アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ピコスポットとピコレーザーの違いは?メリットや注意点を紹介

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

ピコスポットは、さまざまなシミの改善が期待できるピコレーザー治療のひとつです。

ピコ秒単位という短い頻度でレーザー照射ができるため、施術時間が短くダウンタイムが少ない点が魅力です。

本記事ではピコスポットとピコレーザーの違いを詳しく解説します。

あわせてメリットや注意点も紹介するので、シミ治療を検討中の方はぜひご覧ください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、ピコスポットを始めとするピコレーザーの施術を行っています。
患者様のお悩みを聞いたうえで肌の状態を確認し、適切な治療を施しますので、ぜひお気軽にご来院ください。
アクセスの良さも魅力のひとつです。

ピコスポットとはピコレーザー治療の1種である


そもそもピコレーザーとは、ピコ秒単位(1兆分の1秒)という短い頻度でレーザー照射ができる、レーザー機器です。

ピコスポットはその中の1つのモードを指します。

ピコレーザーは衝撃波でメラニン色素を分解するため、肌ダメージや痛みが少ない点が魅力です。

ピコレーザーは3種類ある

ピコレーザー機器には、以下の3種類のモードが搭載されています。

  • ピコスポット
  • ピコフラクショナル
  • ピコトーニング

これらの3つのモードは、出力量や照射されるレーザーの特徴が異なります。

肌の悩みに応じて適切な照射モードを選択する必要があるため、医師の知識や経験が欠かせない治療法です。

ここからは、それぞれのモードについて詳しく解説するので、参考にしてください。

ピコスポット

ピコスポットは、高出力のレーザーを用いて集中的にメラニン色素を破壊する治療法です。

部分的なシミの改善を得意としており、濃いシミやほくろなどの治療に向いています。

他にもタトゥーやアートメイクの除去などにも活用されています。

一時的に痛みやピリピリ感を覚える方もいらっしゃいます。

痛みが心配な方は、カウンセリング時に「麻酔クリームを使用して欲しい」と医師やスタッフにお伝えください。

ピコフラクショナル

ピコフラクショナルとは、ピコ秒単位の短い頻度で肌表面に微小な穴を開ける治療法です。

これにより肌の深層部が刺激され、コラーゲン生成を活性化させたり、肌のハリや弾力を向上させたりして、さまざまな美容効果が期待できます。

クレーター状のニキビ跡や毛穴の開きなどにも効果が期待できるため、複数の肌トラブルでお悩みの方にもおすすめです。

ピコトーニング

ピコトーニングとは、低出力のレーザーをシャワー状に照射し、徐々にメラニン色素を分解するモードです。

薄いシミやそばかす・くすみなどの細かいシミの改善を得意としており、肌のトーンアップ効果も期待できます。

ピコトーニングは低出力のレーザーを使用するため、効果が穏やかにあらわれます。

ピコスポットのメリット

ピコスポットによって、以下のメリットが期待できます。

  • 即効性が期待できる
  • 麻酔クリームが使用できる
  • 治療後すぐに日常生活に戻れる

それぞれ詳しく解説していくので、ピコスポットを検討中の方はご一読ください。

即効性が期待できる

ピコスポットはシミの大きさや種類にもよりますが、1回の治療で効果を実感できる方も多く、ほとんどの方は3回以内の治療で効果を実感でき、即効性が期待できる治療法です。

