アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ピコスポットは何回で効果を実感できる?メリットやデメリットも解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

様々なシミ取り治療のなかでも、とくに人気を集めているピコスポット。

従来のレーザー機器よりもパルス幅が短いため、効果的かつ効率的にシミの改善を目指せます。

実際に受けるにあたって「何回くらいで効果を実感できるの?」と疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、ピコスポットによるシミ改善に必要な回数を紹介します。

ピコスポットのメリットやデメリットも解説しているので、ピコスポットやシミ取りを検討している方はぜひ参考にしてください。

鈴木院長

アリエル美容クリニックでは、ピコスポットの施術を得意としています。
シミに悩んでいる方はぜひ1度ご来院ください。
ピコスポットのほかにもピコトーニング・ピコフラクショナルを行っており、お悩みに合わせて適切な治療をご提案します。

ピコスポットとは?


ピコスポットとは、ピコ秒(10兆分の1)という短い時間の照射でメラニン色素を破壊するレーザー機器です。

高出力レーザーを用いて、濃いシミやそばかすなど気になる部分にピンポイントで照射を行います。

従来のレーザー機器は、熱エネルギーでメラニン色素を破壊していたため、照射時の痛みや肌へのダメージがデメリットとしてあげられました。

しかし、ピコレーザーは衝撃波でメラニン色素を破壊するため、肌へのダメージや痛みが軽減されているのが大きなメリットです。

ピコスポットは何回で効果を実感できる?

シミや肌の状態によって異なりますが、ピコスポットは1〜3回程度で効果を期待できます。

従来のレーザー治療は、複数回必要になるケースもありましたが、ピコスポットは短い回数で効果を期待できるところが強みです。

ピコスポットのメリット

肌へのダメージや施術中の痛みが少ないピコスポットですが、ほかにも以下のようなメリットがあります。

  • 少ない回数でシミ改善を期待できる
  • ダウンタイムが短い
  • 色素沈着のリスクが少ない

ほかのレーザー治療と悩んでいる方は、メリットを理解し、施術を決める際の手助けにしてください。

少ない回数でシミ改善を期待できる

従来のレーザー治療は、ナノ秒(10億分の1)という短い時間で照射を行っていました。

シミの種類によっては複数回必要になったり、薄いシミには効果を期待できなかったりなどのデメリットが伴います。

しかし、ピコレーザーはピコ秒(10兆分の1)というナノ秒よりも短い時間で照射をできるため、少ない回数で効率的にシミの改善を期待できます。

一般的なシミ(老人性色素斑)に加えて、そばかすの改善を目指せる部分もメリットといえるでしょう。

ダウンタイムが短い

ピコスポットは、術後に患部が黒くかさぶたのようになり、1週間程度で剥がれ落ちます

かさぶたの下からは新しい皮膚が再生されます。

このように、ダウンタイムが短いのも人気の秘訣です。

なお、無理やりかさぶたを剥がしてしまうと炎症後色素沈着などのトラブルの原因になるため、触らず様子をみましょう。

従来のシミ取りレーザーは、術後1週間〜10日程度保護テープを貼る必要がありました。

しかし、ピコスポットは保護テープの必要がなく、ダウンタイムも短縮されているのもポイントです。

色素沈着のリスクが少ない

ピコスポットは、色素沈着のリスクが少ないのもメリットといえます。

衝撃波でメラニン色素を破壊するため肌へのダメージが少ないためです。

しかし、色素沈着のリスクが全くない訳ではありません。

リスクを低減するためにも、術後の紫外線対策や保湿ケアは忘れずに行いましょう。

ピコスポットのデメリット

メリットの多いピコスポットですが、なかには以下のようなデメリットも伴います。

  • 痛みが生じる
  • 人によっては受けられない

メリットだけで判断せずに、デメリットも踏まえて施術を選びましょう。

痛みが生じる

ピコスポットは、熱エネルギーではなく衝撃波でメラニン色素を分解します。

そのため、従来のレーザー治療に比べると痛みが少ない傾向にあります。

ただし全く痛みが無いわけではなく、照射時に輪ゴムで弾かれたような痛みが生じます。

耐えられないほどの痛みではありませんが、人によっては痛みが強いと感じる場合があることを理解しておきましょう。

クリニックによっては、保冷剤で冷やしたり、麻酔を利用したりなど痛み対策を行っています。

人によっては受けられない

以下に当てはまる人は、ピコスポットを受けられません。

  • 妊娠中の人
  • 患部に傷がある人
  • 日焼けをしている人
  • 持病がある人(光過敏症、てんかん、ケロイド体質など)

ほかにもピコスポットは、肝斑への照射はできません。

高出力レーザーを用いるため、肝斑が悪化する恐れがあるためです。

そのため、肝斑の治療をしたい方は、ピコトーニングやトラネキサム酸の服用を検討しましょう。

ピコスポット後の過ごし方について

術後は、肌が刺激を受けやすくなっているため、紫外線対策と保湿ケアを入念に行いましょう。

日焼けをしてしまったり、肌が乾燥しているところに刺激を与えたりすると炎症後色素沈着などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

そのため、術後はSPF30以上の日焼け止めや日傘などで紫外線対策を行いましょう。

施術当日は、帽子を持参するのがおすすめです。

また保湿をする際は、できるだけ刺激の少ないものを使用しましょう。

埼玉でピコスポットを受けるならアリエル美容クリニック大宮院へ

埼玉県でピコスポットを検討している方は、アリエル美容クリニック大宮院へお越しください。

当院では、ピコスポットをはじめピコフラクショナルやピコトーニングを提供しています。

老人性色素斑だけでなく、肝斑への治療も実施しているため、シミなどの肌トラブルに悩んでいる方におすすめです。

また当院は、待合から施術室まで完全個室を完備しています。

ほかの患者と顔を合わせることがないため、周囲の目が気になる方でもリラックスして来院いただけます。

当院に興味がある方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

医師からピコスポットの効果やリスクなどを詳しくお伝えいたします。

【まとめ】ピコスポットは悩みに合わせて1〜3回受けるのがおすすめ!


ピコスポットは、シミの状態によっても異なりますが1〜3回で効果を期待できます。

従来のレーザー治療に比べると少ない回数で効果を実感できるうえに、術後に保護テープや軟膏を塗る必要が無いのも大きなメリットです。

なおピコスポットは、肝斑への照射はできません。

「シミだと思っていたけれど本当は肝斑だった」といったケースもあるため、一度クリニックでカウンセリングを受けるのをおすすめします。

自分に合った施術を見つけ、理想の肌を目指しましょう。