アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

眼瞼下垂失敗のパターンは?リスク低減の方法も解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

眼瞼下垂失敗のケースがあると聞き、不安になっていませんか?

残念ながら眼瞼下垂を改善しようと手術して、結果的に失敗となるケースは現実に存在しますが、失敗例やリスク回避の方法を知ることで、満足いく目元になる確率を上げられます。

本記事では、眼瞼下垂失敗の例やリスク回避方法について解説します。

参考にして、失敗の可能性を低減させてください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、眼瞼下垂の改善手術を実施しています。
失敗リスクを抑えるために慎重に手術を行うため、成功させたい人はぜひご来院ください。
経験豊富な医師が責任を持って対応いたします。

眼瞼下垂とは?


眼瞼下垂とは、眼瞼(まぶた)が下がってしまう症状のことを指します。

目が小さく見えたり視野が狭くなったりといった弊害が生じるため、美容クリニックで施術を受けて改善を試みる人が多いです。

眼瞼下垂になると、目を開くために無意識下でおでこの筋肉を酷使してしまう人もおり、シワにもつながります。

また、なかには眉毛の位置が上がったように感じる人もいます。

美容クリニックによってさまざまな方法の手術が実施されているため、自分に合う方法で治療することが大切です。

眼瞼下垂の原因

そもそも、なぜ眼瞼下垂になるのか気になる人も多いでしょう。

ここでは、眼瞼下垂にいたる原因を紹介します。

  • 先天性の眼瞼下垂である
  • 後天的に眼瞼挙筋が伸びている

先天性の眼瞼下垂である

生まれつき「眼瞼挙筋」という、目を開けるときに使う筋肉の働きが弱いケースです。

先天性の眼瞼下垂の場合、片目にだけ症状が発生するケースもあります。

後天的に眼瞼挙筋が伸びている

加齢・妊娠などの影響で、瞼を上げるのに使う筋力が衰えてしまい、眼瞼下垂に至ることもあります。

また、コンタクトレンズを着用していることにより、瞼を引っ張る機会が多い人も、上目瞼挙筋の働きが弱まり眼瞼下垂になる場合があります。

「昔は気にならなかったのに歳を重ねるにつれてまぶたを開けにくくなった」といった場合、後天性なものだと考えられるでしょう。

ただし、年齢を重ねた人やコンタクトレンズを日常的に使っている人が全員眼瞼下垂になるとは限らず、個人差があります。

眼瞼下垂失敗のパターン

眼瞼下垂を改善するために手術を受けたい人は、どのような失敗リスクがあるかあらかじめ理解しておきましょう

  • 左右差が生じる
  • 複数の二重ラインが生成された
  • びっくりしたような目になる
  • 効果が見られない
  • まぶたが閉じない
  • 腫れが引かない
  • 三白眼になってしまった

上記の失敗パターンを回避するためには、医師やクリニックを慎重に選ぶ必要があります。

具体的な方法については、後ほど詳しく解説します。

左右差が生じる

手術中に左右差をしっかり確認してもらえず、バランスの悪い仕上がりになってしまうケースです。

もともと人間の目は左右非対称ではありますが、左右差が著しいと審美性に書けてしまいます。

全体のバランスを考慮しながら丁寧に手術をしてくれる医師を頼りましょう。

また、手術が終わってから半年以上が経過しても左右差が気になる場合、再手術を検討するのも手段のひとつです。

複数の二重ラインが生成された

二重まぶたの人が眼瞼下垂の手術を受ける場合、もともとの二重ラインのバランスが損なわれ、三重・四重になる恐れがあります。

まぶたの脂肪や皮膚の状態を考慮して慎重に手術を行えば回避できるケースが多いため、スキルのある医師を頼ればリスクを抑えられます

びっくりしたような目になる

眼瞼下垂改善のための手術を受けたことで、白目の露出量が増え、びっくりしたような目になってしまうこともあります。

時間の経過とともに落ち着いてくる場合が多いですが、半年を目安に様子を見て、改善されない場合は再度医師に相談すると良いでしょう。

効果が見られない

手術を受けたにも関わらず、目の開き具合が改善されなかった、と感じる人もいます。

眼瞼下垂の手術は、原因を明確にしたうえで実施する必要がありますが、医師の予想が外れていると効果を実感できないこともあるのです。

丁寧なカウンセリングで原因を明らかにしてくれる医師を見極める必要があります。

まぶたが閉じない

まぶたが上がり過ぎてしまい、目を閉じにくくなってしまう失敗例です。

就寝時に目が少し開いてしまい、ドライアイが引き起こされたり、目やにが増えてしまったりすることもあります。

腫れが引かない

眼瞼下垂の手術を受けたあとは、一定期間腫れが生じるものです。

通常はダウンタイム期間が終われば腫れもおさまっていきますが、なかには時間が経っても腫れが残り続けることも。

手術中の出血が多すぎたことが、原因として考えられます。

切開範囲や麻酔を工夫している美容クリニックであれば、腫れが残りにくいと言えます。

三白眼になってしまった

黒目の面積が小さく、かつ白目の面積が大きい目元のことを、三白眼と言います。

稀ではありますが、眼瞼下垂の手術を受けたことで三白眼になってしまうケースがあります。

主な原因は、一部分のまぶただけが吊り上がりすぎてしまうことです。

美しい仕上がりになるよう微調整してくれる医師を見つけ出すことで、三白眼になるリスクを抑えられます。

クリニック選びを慎重に行うことで眼瞼下垂失敗のリスクが低減できる

先述したとおり、眼瞼下垂失敗を避けるためには、慎重にクリニック選びを行う必要があります。

公式サイトで症例をチェックするのはもちろん、SNSや口コミサイトなどを確認して良い評判の多いところを選ぶのも大切です。

公式サイトの情報と実態が異なるケースも想定されるため、リアルな意見を調べておきましょう

また、カウンセリング時の対応で医師・クリニックの質を見極めることもできます

丁寧なヒアリングや説明を実施してくれるようであれば、手術スキルも高いと考えられるでしょう。

アリエル美容クリニック大宮院で眼瞼下垂失敗のリスクを減らそう

アリエル美容クリニック大宮院では、切開式眼瞼下垂・たるみ取り併用切開式眼瞼下垂の手術を承っています。

施術後に何度でも無料で診察を行い、患者様にご納得いただけるまで寄り添うため、失敗リスクが不安な人でも安心です。

大手美容クリニックで勤務していたこともある、ベテラン医師が手術を担当するので、高い満足感を得られるでしょう。

カウンセリングは無料で行っているので、ぜひお気軽にご来院ください。

【まとめ】眼瞼下垂失敗のリスクはクリニック選びで決まる


目の開き具合を改善できる眼瞼下垂の手術ですが、依頼する医師によっては失敗リスクが伴います。

具体的には、アンバランスな仕上がりになってしまったり、思うように効果が得られなかったりといった失敗パターンが想定されます。

眼瞼下垂の原因には先天性・後天性のものがあり、原因を的確に見極めることも大切です。

ぜひ、本記事の内容を参考にして、眼瞼下垂改善の手術を成功に導いてください。