アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ピコトーニングは肝斑で改善できるって本当?注意点についても紹介

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「肝斑を改善したい」「ピコトーニングなら肝斑治療ができるって本当?」

このように悩んでいる方におすすめなのが、ピコトーニングです。

これまでは、肝斑に対してレーザーで治療がすることは禁忌とされていましたが、ピコトーニングであれば改善を目指せます。

本記事では、ピコトーニングで肝斑を改善できる仕組みについて詳しく解説します。

ピコトーニングを受けるうえで知っておきたいポイントも紹介しているので、肝斑に悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、肝斑に悩んでいる人に向けて、ピコトーニングの施術を実施しています。
くすみ・薄いシミ・開き毛穴などにも効果が期待できるため、お肌に関する悩みを抱えている方はぜひお気軽にカウンセリングへお越しください。

ピコトーニングとは?


ピコトーニングとは、ピコレーザーに搭載されているモードの1つです。

ピコレーザーには、ピコフラクショナルやピコスポットなど複数のモードが備わっており、それぞれ期待できる効果が異なります。

ピコトーニングは、出力の低いレーザーをシャワーのように照射し、徐々にメラニン色素を減らしていく施術です。

多くの方がイメージするシミ取りレーザーのような高出力レーザーは使用しないため、痛みが少ない傾向があります。

また肌へのダメージが少ないことから、ダウンタイムもほとんどありません。

チクチク感やほてりを覚える人もいますが一時的な症状のため、しばらくすると気にならなくなります。

患部に保護テープや軟膏を塗る必要もないため、手軽に受けやすいレーザー治療のひとつです。

ピコトーニングは肝斑の改善に効果を期待できる

ピコトーニングは、肝斑の改善を期待できます。

肝斑は、従来のレーザー治療は禁忌とされていました。

しかし、ピコトーニングは出力が低いため、肝斑に刺激を与えずにメラニン色素を分解できます。

現在受けられるピコトーニング以外の肝斑治療は、トラネキサム酸やビタミンCの内服薬が主流です。

内服薬で効果を実感できなかった方は、ピコトーニングの併用を検討してみてはいかがでしょうか。

肝斑以外に期待できるピコトーニングの効果

ピコトーニングは、肝斑治療以外にも効果を期待できます。

主に期待できる効果は、下記があげられます。

  • くすみや薄いシミの改善
  • 赤ら顔の改善
  • 毛穴の開き改善

このように多くの方が抱える肌悩みの改善を目指せるのがピコトーニングの特徴です。

それぞれについて詳しく解説していきます。

くすみや薄いシミの改善

ピコトーニングは、くすみや薄いシミの改善を期待できます。

数回に分けて施術を受けることで、徐々にメラニン色素が分解されて、肌のトーンがアップします。

ただし、シミの濃さによってはピコトーニングではなく、ピコスポットが適しているケースもあります。

ピコトーニングは、顔全体に薄いシミが広がっている場合やくすみを改善したい方におすすめです。

一部の濃いシミを改善したい方は、ピコスポットなど高出力のレーザーを用いた施術を検討しましょう。

赤ら顔の改善

赤ら顔に悩んでいる方は、ピコトーニングで改善できる可能性があります。

赤ら顔の原因は、主に毛細血管の膨張です。

ピコトーニングのレーザーには、広がった毛細血管を収縮させる作用があるのです。

そのため、複数回施術を受けることで毛細血管が正常に戻り、赤ら顔の改善を期待できます。

また赤ら顔の改善を希望する場合は、他の施術が適している可能性もあります。

詳しくは、カウンセリングの際にご相談ください。

毛穴の開き改善

ピコトーニングに用いるレーザーは、真皮層にある皮脂腺を引き締め、皮脂の分泌を抑える効果を期待できます。

施術を数回繰り返すことで皮脂腺が引き締まり、毛穴の開きが目立たなくなります。

肝斑の治療をしながら毛穴トラブルを改善できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

ピコトーニングを受けるうえで知っておきたいポイント

ピコトーニングは、ダウンタイムや施術時間が短いため、手軽に受けやすい施術です。

しかし、知識不足のまま施術を受けると、術後に思わぬ肌トラブルなどを起こしかねません

ピコトーニングを受ける際は、下記のポイントについて理解しておきましょう。

  • 術後は紫外線対策を入念に行う必要がある
  • 保湿ケアを行う
  • 治療を受けられない人もいる

それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

術後は紫外線対策を入念に行う必要がある

術後は、肌が紫外線や摩擦などの刺激を受けやすい状態です。

紫外線対策をせずに日光を浴びてしまうと、かえってシミが濃くなったり、白斑が生じたりする可能性があります。

そのため、ダウンタイム中は日焼け止めや日傘、帽子などの紫外線対策を入念に行いましょう。

室内にいる場合でも紫外線の影響を受ける可能性があるため、注意してください。

保湿ケアを行う

ピコトーニング後に肌が乾燥してしまうと、炎症を起こしたり、ターンオーバーが乱れてメラニンの排出を阻害したりする恐れがあります。

乾燥を防ぐためにも、アルコールなどの刺激が強い成分が含まれていないアイテムを選んで保湿を行いましょう

また摩擦も肌への刺激になるため、できるだけ優しく行うことが大切です。

治療を受けられない方もいる

下記に当てはまる方は、ピコトーニングを受けられません。

  • 妊娠中の方
  • 施術部位に傷がある方
  • 日焼けをしている人
  • 持病(光過敏症・てんかん・ケロイド体質)がある方

ほかにも持病や気になる点がある場合は、カウンセリングの際に相談しておきましょう。

また上記に当てはまる方は、内服薬による肝斑治療がおすすめです。

ピコトーニングを受けたい方はアリエル美容クリニック大宮院へ

ピコトーニングで肝斑治療を検討している方は、アリエル美容クリニック大宮院へお越しください。

当院には、美肌治療をはじめとした様々な症例経験を持ったスキルの高い医師が在籍しています。

なかには、肝斑だと思っていた症状が老人性色素斑といったケースもあります。

症状に合った治療を見つけるには、医師の正しい判断が大切です。

当院では、1人ひとりの症状や肌質に合った治療を、オーダーメイドで提案します。

また当院では、ピコトーニング(全顔)に初回限定価格を設けています。

回数パックもご用意しているので、お得に施術を継続したい方にもおすすめです。

当院で肝斑治療を検討している方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

医師から施術や副作用などについて詳しくお伝えいたします。

【まとめ】ピコトーニングで肝斑を改善しよう!


肝斑に悩んでいる方は、ピコトーニングによる治療がおすすめです。

ピコトーニングは、複数回の治療が必要になりますが、ダウンタイムがほとんどないうえに、肌質改善も期待できます。

またより高い効果を目指したい方は、内服薬の併用も検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくは、カウンセリングの際にご相談ください。

ピコトーニングで肝斑を改善し、理想の肌を目指しましょう。