アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

埋没法の理想の二重幅って何ミリ?埋没法の特徴や注意点も紹介

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「埋没法の二重幅って何ミリが綺麗に見える?」

二重整形を受ける際には、二重幅のデザインが必要です。

「どのくらいの二重幅が綺麗に見えるのだろう」と疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。

糸でまぶたを固定する埋没法では、極端に幅の広い二重のデザインを選択すると、不自然に見えてしまう可能性があります。

この記事では、埋没法の理想の二重幅とそれぞれの整形の特徴について紹介します。

これから、埋没法を検討している方に役に立つ記事となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院の二重整形の特徴は、「どの角度からみても自然」「持続力が高い」「ダウンタイムが短い」です。
ご相談だけでも承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

埋没法の理想の二重幅は何ミリ?


埋没法の理想の二重幅は約6〜8㎜といわれていますが、必ずしもこの幅にしたからといって理想の目元になるわけではありません。

目の形は一人ひとり異なるため、その人が希望するデザインと目元に合った二重幅を選択することが大切です。

二重整形の施術方法は2つ

二重整形には以下の2つの施術方法があります。

  • 埋没法
  • 切開法

それぞれの施術内容について詳しく解説します。

埋没法

埋没法とは、まぶたを専用の糸で固定することで二重にする方法です。

切開法に比べてダウンタイムが短い傾向にあります。

万が一、二重のデザインが気に入らなかった場合には、埋没法ならやり直しが可能です。

「二重にしたいけど切開はしたくない」「ダウンタイムを抑えてナチュラルな二重にしたい」このような方は、埋没法がおすすめです。

切開法

切開法とは、まぶたを切開することで二重にする方法です。

目頭から目尻までの全てを切開する全切開法と、一部分のみ切開する部分切開法があります。

部分切開と埋没法を組み合わせておこなうことも可能です。

また、切開法は脂肪除去も同時に行えます。

そのため、脂肪の多いまぶたやパッチリとした目元を希望している方におすすめです。

埋没法がおすすめな人とは?

埋没法はどんな人におすすめなのかと疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。

埋没法がおすすめな人は以下の通りです。

  • ナチュラルなデザインの二重を希望している人
  • まぶたの脂肪が少ない人
  • メスを入れたくない人
  • ダウンタイムを短くしたい人

それぞれ詳しくみていきましょう。

ナチュラルなデザインの二重を希望している人

ナチュラルなデザインの二重を希望している場合は、埋没法がおすすめです。

切開法でつくった二重はどちらかというとくっきりはっきりとした印象の二重に仕上がります。

好みにもよりますが、ナチュラルで自然な二重を希望している場合には、埋没法を選択した方がよいかもしれません。

メスを入れたくない人

メスを入れたくない人は、埋没法がおすすめです。

糸でまぶたを固定することで二重のラインをつくることができるうえに、ダウンタイムも短い傾向にあります。

また、埋没法は気に入らなかった場合にやり直しが可能です。

切開法は、やり直しが難しいため、やり直しが効く施術を希望する方は埋没法を選びましょう。

ダウンタイムを短くしたい人

埋没法はメスを使わないため、ダウンタイムが短く症状も軽い傾向にあります。

最近では、ダウンタイムがほとんどない独自の施術方法をおこなっているクリニックも増えています。

仕事や学校を長く休めない、周りにバレずに二重整形を受けたいと思われている場合は、埋没法がおすすめです。

切開法がおすすめな人とは?

一方の切開法がおすすめな人は以下の通りです。

  • 平行二重を希望している人
  • まぶたの脂肪が多い人
  • 同時に脂肪除去もおこないたい人

それぞれ詳しくみていきましょう。

平行二重を希望している人

平行二重を希望している場合、二重の幅を広く取らなければいけないケースが多いです。

埋没法でも平行二重をつくることは可能ですが、デザイン性の高い二重を希望する場合は、切開法がおすすめの場合もあります。

加えて、切開法は同時に脂肪除去や皮膚切除も行えるため、埋没法と比べてくっきりとした平行二重にすることができます。

まぶたの脂肪が多い人

まぶたの脂肪が多い人は、埋没法だと糸が取れたり緩んだり、しっかりと留められないケースがあります。

まぶたの脂肪が多いからといって埋没法ができないわけではありませんが、人によっては切開法がよい場合もあります。

同時に脂肪除去もおこないたい人

まぶたの脂肪を取りたいと考えている人は、切開法がおすすめです。

埋没法では脂肪の除去ができませんが、切開法はまぶたの脂肪除去が同時におこなえます。

くっきりとした目元にしたい、まぶたの脂肪が気になるといった方は、切開法がおすすめです。

大宮で二重整形を受けるならアリエル美容クリニック大宮院がおすすめ!

大宮付近で二重整形を受けたいと思われている方は、アリエル美容クリニック大宮院で施術を受けてみませんか?

当院では、360度どの角度から見ても自然になるように工夫して施術をおこなっています。

また、糸をかける箇所にもこだわっています。

皮膚の浅いところに糸をかけると、腫れたり糸が露出したりなどのデメリットがある一方、深く糸をかけることで持続力が悪くなるというデメリットも。

当院では、持続力を保ちつつ、ダウンタイムも抑えるギリギリなラインへの調整を得意としています。

アリエル美容クリニック大宮院の二重整形が気になるといった方は、相談だけでも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

二重整形で理想の二重幅を手に入れてみませんか?


この記事では、埋没法の理想の二重幅についてと、二重整形について詳しく紹介しました。

1人ひとり目元の特徴は異なるため、理想の二重像と目元によって理想の二重幅は決まります

自分はどのくらいの二重幅がよいのか分からないといった方は、まずカウンセリングを受けるのがおすすめです。

あなたも二重整形で理想の二重幅を手に入れてみませんか?

関連する症例写真

RELATED CASE LIST