アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

【切らない術式】埋没法は二重整形が初めての人にもオススメ!

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「二重整形で傷が残ったらどうしよう」

「きれいな二重にしたいけど、体にメスを入れるのは抵抗がある」

このように、二重整形に興味はあってもリスクが心配で施術に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

近年二重まぶたを手軽にキープできる方法として二重整形の需要が高まっています。

二重整形が初めての人にとっては、切開を伴わず傷跡が残る心配もない「埋没法」という術式を推奨します。

切開法に比べて埋没法は施術時間・ダウンタイムが短く、値段も安いため、多くの人にオススメな治療法です。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院は、結びの強さ、糸の掛け方にこだわりがあります。
持続力があり、ダウンタイムも抑えるギリギリなラインへの調整が得意で、見た目の仕上がりに優れた自然で美しいラインを形成します。

二重整形の種類と特徴


二重整形の種類には埋没法・切開法の2つがあります。

これらの術式の大きな違いは、メスで切るかどうかです。

それぞれ特徴も値段も異なるため、施術を検討する際は双方の違いを理解し、自身に適した術式を選ぶことが大切です。

埋没法の特徴

埋没法とは糸を使って、人工的に二重を作り出す施術です。

メスを使わないので傷跡が残りにくく、ダウンタイムも約1週間~2週間と短い期間で終えられます。

切開法と比べてリスクが低く、手軽に受けやすい施術としても人気がありますが、効果が永久的に続かない可能性が高いです。

糸が緩んだり、取れたりした場合には二重のラインが崩れるため、その際は施術のやり直しを検討する必要があるでしょう。

ただし、なかには埋没法で形成した二重ラインが生涯続く人もいます。

埋没法の値段

埋没法の値段の相場は10〜30万円です。

クリニックを選ぶ際には値段だけではなく、医師の実績や評判も考慮して選択する必要があります。

切開法の特徴

切開法はメスを使ってまぶたを切り、その後縫合することで皮膚と周辺組織を癒着させ、二重を形成する施術です。

切開法は、たるんだ皮膚や余計な筋肉・脂肪を同時に除去することができるためまぶたが重く悩んでいる方は、埋没法よりもより軽やかな二重まぶたを作ることができます。

埋没法とは違い、効果が半永久的に続くケースがほとんどです。

ただし切開を伴うためダウンタイムは4〜8週間と長く、内出血や腫れといった副作用が落ち着くまでには期間がかかります。

切開法の値段

切開法の値段の相場は30〜40万円です。

切開法は身体への負担が大きいので、術後も安心して過ごすためにアフターフォローの良いクリニックを選びましょう。

二重整形埋没法のメリット

二重整形埋没法のメリットは、下記の4つです。

  • リスクが低い
  • 施術時間・ダウンタイムが短い
  • 傷跡が残らない
  • やり直しができる

リスクが低い

埋没法のメリットの1つには、メスを使わないため切開法と比較してリスクが低いことが挙げられます。

ダウンタイム中の副作用も、切開法よりも軽度で終わります。

施術時間・ダウンタイムが短い

埋没法の施術時間は10〜20分、ダウンタイムは1〜2週間と短い期間で終わります。

切開法は施術時間が1時間〜1時間30分、ダウンタイムは4〜8週間なので、その差は歴然です。

身体に対しての負担も少ないので、まとまった休日がなかなか取れない人にも向いています。

傷跡が残らない

埋没法はまぶたに糸を固定して二重を作る術式なので、傷跡が残りにくいです。

切開法はメスでまぶたを切ったあとに縫合を行いますが、埋没法ではこれらのステップを完全に省略するため、最小限の傷で済みます。

そのため傷跡が残りにくく、安心して施術を受けられます。

やり直しができる

埋没法のやり直しは、比較的容易です。

施術に満足できなかったり、糸が緩んだり、取れたりした場合には、やり直しの施術を受けることで解決できます。

二重整形埋没法のデメリット

二重整形の埋没法には、以下のようなデメリットがあります。

  • 糸が取れる可能性がある
  • 拒絶反応がおこるケースがある
  • 細かいデザインには不向きである

このうち拒絶反応がおこるケースは非常に稀ですが、万が一のことを考えて対策をすることが望ましいです。

糸が取れる可能性がある

埋没法のリスクとして考えられるのが、糸が取れて二重のラインが崩れるケースが多いことです。

糸が取れる期間には個人差があり、数年で取れる人もいれば、生涯持続している人もおられます。

まぶたに固定した糸は、過剰な刺激を受けることで取れてしまうリスクがあるため、むやみに擦ったり、掻いたりしないよう注意してください。

拒絶反応が起こるケースがある

二重術の潜在的なデメリットの1つには、拒絶反応が起こるケースがあることです。

拒絶反応が発生した場合には、抜糸をする必要があります。

発生する可能性は非常に稀ですが、アフターフォローの良いクリニックを利用することで、異常が出た場合は早急に対処してもらえます。

細かいデザインには不向きである

埋没法は切開法ほどの細かいデザインには適していません。

強くくっきりとしたラインを望むには、埋没法は不向きです。

とはいえデザインは限定されるものの、自然で美しいラインを形成することは可能です。

まぶたの皮膚には、人それぞれ異なる肉眼では確認できない溝がいくつも存在します。

埋没法では、その溝を活用しながら二重を形成します。

埋没法で望む成果を出すには

埋没法で望む成果を出すためには「糸の結びの強さ」「糸のかけかた」が重要です。

結びの強さにこだわる

埋没法では、糸の結びの強さによって腫れの症状のあらわれ方が変化します。

腫れの症状を抑えながら、持続力のあるように仕上げるには、医師の経験と技術力が必要です。

この調節が適切でないと、腫れや持続力に問題が起こる可能性があります。

糸のかけ方にこだわる

糸をかける箇所が深くなれば、腫れは少なくなりますが持続力が弱くなります。

逆に浅い箇所にかけると、腫れが出やすく糸が露出するリスクが増すため、バランスの良いラインでの調整が求められるでしょう。

結びの強さと同様に、医師の経験と技術が問われます。

アリエル美容クリニック大宮院のこだわり

アリエル美容クリニック大宮院は、結びの強さ・糸の掛け方にこだわりがあります。

持続力があり、ダウンタイムも抑えるギリギリなラインへの調整が得意で、見た目の仕上がりに優れた自然で美しい二重ラインを形成します。

また、アリエルループクイックという目の表面に傷ができず腫れも少ない施術を提供しています。

二重術にこだわりがあるからこそ、アリエル美容クリニック大宮院は埋没法に自信を持っているのです。

埋没法は二重整形が初めての人にオススメの施術です


埋没法は、まぶたに糸を留めることで、自然な二重を形成する施術です。

メスを使わないため、施術時間やダウンタイムが短い上に、傷跡も残りません。

ただし、いつかは糸が取れる可能性があり、その場合は抜糸・修正手術が必要です。

埋没法で望む成果を出すためには、糸の結びの強さ、糸のかけ方といった繊細な技術が不可欠です。

二重整形を検討する際は、値段の安さで選ぶのではなく、医師の実績や口コミも参考にクリニックを選択しましょう。

埋没法はリスクが低く、手軽に施術を受けられる点から、二重整形が初めての人にもオススメです。

関連する症例写真

RELATED CASE LIST