アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

糸リフトの糸の種類にはどんなものがある?特徴を解説

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「糸リフトの糸ってどんなものがあるの?」と疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

糸リフトの糸には種類があり、クリニックや施術を受ける人の状態によって使用する糸が異なります。

本記事では、糸リフトで使用される糸について解説します。

参考にして施術の知識を深め、自分がどのような状態になるのかイメージできるようになりましょう。

鈴木院長

糸リフトとひとくちに言っても、糸にはさまざまな種類があり、適切なものを選ぶことが大切です。
事前に糸の知識を得ると糸選びがスムーズになり、安心感が高い状態で施術を受けられます。

糸リフトとは?


糸リフトとは、皮膚の下に医療用の糸を挿入し、たるみやもたつきを改善するメニューです。

ハイフなどのレーザー治療に比べて、より高いリフト効果が得られます。

またメスを使うことなく施術できるため、切開に抵抗がある人にもおすすめです。

糸リフトの糸の特徴

糸リフトの糸にはさまざまな種類がありますが、以下の特徴はどの糸にも共通しています。

  • いずれ皮膚に溶ける
  • コグ(突起)が付いている
  • 針で皮膚内に挿入される

肌への溶けやすさや糸そのものの柔らかさなどがそれぞれ異なっており、施術を受ける人の状態に合わせ、最適な糸を最適な本数入れることが重要です。

いずれ皮膚に溶ける

糸リフトの糸は、どれもいずれ皮膚に溶けるようになっています。

異なるのは溶けるスピードであり、最終的に溶けてしまう点は共通しています。

糸として残り続けるのではなく、皮膚に溶けることにより、肌に馴染んで引きつれなどの症状が消えていきます。

また「糸がなくなるとリフト効果が消えるのでは?」と考える人も居ますが、糸が消えても皮膚の繊維が皮膚内に残ります。

糸が挿入される刺激から、傷を修復しようと体が皮膚繊維の柱を糸周辺に作るのです。

この皮膚の柱が糸の代わりとなり、リフト効果を発現してくれるため、糸が消えても半永久的に効果が残ります。

コグ(突起)が付いている

糸リフトの糸には、コグと呼ばれる突起がついています。

コグよって糸が皮膚に定着し、引っ張る力を促進したり、挿入後の糸のズレなどを軽減したりなどの性能を発揮します。

コグの形やサイズは、糸ごとに少しづつ異なり、糸の特性に合うように作られているのが特徴です。

針で皮膚内に挿入される

糸リフトの糸は、針で皮膚内に挿入されます。

そのため、切開を伴う施術に抵抗の強い人でも、安心して受けていただけます。

針で施術を行うため、できる傷も点状であり、比較的早く塞がります

傷そのもののサイズが小さいため、外からも目立ちません。

また、糸リフトは一般的にこめかみ辺りから挿入するため、目立つ位置に傷はできません。

糸リフトの糸の種類

アリエル美容クリニックで扱う糸リフトの糸の種類は、以下のとおりです。

  • PDO(ポリデオキサノン)
  • PCL
  • TESS(テス)リフト
  • ショッピングスレッド(美容針)

なお、扱う糸はクリニックごとに異なるため、すべてのクリニックが上記の糸を用いているわけではありません。

実際に使う糸の確認は、施術を受けるクリニックに確認してください。

PDO(ポリデオキサノン)

PDO(ポリデオキサノン)は、糸リフトにおいてスタンダードと呼べる糸です。

「どの糸を選べば良いかわからない」「糸にこだわりが無く一度試したい」といった人は、PDOを選んでおくと良いでしょう。

コグがついていると同時に、糸そのものに摩擦力があり、引き締め効果が高い点が特徴です。

糸が溶ける期間は1年程度となっており、糸リフトの糸としては早すぎず遅すぎない、一般的な期間です。

PCL(ポリカプロラクトン)

PCL(ポリカプロラクトン)は、柔らかさが最大の特徴である糸です。

しなやかに曲がり、馴染みやすいためより自然な仕上がりが期待できます。

肌に吸収されるまでの期間は2~3年程度であり、糸リフトの糸の中では比較的ゆっくりな方です。

その分持続力が高く、効果が長続きします。

糸を選ぶ上で、効果の持続力を優先したいという方におすすめです。

TESS(テス)リフト

TESS(テス)リフトは、糸リフトの糸の中でも、特に引き締め&引き上げ効果が高い糸です。

糸にメッシュが施されており、コグと二重構造になっている点が特徴です。

リフトアップ効果をしっかり実感したい、今までの施術では引き上げ効果が物足りないなどの要望を持つ方におすすめです。

引き上げ効果は直後から感じられ、その後数ヶ月で糸に施されたメッシュが皮膚に働きかけることでフェイスラインが引き締まる効果も実感できます。

PDO(ポリデオキサノン)に比べると1本あたりの値段はやや高めですが、その分効果が高く本数が減らせるため、金額にそれほどの差は生じません。

コストパフォーマンスの良さも魅力です。

ショッピングスレッド(美容針)

ショッピングスレッド(美容針)は、糸リフトの糸の中でも特に細い糸であり、髪の毛を下回る細さを実現しています。

引き締め効果や引き上げ効果ではTESSリフトにやや劣るものの、細さを活かして細かい場所の引き上げを可能としたり、コラーゲンの生成を促進してくれたりなどの効果があります。

細い分皮膚にも溶けやすく、8ヶ月程度で肌に馴染みます。

PCLリフトやTESSリフトが引き締め&引き上げ効果を重視した糸だとすると、ショッピングスレッド(美容針)は肌への馴染みやすさや肌質改善を重視した糸です。

【参考】溶けない糸について

糸リフトにおける溶けない糸とは、ポリプロピレンでできた糸です。

通常の医療の世界では、現在も一般的に使用されています。

ただし糸リフトの糸としては、現在完全に主流から外れており、利用しているクリニックはほとんどありません。

体内に残り続けるため、引っ張る力は保たれます。

しかし長期間残り続けると、たるみが出ている部分と引っ張られ続けている部分に差が生じ、かえって不自然な見た目になってしまいます。

感染症のリスクもあり、総じてデメリットの方が大きいとみなされています。

糸リフトはアリエル美容クリニック大宮院でどうぞ

糸リフトを検討されており、クリニック選びに迷われている方は、ぜひアリエル美容クリニック大宮院にお越しください。

当クリニックでは糸リフトの際、院長が考案した独自の糸のかけ方を行い、線でなく面で顔を持ち上げます。

そのため、一般的な方法よりリフトアップ効果が高く、多くのお客様に満足いただけております。

スタッフ一同、ご来院を心よりお待ちしております。

【まとめ】糸リフトの糸は自分に合ったものを選ぼう


糸リフトの糸は、自分に合ったものを選ぶのが重要です。

適した糸を使うとより仕上がりがきれいになり、納得のいく施術結果に結びつきます。

1人で選べない場合は、ぜひクリニックにてご相談ください。

関連する症例写真

RELATED CASE LIST