アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

眼瞼下垂手術はまぶたが厚い人でも受けられる?原因も解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「眼瞼下垂はまぶたが厚いのが原因なの?」「まぶたが厚いせいで眼瞼下垂を治療できないかも…」と感じている人もいるでしょう。

結論、まぶたが厚いことと眼瞼下垂には、ほとんど関係がありません。

本記事では、眼瞼下垂とまぶたの厚みについて解説します。

参考にして、今後の行動を決める助けにしてください。

眼瞼下垂とは?


眼瞼下垂とは、瞼が自力で思うように持ち上がらなくなる症状です。

重度になるほど、持ち上がりにくくなります。

セルフチェックとして、力を入れて上瞼を限界まで持ち上げる方法があります。

黒目の上にわずかに白目が見えれば正常です。

もし白目が見えなければ、軽度の眼瞼下垂の疑いがあります。

黒目も全部見えないほどになると、中度~重度の症状です。

眼瞼下垂になると、残念ですがセルフケアではほぼ改善が見込めません。

改善したい場合は、美容医療を利用すると良いでしょう。

眼瞼下垂になる原因について

眼瞼下垂になる原因は、先天性のものと後天性のものに分かれます。

後天性の場合、主な原因は以下の通りです。

  • 加齢
  • PCの使い過ぎなどによる目の酷使
  • コンタクトレンズやメイクなどによる上瞼の引っ張り過ぎ

上瞼は、眼瞼挙筋という筋肉が動くことで閉じたり開いたりしています。

そのため、目の酷使によって筋力が低下したり、瞼の引っ張り過ぎによって筋肉が伸びてしまったりすると、後天的な眼瞼下垂を招いてしまうのです。

また、加齢は筋力の低下に対しても、筋肉の伸びに対しても大きな原因になっています。

眼瞼下垂とまぶたの厚みの関係

眼瞼下垂とまぶたの厚みの関係について、以下の点を解説していきます。

  • まぶたが厚い人でも眼瞼下垂改善手術は受けられる
  • 眼瞼下垂とまぶたが厚いことによるたるみは別の症状である
  • 眼瞼下垂改善とまぶたが厚いことの改善はそれぞれ別の手術になる
  • 眼瞼下垂改善手術後は一時的にまぶたが腫れて厚くなる

前述した通り、眼瞼下垂とまぶたが厚いことについては、ほぼ関係がありません。

そのため、現在まぶたが厚い人でも過剰に心配する必要はありません

まぶたが厚い人でも眼瞼下垂改善手術は受けられる

まぶたが厚い人でも、眼瞼下垂手術は問題なく受けられます。

眼瞼下垂手術は、切開する術式と切開しない術式の2つがあります。

切開する術式はまぶたにメスを入れて腱膜を短くする手術ですが、まぶたが厚いからといって手術に影響は出ません。

一方で切開しない術式は、まぶたの裏から腱膜にアプローチし、糸で縫合して短くする手術です。

こちらに関しても、まぶたの裏から手術するため、まぶたそのものの厚みには関係がありません。

まぶたが厚いからといって、眼瞼下垂手術を断られるようなことはないため、ご安心ください。

眼瞼下垂とまぶたが厚いことによるたるみは別の症状

眼瞼下垂と、まぶたが厚いことによるたるみは別の症状です。

眼瞼下垂とは、まぶたが十分に持ち上がらない症状です。

そのため、仮にまぶたにたるみがあったとしても、まぶたの縁が黒目の上まで持ち上がるのであれば、眼瞼下垂とは言えません。

また、まぶたが厚いからといって、その重みで眼瞼下垂になることもありません。

まぶたが厚かったとしても、通常は眼瞼下垂を起こすほどの影響はないため、眼瞼下垂を心配する必要はないでしょう。

眼瞼下垂の改善とまぶたの厚みの改善は治療法が異なる

眼瞼下垂改善と、まぶたが厚いことの改善はそれぞれ別の治療法になります。

眼瞼下垂の手術をしたからといって、まぶたの厚みは改善されません。

まぶたの厚みを改善する施術を併用し、同時に行うことは可能ですが、あくまで別物です。

両方の悩みを、1つの施術で一挙に解決することはできません

そのため、眼瞼下垂とまぶたの厚み双方に悩んでいる場合は、カウンセリングの場合に両方を改善したい旨をきちんと伝えて、受ける施術を決定しましょう。

眼瞼下垂手術後は一時的にまぶたが腫れて厚くなる

眼瞼下垂手術後は、一時的にまぶたが腫れて厚くなります。

ただしこれは一時的なものであり、徐々に引いて元に戻ります

切開する手術の場合、まぶたの腫れは治まるまで4週間ほどかかります。

個人差があるため、人によっては4週間以上かかるケースもありますが、状態が改善に向かっていれば問題ありません。

そのまま焦らず、治りを待ちましょう。

切開しない手術の場合は、腫れも比較的軽く、2週間程度で落ち着くケースが多いです。

ただし、一時的にまぶたが厚くなってしまう点は変わりません。

まぶたの厚みやたるみ改善には脂肪除去や皮膚切除が必要

まぶたの厚みやたるみの改善には、脂肪除去や皮膚切除が必要です。

繰り返しになりますが、眼瞼下垂手術では、まぶたの厚みやたるみに対して改善が期待できません。

まぶたが厚い点が気になる場合は、まぶたに対する脂肪除去で対応します。

一方でまぶたがたるんでしまっており、まぶたの縁を超えて垂れさがってしまっている場合は、まぶたの皮膚切除が必要なケースもあります。

具体的にどの方法が適しているかを判断するためには、クリニックの診断が必要です。

まずはカウンセリングで状態を診てもらいましょう。

【参考】まぶたの厚みは二重整形に影響するケースがある

まぶたの厚みは、二重整形に影響するケースがあります。

具体的には、埋没法で二重整形を行う場合です。

埋没法の二重整形では、上瞼を糸で縫い留め二重のラインを作ります。

そのため、まぶたが厚いと糸への反発が強くなり、施術の難易度や糸の持ちに影響を与えるケースがあります。

ただし、施術が行えないわけではありません

まぶたが厚い人でも埋没法は受けられるため、ぜひカウンセリングでご相談ください。

眼瞼下垂に悩んでいる方はアリエル美容クリニック大宮院にお越しください

眼瞼下垂に悩んでいる方は、アリエル美容クリニック大宮院にお越しください。

当クリニックでは、眼瞼下垂を改善する手術を行っています。

また、眼瞼下垂ではなく、瞼が厚いことが悩みという人にも、治療を提案できます。

まずはカウンセリングだけでも構いません。

実際の様子を見て初めてわかること、提案できることは沢山あります。

悩みをじっくり相談し、一緒に理想の目元を目指しましょう。

【まとめ】眼瞼下垂手術はまぶたが厚い人でも受けられる


眼瞼下垂手術は、まぶたが厚い人でも受けられます。

眼瞼下垂に悩まれている場合は、まぶたの厚みを気にせず、お気軽にご相談ください。

また、まぶたが厚いからと言って、眼瞼下垂のリスクが増大するわけでもありません。

眼瞼下垂が心配な人はまぶたの厚みよりも、目の酷使や、まぶたの引っ張り過ぎに注意しましょう。

特にコンタクトレンズを常用している人や、メイク時に目を引っ張りがちな方は注意が必要です。