濃いシミやタトゥーは複数回繰り返すことで、薄くすることが可能です。

「肌トラブルが改善された!」と実感できるまで繰り返し治療を受けることで、より高い効果を期待できるでしょう。

麻酔クリームが使用できる

ピコスポットはこれまでのレーザー治療に比べると痛みが少ない傾向にあります。

しかし、痛みの感じ方は人それぞれであり、痛みに対して苦手意識を持っている方もいるでしょう。

ピコスポットは麻酔クリームを使用して痛みを軽減できる治療であるため、遠慮せずに麻酔を使用したい旨をお伝えください。

治療後すぐに日常生活に戻れる

ピコスポットは、通常15分から30分程度で治療が完了します。

治療後の経過に問題がなければすぐに日常生活に戻ることができます。

仕事に戻ったり、友人と食事に出かけたりすることも可能なため、あまり時間に余裕がない方でも、治療を受けられる点がピコスポットの魅力です。

ピコスポット治療後の過ごし方について

ピコスポットの治療後には、以下の2点を押さえて生活しましょう。

  • 紫外線対策を習慣化する
  • 入念に保湿ケアを行う

治療後の肌はさまざまな刺激を受けやすい状態です。

そのため、日焼け止めクリームや日傘などで、紫外線対策を行いましょう。

紫外線対策を習慣化すれば新しいシミの予防にも繋がるため、ダウンタイム終了後の日常生活にも取り入れることをおすすめします。

さらに、肌の状態を整えるためにも、保湿ケアを入念に行ってください。

刺激の少ないスキンケア用品を選ぶのがポイントです。

ピコスポットの注意点

ピコスポットを受ける前に、以下の3つの注意点を理解しておきましょう。

  • 1回の施術では効果を得られないことが多い
  • なかにはピコスポットを受けられない人もいる
  • ピコスポットの治療後にはダウンタイムが生じる

あらかじめ上記を認識しておけば、後悔を未然に防げます

1回の施術では効果を得られないことが多い

ピコスポットは、悩みに応じて複数回治療を繰り返すことで効果を実感できる治療法です。

1回で効果を実感できない人も多いため、5回~10回受けることをおすすめします。

無理なく通うためにも、自宅や職場からアクセスしやすい場所にある美容クリニックを選ぶとよいでしょう。

なかにはピコスポットを受けられない人もいる

また、以下に該当する方は治療を受けられない場合があります。

  • 妊娠中・授乳中
  • てんかんと診断された方
  • ケロイド体質の方
  • 日焼けをしている方
  • 照射したい部分に傷がある方

上記以外にも持病を患って通院中の方や服薬中の方は、医師に申告してください。

そのうえで治療できるかの判断が必要になるため、トラブルを未然に防ぐためにも忘れずに伝えましょう

ピコスポットの治療後にはダウンタイムが生じる

他の美容医療と同じように、ピコスポットの施術を受けたあとにはダウンタイムが現れます。

施術直後から赤みや腫れなどが出現し、時間の経過とともにかさぶたができることもあります。

1週間~2週間ほど経てば症状が治まり、かさぶたも剥がれるため安静に過ごしましょう。

また、ダウンタイム中は施術部位を保護するため茶テープを貼って過ごすようクリニックより指示されることもあります。

ピコスポットはアリエル美容クリニック大宮院へ

ピコスポットを含めたピコレーザー治療は、アリエル美容クリニック大宮院がおすすめです。

部分的な濃いシミを改善するには、複数回の治療が必要です。

そのため、クリニックへのアクセスが良いことや前向きな気持ちで治療に通えることが大切です。

当クリニックは埼玉県大宮駅西口から徒歩1分といった好立地であるため、アクセスのしやすさが魅力です。

また、当クリニックでは全ての患者様に安心して治療を受けていただきたいと願っています。

納得いくまで寄り添いますので、まずはお気軽にカウンセリングにお越しください。

【まとめ】ピコスポットは濃いシミやほくろの改善が期待できる


ピコスポットは、ピコレーザーの中でも部分的なシミ取りに効果が期待できる施術です。

濃いシミやほくろの改善に向いています。

レーザー治療を検討する際に、メリットや治療後の過ごし方や注意点などさまざまな要素を知っておくことで、カウンセリングを受ける際に役立つでしょう。

ほくろや濃いシミを薄くしたい方は、本記事を参考にピコスポットを検討してみてはいかがでしょうか。