アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ピコレーザーでニキビ跡を改善できる?悪化させないポイントも解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「ニキビが消えたと思ったらニキビ跡が残っていた…」と悩んではいませんか?

ニキビはしばしば、治った後もシミやクレーターなどのニキビ跡を残し、悩みの種になりがちです。

そんな場合は、ピコレーザーでの改善がおすすめです。

本記事では、ピコレーザーとニキビ跡の関係や、ニキビ跡を悪化させないポイントなどを解説します。

参考にして、より美しい素肌を目指してください。

鈴木院長

ニキビ跡は、自然に治るのを待つと年単位の時間がかかるケースもあります。
そのため、ピコレーザーで負担を最小限に抑えつつ改善を目指すのがおすすめです。
中でもピコフラクショナルは、特にニキビ跡改善に適しています。

ピコレーザーとは?


ピコレーザーとは、美容医療においてレーザー治療の1種です。

ピコとはピコ秒(1兆分の1)という意味であり、レーザーの周期を表しています。

従来のレーザーに比べ、施術中の痛みやダウンタイムの負担が軽く済みます。

そのため、「他のレーザーは続けられなかったがピコレーザーは継続できる」という人も少なくありません。

ピコレーザーはニキビ跡改善効果が期待できる

ピコレーザーは、ニキビ跡改善効果が期待できます。

レーザーの刺激で肌が活性化することで、傷の修復やメラニンの排出などが促され、結果としてニキビ跡改善が期待できるのです。

ピコレーザーの中でも、特にピコフラクショナルがニキビ跡改善に適しています。

ピコフラクショナルは肌に微細な穴を空け、深部に作用するため、クレーターなどを改善する肌本来の力を引き出しやすくなります。

ニキビ跡の種類について

ニキビ跡とひとくちに言いますが、以下の3種類があります。

  • 赤み
  • 色素沈着(シミ)
  • クレーター

それぞれ特徴や、適したピコレーザーの照射方法が異なります。

まずは、自分の悩んでいるニキビ跡がどれに該当するのか確認しましょう。

赤み

ニキビ跡が赤みとなって残るのは、炎症後紅斑と呼ばれる現象です。

ニキビが治っていないと誤解されるケースもありますが、れっきとしたニキビ「跡」です。

ニキビのダメージが皮膚組織を壊しており、毛細血管が拡張しているせいで赤く見えます。

赤みの場合は、ピコフラクショナルがおすすめです。

肌の深部に作用し活性化させるため、ダメージの回復を促し、結果として改善が期待できます。

色素沈着(シミ)

ニキビ跡が色素沈着(シミ)となって残るケースもあります。

ニキビの炎症で皮膚内のメラノサイトが反応し、結果としてシミとなり表れているのです。

シミには違いないため、ピコフラクショナルやピコトーニングで肌のターンオーバーを促すと改善が見込めます。

シミが濃い場合はピコスポットを用いても良いでしょう。

クレーター

ニキビ跡はしばしばクレーターとなる場合があります。

炎症が酷い場合に起こりやすく、皮膚組織の奥まで炎症が届いてしまい、皮膚組織がダメージを負っている状態です。

クレーターの場合は、ピコフラクショナルがおすすめです。

ピコフラクショナルであれば、肌の深層まで作用して刺激を与えてくれるため、クレーターに改善が見込めます。

その他ニキビ跡に有効な美容医療メニュー

ニキビ跡に有効なメニューは、ピコレーザーのみというわけではありません。

以下の美容医療も有効であるため、クリニックと相談しながら併用することで、さらに効果的な改善が見込めます。

  • ダーマペン
  • ピーリング

ただし、いずれも受けた後は肌を休ませる必要があるため、クリニックによって指示された間隔は必ず守りましょう。

ダーマペン

ダーマペンは、無数のマイクロニードルを1mm程度肌に刺し、その刺激で肌を活性化させる美容医療です。

マイクロニードルの器具がペン型であるため、ダーマペンと呼ばれます。

刺すだけでも効果が見込めますが、刺した後に美容効果のある薬品などを塗布することで、より高い効果を実感しやすくなります。

大きな傷にはならないため、ダウンタイムも数日と短めです。

当院ではPRX‐T33という薬品を併せて使い、ヴェルヴェットスキンと呼ばれるメニューになります。

ピーリング

ピーリングとは、顔全体に薬品を塗布して、皮膚表面の角質を化学的に除去する美容医療です。

肌に傷が一切つかないため、痛みに弱い人や顔に傷がつくことに抵抗の強い人に、特に人気があります。

新しい皮膚の生成も促すため、ニキビ跡にも効果が期待できます。

ただし、薬品の種類や量には見極めが必要であるため、セルフピーリングはできるだけ避け、クリニックで施術してもらうのがおすすめです。

ニキビ跡を悪化させないポイント

ニキビ跡を悪化させないポイントは、以下の通りです。

  • ニキビの段階から早めの治療を
  • 潰したり触ったりしない
  • 施術後も肌への刺激に注意する

ニキビ跡は、跡になってからではなく、ニキビである段階でのケアが大切です。

現在ニキビが無い人も、今後のために覚えておくのがおすすめです。

ニキビの段階から早めの治療を

ニキビ跡を防ぐためには、ニキビの段階から早めの治療が必要です。

ニキビは時間経過でも治りますが、クリニックや皮膚科を利用し、きちんとケアするとスムーズに治ります。

炎症も防げるため、結果として跡になるほど状態が悪化せず済むのです。

「たかがニキビ」と思わず、しっかりケアしておきましょう。

潰したり触ったりしない

ニキビは、潰したり触ったりしてはいけません。

しばしば、早く治そうと思うあまり潰してしまう人が居ますが、逆効果です。

また、気になるからといって触るのも良くありません

結果として炎症が酷くなり、跡になってしまいます。

ニキビができたら触らないようにし、クリニックにかかってしっかり治しましょう。

施術後も肌への刺激に注意する

ピコレーザーを受けた後も、肌への刺激には注意しましょう。

施術後は、肌が一時的にダメージを負っています。

刺激にも弱くなっているため、ケアを怠ると、かえって肌の状態が悪化してしまいます。

患部が気になったとしても、触るのは止めましょう。

メイクや洗顔などの際に、ごしごし擦るのも良くありません。

また、紫外線にも注意して、日焼け止めなどのケアを怠らないようにしてください。

ニキビ跡にお悩みの方はアリエル美容クリニック大宮院へどうぞ

ニキビ跡にお悩みの方は、アリエル美容クリニック大宮院をどうぞご利用ください。

当クリニックはニキビ跡だけでなく、さまざまな肌悩みに対してじっくりカウンセリングを行い、的確な状態診断と高い技術力でトラブルの改善を目指します。

また、ニキビ跡改善に適しているピコフラクショナルの施術も受け付けています。

まずはカウンセリングだけでも構いません。

スタッフ一同、お越しをお待ちしております。

【まとめ】ニキビ跡改善にはピコレーザーがおすすめ


ニキビ跡改善には、ピコレーザーがおすすめです。

特にピコフラクショナルはニキビ跡改善に適しているため、可能であればピコレーザーの中でも、ピコフラクショナルを選ぶと良いでしょう。

一回だけでは効果が分かりにくいケースもありますが、何度か繰り返すと、効果が実感しやすくなります。

ぜひお試しください。