アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

小顔整形での失敗例
失敗しないためのポイントも解説

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

ひとえに小顔整形といっても、その種類は幅広くあります。

しかし、どのような施術でも失敗するリスクがあります。

どのような失敗のリスクかあらかじめ知っておくことで、安心して施術を受けられるようになるでしょう。

また、少しでも小顔整形の失敗を減らすためにも注意しておきたいポイントもあります。

今記事では小顔整形による失敗例や、失敗しないためのポイントをまとめていくため、ぜひ最後までご覧ください。

小顔整形による失敗例を施術ごとに解説


小顔整形にもいろいろな種類があります。

それぞれの施術に多くのメリットがあるのですが、失敗するリスクもあります。

施術ごとにの失敗例をまとめていくので、参考にしてみてください。

バッカルファット除去の失敗例

バッカルファット除去では適切な量の脂肪を取り除かなければ、左右非対称になったり、想像以上にこけたりする可能性があります。

バッカルファット除去は医師の技量に大きく左右されると言っても過言ではない施術の1つです。

失敗のリスクを避けるためには、実績と知識が豊富なクリニックで施術を受けることが大切です。

また、バッカルファット除去が向いていない人もいます。

バッカルファットを除去することでより老けて見える場合もあるので、医師と相談しながら決めていくことがポイントです。

脂肪吸引の失敗例

脂肪吸引をすることで、施術後にしびれや麻痺などが残るリスクがあります。

これは、施術の際に顔の神経を傷つけたことが原因で起きることです。

未熟な医師を選ぶと顔の神経を傷つけるリスクが高まるため、慎重にクリニック選びをしなければいけません。

また、施術後に肌の凹凸が目立つことがあります。

均一に脂肪を取り除かなければ肌表面に影響が出てくるので、注意が必要です。

万が一、肌の凹凸が目立っても脂肪注入などで修正できるので安心してください。

脂肪溶解注射の失敗例

脂肪溶解注射には左右のバランスが不自然になったり、思うような効果が実感できなかったりする可能性があります。

脂肪溶解注射の効果が現れ始めるのには数週間から数ヶ月程度かかります。

人によっては複数回の施術を受けることで効果が現れることもあるので、医師と相談しながら進めていくことが大切です。

ボトックス注射の失敗例

ボトックス注射は筋肉のこわばりを和らげることで、エラが解消され小顔効果が期待できるものです。

しかし、ボトックスは筋肉の働きを緩めるため、施術後は噛みづらくなることがあります。

1時的な症状なので、時間の経過とともに落ち着いていきます。

また、適切な量を注入しなければ表情が不自然になることもあります。

左右の筋肉の細さや見た目のバランスを見極めて量を決めなければいけないので、信頼できるクリニックを選ぶことが重要なポイントです。

頬骨削りの失敗例

頬骨削りをすることで面長になるリスクがあります。

頬骨を削ることで顔全体がシャープに見え、顔の長さが強調されることがあるのです。

決して施術によって顔が長くなったわけではないのですが、面長になったような見た目になるケースもあります。

エラ削りの失敗例

エラを削ることで小顔効果が期待できるのですが、施術によっては顎の形が不自然になったり、左右で差が起きたりする場合があります。

顎だけではなく他のパーツも考えて削らなければ、顎が極端に強調されて不自然に顎が目立つこともあるのです。

また、経験の浅い医師が施術すると左右に差が起きやすくなります。

カウンセリングや情報収集の段階で医師の技術などを見極めることが大切です。

あご削りの失敗例

顎削りの場合は丸顔になったり、感染症を引き起こしたりするリスクがあります。

顎を削りすぎると丸顔になり、思うような小顔効果が得られない可能性があるのです。

また、場合によっては感染症を引き起こすリスクもあります。

顎削りは大掛かりな手術なので、傷口から雑菌が入り込んだり、炎症を起こしたりすると、治療が長引いてしまいます。

クリニックから処方された薬を服用したり、正しいスキンケアをしたりなどして、雑菌などから患部を守ることが大切です。

あごプロテーゼの失敗例

あごプロテーゼの失敗例としては、プレテーゼがずれたり、口の開け閉めがしにくくなったりなどが考えられます。

顎のサイズに合ったプロテーゼでなければ、ずれたり、透けて見えたりすることがあります。

周囲に美容整形を受けたことが周囲にばれる可能性もあるので、医師とよく相談しながら進めることが大切です。

小顔整形で失敗しないためのポイント

小顔整形で失敗しないためには、クリニック選びが重要なポイントです。

事前に情報収集を十分にして、クリニックを比較しながら信頼できるところを選びましょう。

実績と症例が豊富なクリニックを選ぶ

公式サイトにはこれまでの実績や症例が掲載されていることが多いです。

自分のしたい小顔整形の実績や症例が豊富かどうか確認しておきましょう。

経験が少ない医師が担当すると失敗するリスクが高まる可能性があるため、経験が豊富かどうかは重要なポイントです。

また、実際に利用した方の口コミもチェックしてみると良いでしょう。

ネットサイトの口コミサイトには偏見の意見も紛れているため、あくまでも参考程度にすることがポイントです。

術後の仕上がりのイメージを医師にしっかり伝える

カウンセリング時には術後の仕上がりのイメージを医師にしっかり伝えることが大切です。

自分と医師との間で仕上がりのイメージに相違があると、希望通りの仕上がりにならない可能性があります。

言葉だけで伝えるのが難しいので、仕上がりイメージの画像やイラストなどを用意しておくと良いでしょう。

年齢・状態にあった適切な方法を選ぶ

小顔整形の失敗リスクを避けるためにも、年齢や状態に合った適切な方法を選ぶことが大切です。

自分に合っていない施術を無理に行うと、失敗のリスクが高まるので、効果が実感できなかったり、不自然な仕上がりになったりする可能性があります。

医師とじっくり相談しながら、自分に合った小顔整形を選ぶことが大切です。

小顔整形を受けるならアリエル美容クリニックで


アリエル美容クリニックではカウンセリングに力を入れており、患者一人一人の状態や悩みに合わせて適した方法を提案してくれます。

小顔整形にも向き不向きがあるため、自分に合った施術でなければ思うような効果は得られないでしょう。

小顔整形を検討している方は、まずはカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?

関連する症例写真

RELATED CASE LIST