アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

眼瞼下垂で瞼が重い!発症する理由や改善方法も詳しく解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「瞼が重くて思うように持ち上がらない」と悩んでいませんか?

一時的ではなく、常に瞼が重いと感じる場合は、眼瞼下垂が生じている可能性があります。

本記事では瞼が重い原因の中でも、眼瞼下垂にフォーカスして解説します。

日頃から瞼が重いと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、頑健課手術で瞼が重いと悩んでいる人のお悩みを解決します。
切開する術式・切開しない術式のうち、症状にあわせて適切な治療を提案します。
経験豊富な医師が誠意をもって担当するため、ぜひお気軽にお越しください。

瞼が重い原因とは?


瞼が重い原因は、大きく以下の2つに分かれます。

  • 睡眠不足や体調不良から来るむくみなどの一時的な症状
  • 体調が万全でも瞼の重みが消えない慢性的な症状

前者は、体調を整えれば瞼の重さが改善します。

しかし、後者の場合は眼瞼下垂の可能性があります。

眼瞼下垂とは、力を入れても瞼が十分に上げられなくなる症状です。

通常、人間は全力で瞼を引き上げると、黒目の上にわずかな白目が見えるまで目を見開けます。

しかし眼瞼下垂の場合はどんなに力を入れても、黒目しか見えなかったり、黒目さえも瞼に隠れてしまったりします。

眼瞼下垂になる理由

眼瞼下垂になる理由は、以下の通りです。

  • 先天性の眼瞼下垂である
  • 後天的に腱膜が伸びたり薄くなったりして瞼を上げる筋力が弱い

眼瞼下垂には、先天性の理由も後天性の理由もあります。

特に加齢は眼瞼下垂の発症に影響するため、ある程度の年齢になって眼瞼下垂になるケースは多いです。

先天性の眼瞼下垂である

世の中には、先天性の眼瞼下垂である人も少なくありません。

生まれつきの筋力や腱膜などが原因で、思うように瞼が上げられないのです。

程度が酷く生活に支障がある場合や、機能的な問題はなくとも精神的なストレスに結びつく場合は、眼瞼下垂手術で改善を図るケースが多いです。

ただし、ごく軽度であれば気にしないという人もいます。

腱膜が伸びたり薄くなったりしている

腱膜が伸びたり薄くなったりしている場合も、眼瞼下垂になってしまいます。

腱膜とは、瞼を上げる筋肉(眼瞼挙筋)の中でも瞼板に繋がっている部分です。

腱膜が伸びると、筋肉が収縮しても十分な短さにならず、結果的に瞼の上がり具合が低下してしまいます。

腱膜は加齢によって伸びたり薄くなり結果的に瞼を上げる筋力が弱まるため眼瞼下垂となります。

コンタクトレンズの付け外しやメイクで上瞼を日常的に引っ張ることでも同じ症状が出てしまいます。

該当する人は、日頃から注意が必要です。

眼瞼下垂手術の方法

眼瞼下垂手術の方法は、以下の2つのどちらかになります。

  • まぶたを切開する手術
  • まぶたを切開しない手術

どちらにもそれぞれ、メリットとデメリットがあります。

クリニックの診断を受け、自分に適した方を選んで施術を受けてください。

まぶたを切開する手術を受ける

まぶたを切開する手術では、まぶたの表面を切開し、腱膜を短くして眼瞼下垂改善を図ります。

メスで皮膚を切開するため、比較的傷が大きくダウンタイム中は傷跡が目立ちやすいです。

また、体への負担も切開しない方法に比べて大きく、ダウンタイム期間も4週間ほどとやや長い傾向にあります。

一方で、切開しない方法よりも高い効果が期待できます。

また、重度の眼瞼下垂の人でも対応できるため、症状が重い人は切開する方法が適しています。

まぶたを切開しない手術を受ける

まぶたを切開しない手術では、まぶたの裏側から糸で腱膜にアプローチします。

腱膜は縫合されて短くなるため、眼瞼下垂の改善が期待できます。

表面に大きな傷がつかないうえに、体への負担が軽く、ダウンタイムも2週間程度と短くいのが特徴です。

見た目にも傷がつかないため、元通りの生活に早く復帰できます。

ただし、重度の眼瞼下垂の場合は、満足いく効果が得られないケースがあります。

症状が比較的軽めの人向けだと言えるでしょう。

眼瞼下垂手術の経過

ここでは、眼瞼下垂手術の経過について解説します。

  • まぶたを切開する手術の経過
  • まぶたを切開しない手術の経過

同じ眼瞼下垂手術でも、切開する場合としない場合とで、経過は大きく変わります

自分が受ける方の手術の経過をきちんと知っておきましょう。

Webサイトなどに症例が掲載されている場合、自分と同様の施術を受けた人の症例を見るのもおすすめです。

まぶたを切開する手術の経過

まぶたを切開する手術のダウンタイムは、4週間程度です。

ダウンタイム中は、腫れ・赤み・内出血のほか、まぶた表面に傷ができます。

赤みは治るまで1週間程度、内出血は酷い場合2週間程度かかります。

腫れに関しては、人によっては4週間以上症状が続く場合もあります。

傷が完全に落ち着くまでには数ヶ月かかります。

ただし、4週間経つ頃には気にならない程度まで回復しているケースが多いです。

まぶたを切開しない手術の経過

まぶたを切開しない手術の場合、ダウンタイムは比較的短く、2週間程度になります。

傷は表面につかず、大きさも小さいため回復が早いです。

そのため、腫れ・赤み・内出血などの症状は2週間の間に治まるケースがほとんどです。

まぶた表面に傷がつかないため、内出血などをメイクで上から隠せる点も、切開しない術式のメリットです。

瞼が重いとお悩みの方はアリエル美容クリニック大宮院にご相談ください

瞼が重いとお悩みの方は、アリエル美容クリニック大宮院にご相談ください。

当クリニックは瞼が重いという悩みに対し、眼瞼下垂手術を含むさまざまな治療法を検討して、その人にとって最善の結果になるよう全力を尽くします

いきなり治療を決定する必要はありません。

まずはカウンセリングにお越しいただき、じっくりお悩みをお聞かせください。

【まとめ】瞼が重い眼瞼下垂は手術で改善できる


瞼が重い眼瞼下垂は、手術で改善できます。

お悩みの方は、ぜひ美容医療の利用をご検討ください。

残念ながら、眼瞼下垂をセルフケアで改善することはほぼできず、放っておいて治るものではありません

そのため、瞼が重いと悩んでいる方は、早めに美容クリニックへ足を運ぶのがおすすめです。

手術を受けるか迷っている場合は、カウンセリングでより詳しい話を聞いたり、実際に手術を受けた人の症例・口コミを見たりして、不安を払拭すると良いでしょう。