる方は一度相談してみましょう。

回数に応じた施術費用

複数回の施術が必要になった場合は、その分施術費用がかさむことになります。

1回の費用が安くても、重なれば費用はどんどん高くなっていきます。

自分の中で予算を決めた上で施術回数を決めることが大切です。

ダウンタイム

脂肪吸引注射にはダウンタイムのリスクがあります。

注射を刺した部分に痛みや腫れなどの症状が起きる可能性があります。

基本的に、2週間程度で症状が落ち着くことがほとんどですが、施術を受けるたびにダウンタイムが起きるのはデメリットだと言えるでしょう。

脂肪が多い部分には注射が適していない場合も

脂肪吸引注射を打ってもすべての場合に対して効果が期待できるわけではありません。

脂肪が多すぎる部分に打つ場合は、複数回の施術を受けても効果を実感できない場合があります。

脂肪が多すぎる場合は、医師と相談しあって、別の施術を受けることをおすすめします。

輪郭が崩れたり頬がコケたりする

脂肪吸引注射にも失敗のリスクがあります。

場合によっては、輪郭が崩れたり、頬がこけたりするケースがあるのです。

特に経験の浅い医師が担当すると、脂肪をきれいに減らせず、左右の仕上がりに差が生まれたり、思うような効果が得られなかったりする場合も。

脂肪吸引注射の失敗のリスクを減らすためにも、信頼できるクリニックで施術を受けることが大切です。

リバウンドのリスク

上記では、脂肪吸引注射にリバウンドのリスクは少ないとお伝えしましたが、リスクがないわけではありません。

脂肪細胞の数は変わらなくても、大きさは変わるので、生活習慣の乱れが続けばリバウンドする可能性があるのです。

もちろん、施術する前と比べると脂肪細胞の数が減っているので太りにくい体質にはなっています。

しかし、生活習慣に気をつけなければリバウンドのリスクが高まるので注意しなければいけません。

脂肪吸引注射で失敗しないために

脂肪吸引注射で失敗しないためには、以下の3つのポイントに注意してみてください。

信頼できるクリニックを選ぶ

1つ目は、信頼できるクリニックを選ぶことです。

脂肪吸引注射はただ注射をすればいいわけではありません。

薬剤の量や注射する箇所などを見極めなければいけないので、高い技術や知識が必要になるのです。

まずは、公式サイトで実績や症例を確認してみましょう。

クリニック全体の実績だけではなく、担当する医師の実績や症例も確認しておくことをおすすめします。

十分に情報収集を行う

2つ目は、十分に情報収集を行うことです。

クリニックの情報は公式サイトだけではなく、インターネットなどからも集めることができます。

実際に利用した方の口コミも合わせて確認してみると良いでしょう。

ただし、口コミサイトの中には嘘の情報も紛れている可能性があるので、注意が必要です。

カウンセリングを活用

カウンセリング時には自分のなりたいイメージを医師にしっかり伝えることが大切です。

自分と医師との間でイメージの相違があると、希望通りの仕上がりにならない可能性があります。

写真やイラストなどを用意して、具体的なイメージをしっかり伝えることがポイントです。

よくある質問

脂肪吸引注射に関する、よくある質問は以下の2つです。

  • 痛みはありますか?
  • 脂肪吸引注射と脂肪溶解注射の違いは何ですか?

痛みはありますか?

施術中は麻酔を使用するため、痛みはほとんどありません。

麻酔がきれると、施術2~3日ほどはわずかに痛みがでることがあります。

ただし施術後1週間ほどで痛みは落ち着くことがほとんどです。

また施術後は痛み止めの内服薬も無料でお渡ししています。

脂肪吸引注射と脂肪溶解注射の違いは何ですか?

脂肪吸引注射は即効性があるのに対し、脂肪溶解注射は薬剤の効果が現れるまで1週間程度かかるのが特徴です。

また、脂肪吸引注射は1度の治療で効果を実感できますが、脂肪溶解注射は複数回施術を受ける必要があります。

とはいえ、ダウンタイムも脂肪吸引注射より脂肪溶解注射の方が軽いなどそれぞれにメリット・デメリットが存在します。

脂肪吸引注射をするならアリエル美容クリニックで


脂肪吸引注射にも技術と知識が必要になります。

注入する量や箇所を間違えると失敗のリスクが高まってしまいます。

希望通りの仕上がりにならなかったり、左右で仕上がりに差ができてしまったりすることもあるかもしれません。

少しでもデメリットを避けるためには、信頼できるクリニックで施術を受けることが大切です。

多くのクリニックがありますが、その中でも今回おすすめするのがアリエル美容クリニックです。

知識と経験が豊富な医師が在籍しており、カウンセリングにも力を入れているため、施術をしっかりサポートしてくれるでしょう。

一人一人の悩みや体質に合わせてオーダーメイドの施術を提案してくれるため、まずはカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

関連する症例写真

RELATED CASE LIST