アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

フラクショナルレーザーのダウンタイムの様子は?症状や期間を解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「フラクショナルレーザーのダウンタイムの様子は?」と疑問に思っていませんか?施術を検討すると、施術後の流れを具体的に知りたくなるのは自然なことです。

本記事では、フラクショナルレーザーのダウンタイムについて解説します。

参考にして、施術後の過ごし方を思い描けるようになってください。

鈴木院長

フラクショナルレーザーのダウンタイムは、症状・期間ともに従来のレーザー系メニューより軽めになっています。
ただしダウンタイム自体はあるため、事前に知識を得ておくのが大切です。

フラクショナルレーザーとは?


フラクショナルレーザーとは、ピコレーザーの照射方法の1種です。

ピコフラクショナルとも呼ばれており、他の照射方法として「ピコスポット」「ピコトーニング」があります。

フラクショナルレーザーは肌に微細な穴を空け、肌の深層を刺激し、活性化を促します。

結果として、ニキビやニキビ跡、クレーター、毛穴の開きなどに改善が見込めるのです。

従来のレーザーよりも肌へのダメージが少なく、施術時の痛みも軽減できる点が魅力であり、高い人気があります。

フラクショナルレーザーのダウンタイムについて

フラクショナルレーザーのダウンタイムについて、以下のポイントを解説します。

  • 症状
  • 期間
  • 過ごし方

より細かいことが知りたい場合や、他に疑問がある場合は、カウンセリング時にクリニックに直接尋ねましょう。

症状

フラクショナルレーザーのダウンタイムの症状は、主に以下のとおりです。

  • 赤み
  • 内出血
  • 痛み
  • 肌のざらつき

軽いとはいえ肌には一時的に負荷がかかるため、上記のような症状が表れます。

どの症状も数日程度でひいていくのが一般的ですが、赤みは長引くと1週間程度症状が続くため、注意してください。

また、明らかに肌に異常がある場合は、我慢せずクリニックに相談してください。

期間

フラクショナルレーザーのダウンタイムは、長くても1週間程度です。

数日で施術前の状態まで回復する人も、少なくありません。

ダウンタイムの期間中も、特別なことを行ったり、仕事などを休む必要はありません

基本的には普段通りに過ごせるため、「ダウンタイム中である」ということを意識し過ぎることなく過ごせる場合も多いです。

そのため、生活が忙しく休みを取れない方でも、安心して施術を受けていただけます。

過ごし方

フラクショナルレーザーは、ダウンタイム中でも基本的に普段通り過ごしていただけます。

クリニックから指示が出た場合は従う必要がありますが、体や肌に過度な負担がかからなければ、即日仕事などを行っても構いません。

シャワーやメイクも、翌日には解禁となるケースが多いです。

施術後の患部は赤みや内出血が出る場合もありますが、見た目が気になる場合はマスクや髪などで隠すのがおすすめです。

隠すほどでもないと判断し、そのまま外出する人も少なくありません。

フラクショナルレーザーのダウンタイムを快適にするポイント

フラクショナルレーザーのダウンタイムを快適にするポイントは、以下のとおりです。

  • 患部を冷やす
  • 擦ったりなどの刺激を避ける
  • 紫外線に当てない
  • 飲酒・激しい運動・サウナなどはしばらく避ける
  • 洗顔や保湿などの肌ケアを丁寧に

上記のポイントを守ることで、よりスムーズにダウンタイムを乗り切れます

基本的に難しいことはないため、できる限り意識して実行してみましょう。

患部を冷やす

フラクショナルレーザーのダウンタイム中は、できるだけ患部を冷やしましょう。

特に施術直後は顕著ですが、レーザー系の施術を受けると、肌が熱感を持ちます。

そのため、冷やすことで肌の状態が落ち着き、快適なダウンタイムに繋がります。

なお、冷やす際は冷やし過ぎに注意してください。

保冷材などは肌に直接当てず、清潔なハンカチなどにくるみ、軽く押し当てて冷やすのがポイントです。

また、冷えすぎたなと感じたら保冷剤を外すのも大切です。

擦ったりなどの刺激を避ける

フラクショナルレーザーのダウンタイム中は、患部を擦るなどの刺激を避けてください。

レーザー後の肌は一時的にダメージを負っており、敏感になっています。

そのため、さらに刺激が加わると肌への負担が過剰になってしまい、状態が悪化してしまいます。

洗顔やメイク時なども強い力を加えないようにして、優しいタッチで行ってください。

汗などを拭う時もタオルでゴシゴシと拭くのでなく、ポンポンと軽く叩くようにしましょう。

紫外線に当てない

フラクショナルレーザーの後は、紫外線にも注意しましょう。

レーザー系施術のダウンタイム中は刺激を避けなければなりませんが、擦ったりといった物理的な刺激だけでなく、紫外線なども刺激のうちです。

できるだけ日影に居るように心がけ、外出の際は日焼け止めを利用しましょう。

ダウンタイム中の日焼けは、肌にとって過剰なダメージとなってしまうため、肌質が悪化する可能でもあります。

飲酒・激しい運動・サウナなどはしばらく避ける

飲酒・激しい運動・サウナなどはしばらく避けてください。

施術直後、血流が過度に促進されると、内出血などが悪化するおそれがあります。

また、血流が良くなると毛細血管が膨張するため、腫れや赤みも促進されてしまいます。

フラクショナルレーザーに限らず、一般的に美容医療の施術後、飲酒などの行為はおすすめできません。

上記の行為は体調が元通りになり、クリニックから許可が出てからにしてください。

洗顔や保湿などの肌ケアを丁寧に

フラクショナルレーザーの後であっても、洗顔や保湿などの基礎的な肌ケアは丁寧に行いましょう。

過度な刺激は避けなければいけませんが、感想や不衛生も施術後の肌に良くありません。

肌ケアの際も、患部を擦るようなやり方は極力避け、ソフトタッチで行いましょう。

また、スクラブなど強い刺激となる肌ケアはしばらく控えてください。

フェイシャルマッサージなども施術直後は良くありません。

アリエル美容クリニック大宮院のフラクショナルレーザーで負担の軽い治療を

アリエル美容クリニック大宮院では、フラクショナルレーザーの施術を受け付けています。

レーザーの施術は、カジュアルに受けられる一方で、クリニック側に高い技術力が要求されます。

ひとりひとりの状態に合わせ、当てる部位や出力を微調整し、負担が重くなり過ぎないように調整しつつ施術を進める必要があるためです。

当クリニックでは数々の症例を経験したドクター指導のもと、医療スタッフが強すぎず弱すぎないフラクショナルレーザーでダウンタイムの負担を最小限にします。

【まとめ】フラクショナルレーザーはダウンタイムが軽い


フラクショナルレーザーはダウンタイムが軽く済みます。

まったくないわけではありませんが、症状は軽く期間も短いため、施術終了直後よりほぼ普段通りの生活が送れるメニューです。

体への負担が不安な方や、ダウンタイムがネックで美容医療を躊躇している人にも受けていただきやすい施術です。

ぜひ一度お試しください。