アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

眼瞼下垂と二重整形は別物!ちがいや気をつけるポイントを紹介

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

二重整形とは、理想の二重幅を形成して目を大きく見せるといった、美容効果を目的として行われる施術を指します。

一方で、眼瞼下垂は目の開きをよくするために行う施術です。

この2つの違いがよくわからず、詳しく知りたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、眼瞼下垂と二重整形のちがいについて詳しく解説します。

眼瞼下垂治療を受けるうえで気をつけたいポイントも紹介しているので、目元に悩みを抱えている方はぜひ参考にしてください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、眼瞼下垂治療と二重整形の両方を実施しています。
それぞれの違いに関する説明やおすすめの施術の提案も行いますので、不安を抱いている方もぜひお気軽にカウンセリングへお越しください。

眼瞼下垂とは?


眼瞼下垂とは、まぶたが下がってしまい、視界が悪くなってしまう症状を指します。

視界が悪くなる他にも、見た目に悪影響が出たり、頭痛や肩こりを引き起こしたりすることも。

まぶたが下がってしまう原因は、主に後天的要因である加齢によるものが多いです。

また、コンタクトレンズを装着する際にまぶたを引っ張り過ぎて眼瞼下垂に至ることもあります。

「眼瞼下垂かも」と悩んでいる方は、下記の項目に当てはまるか確認してみましょう。

  • 目を開けづらい
  • まぶたが重く感じる
  • 上方の視界が悪い
  • 額の横ジワが増えた
  • コンタクトレンズを長年使用している

眼瞼下垂は、まぶたを開ける筋肉が衰えているため、額の筋肉で目を開こうとします。

その結果、額の横ジワが増える人も少なくありません。

上記の項目に多く当てはまる方は、一度クリニックを受診することをおすすめします。

眼瞼下垂治療について

眼瞼下垂治療には、主に切らない方式と切る方式があります。

それぞれ適したまぶたの状態やリスクなどが異なるため、自分に合った術式を医師に提案してもらいましょう。

  • 施術方法
  • 副作用やリスク

ここからは、上記の2つに分けて眼瞼下垂治療について詳しく解説していきます。

施術方法

切開による眼瞼下垂治療は、まぶたを切開し、伸びている腱膜を短くするよう切開・縫合を行います。

眼瞼下垂は、腱膜が伸び切ってしまうことで目の開けづらさが生じます。

そのため、腱膜を短くすることで、眼瞼挙筋によって目を開けやすくなるのです。

一方で切開をしない眼瞼下垂治療は、上まぶたの裏から糸をかけ、腱膜が短くなるよう縫い縮めて瞼板に留めます。

まぶた表面に傷がつかず腫れも少ないため、周囲に施術を知られるリスクが低いのが特徴です。

副作用やリスク

切開による眼瞼下垂治療を受けたあとには、腫れや内出血、傷などの症状が4週間程度続きます。

なかには、腫れが4週間以上続く可能性もありますが、時間経過とともに徐々に落ち着いていきます。

ダウンタイム中は、洗顔やメイク、コンタクトレンズなどは控え、再開するタイミングはクリニックの指示に従いましょう

切らない方式は、切開方式に比べるとダウンタイムが短い傾向があります。

しかし、時間の経過とともに糸が緩んだり、切れたりすることで再度眼瞼下垂を発症する可能性があります。

長期的な効果を得たい方には、切開による眼瞼下垂治療がおすすめです。

眼瞼下垂治療と二重整形のちがい

眼瞼下垂治療と二重整形は、まぶたに関する施術のため、似たような印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際は別物の施術です。

主に眼瞼下垂治療と二重整形のちがいは、下記があげられます。

  • 施術方法
  • 健康保険適用の可否

もし眼瞼下垂治療と二重整形に悩んでいる方がいたら、事前に詳しく理解しておきましょう。

施術方法

眼瞼下垂治療と二重整形の大きなちがいとして、施術方法があげられます。

二重整形は、単に二重を形成する術式です。

シミュレーション時に二重にするだけで理想のお目元になる方は二重整形のみでも問題ありません。

一方で、眼瞼下垂治療は、二重を作るのと同時に、視界不良を改善するために、目が開きやすくなるよう、腱膜を切開・縫合を行います。

二重のシミュレーションをしても何となく黒目に瞼がかかり眠そうに見えるなど、目の開きが悪く感じる方は眼瞼下垂治療を併用します。

健康保険適用の可否

二重整形は、単に審美性を高めるのが目的のため、健康保険は適用されません。

しかし、眼瞼下垂は上方の視界が悪くなったり、肩こりや頭痛などの症状を引き起こしたりなどを改善するのが目的です。

そのため、医師が重度の眼瞼下垂と判断した場合は、健康保険が適用されます。

ただし、目の開きやすさを改善し肩こりや頭痛などの随伴症状を改善することが目的のため、デザインや施術方法の指定はできません。

そのため、理想の二重や目の開き方にこだわる方は、自費診療にはなりますが美容クリニックで治療を受けることをおすすめします。

眼瞼下垂を受けるうえで気をつけるポイント

眼瞼下垂治療は、多くの眼科やクリニックなどで受けられます。

しかし、クリニック選びなどを怠ってしまうと不自然になったり、思うような効果を得られなかったりします

そのようなリスクを防ぐためにも、下記のポイントを理解しておきましょう。

  • 実績や症例が豊富なスキルの高い医師のもとで受ける
  • 丁寧なカウンセリングをしてくれるクリニックで受ける
  • 審美性の高い二重になれない可能性があることを理解しておく

ここからは、上記のポイントについて詳しく解説していきます。

実績や症例が豊富なスキルの高い医師のもとで受ける

眼瞼下垂治療を受ける際は、実績や症例が豊富なクリニックや医師のもとで受けましょう。

実績が豊富な医師は、多くの症例を経験しており、スキルが高い傾向があります。

さらに症例経験をもとに、症状に合った術式やデザインを提案してもらえます。

なかには、実績や症例を確認せず、安さだけでクリニックを選んでしまう人も少なくありません。

安さに惹かれてしまった結果、医師のスキルが低く失敗してしまったといったケースもあるため、医師選びは慎重に行いましょう。

丁寧なカウンセリングをしてくれるクリニックで受ける

自由診療の眼瞼下垂治療は、理想の二重幅やデザインを選択できます。

そのため、カウンセリングの際にしっかりとイメージを伝えなくてはなりません。

もし「カウンセリングできちんと話を聞いてもらえない」などの不信感を抱いた場合は、失敗リスクを軽減するためにも別のクリニックを検討したほうが良いでしょう。

審美性の高い二重になれない可能性があることを理解しておく

保険適用の眼瞼下垂治療は、症状を改善することが目的です。

そのため、審美性の高い二重になれない可能性があることを理解しておきましょう。

眼瞼下垂を改善するならアリエル美容クリニック大宮院へ

眼瞼下垂を改善したい方は、アリエル美容クリニック大宮院へお越しください。

当院には、多くの症例経験を積んだ医師が在籍しています。

理想のまぶたを丁寧にシミュレーションをし、眼瞼下垂の症状を改善しながらも審美性の高い目元を再現します。

二重整形も実施していますので、興味のある方はぜひ一度カウンセリングにお越しください。

スタッフ一同お待ちしております。

【まとめ】眼瞼下垂治療を受ける前に二重整形とのちがいを知っておこう


眼瞼下垂治療は、あくまでも目を開きやすくさせる施術です。

そのため、審美性の高い目元を目指している方は、保険適用ではなく、自由診療で施術を受けることをおすすめします。

信頼できる医師を見つけ、理想の目元を目指しましょう。