アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ピコレーザーでシミ取りをするメリットとは?術後経過についても解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

肌へのダメージや炎症後色素沈着のリスクが低いピコレーザーは、幅広い方から人気を集めています。

3つのモードが搭載されており、なかでもピコスポットは濃いシミへの高い効果を期待できるのが特徴です。

本記事では、ピコレーザーによるシミ取りのメリットやデメリットについて紹介します。

薄いシミやくすみに効果を期待できるピコトーニングについても解説しているので、ピコレーザーに興味がある方はぜひ参考にしてください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、シミ取りに効果が期待できるピコレーザーの施術を実施しています。
メリットやデメリットについて丁寧に説明したうえで施術を行うので、不安がある方もぜひお気軽にご来院ください。

ピコレーザーに3種類ある


ピコレーザーとは、熱ではなく衝撃波でメラニン色素を破壊するレーザー機器です。

熱エネルギーを用いていないため、肌へのダメージや施術中の痛みが低減されているのが特徴です。

またピコ秒(1兆分の1秒)と短い時間でエネルギーを照射できるため、効率的かつ効果的に治療を行えます。

ここからは、ピコレーザーに搭載されている3つのモードについて詳しく解説していきます。

ピコスポット

ピコスポットは、高出力レーザーを用いて気になる部分にピンポイントで照射するモードです。

高出力レーザーを用いるため、濃いシミやタトゥーなど色素の濃いターゲットを効率的に除去できます。

シミの症状によって異なりますが、1〜3回程度で効果を期待できます。

またピコスポットは、照射をする際に輪ゴムで弾かれたような痛みが生じます。

痛みは生じるものの衝撃波を用いているため、肌へのダメージは低く周辺組織を傷つける心配はありません。

なお一般的にレーザー治療後は、患部を守るために保護テープや軟膏を塗る必要があります。

しかし、ピコレーザーは熱作用が少ないため、保護テープなどのケアを必要としない場合もございます。(※)

※クリニックや医師の方針によって異なる可能性がある

ピコフラクショナル

ピコフラクショナルとは、ドット状のレーザーを肌深部に照射し、一時的に肌を傷つけることで肌の生まれ変わりを促進するモードです。

肌深部に刺激を与えることで、創傷治癒作用が働き、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されます。

コラーゲンなどが増えることによって、ニキビ跡や毛穴開き、小じわなど様々な肌トラブルの改善に効果を期待できます。

全体的な肌質改善を目指したい方におすすめの施術です。

またピコフラクショナルは、術後に赤みや腫れなどが生じる可能性があるものの、翌日〜数日程度で治まります。

従来のフラクショナルレーザーに比べるとドット状の出血やざらつきなどが大幅に軽減されているのも特徴です。

ピコトーニング

ピコトーニングとは、低出力レーザーをシャワーのように照射するモードです。

くすみや薄いシミなどに効果を期待できます。

また従来のレーザー治療では禁忌とされていた肝斑の改善を目指せるのも特徴です。

低出力のレーザーを用いているため、肝斑を刺激することなく、徐々に色素を破壊できます。

なおピコトーニングは、施術中の痛みやダウンタイムはほとんどありません。

ピコレーザーでシミ取りをするメリット

ピコレーザーでシミ取りをするメリットは、下記があげられます。

  • 肌への負担が少ない
  • ダウンタイムが短い
  • ピコスポットは少ない回数で効果を期待できる

他のレーザー治療と迷っている方は、施術方法を決める際の参考にしてください。

肌への負担が少ない

ピコレーザーは、熱エネルギーではなく、衝撃波を用いてメラニン色素を破壊します。

そのため、従来のレーザー治療よりも肌への負担が少ない傾向があります。

さらにピコレーザーは、衝撃波でメラニン色素を細かく砕くため、少ない回数で効果を期待できるのもメリットだといえます。

ダウンタイムが短い

モードによって症状に差はありますが、全体的にダウンタイムが短い傾向があります。

症状 期間
ピコスポット 赤み・内出血・患部が黒くなる 数日〜2週間程度
ピコフラクショナル 赤み・痛み・出血 数日程度
ピコトーニング レ赤み・かゆみ 当日中

ダウンタイムの期間は肌質や出力レベルなどによって左右されるため、上記は目安として捉えてください。

詳しくダウンタイムについて知りたい方は、カウンセリングの際に確認しましょう。

ピコスポットは少ない回数で効果を期待できる

一般的にシミ取りに利用するピコスポットは、少ない回数で効果を期待できます。

濃いシミであっても3回程度で改善を目指せるため、費用だけでなく通院コストも軽減できます。

ピコレーザーでシミ取りをするデメリット

多くのメリットや特徴があるピコレーザーですが、下記のようなデメリットもあげられます。

  • 料金が高い傾向がある
  • 術後に肌トラブルを起こすリスクがある

術後のミスマッチを防ぐためにも、デメリットについても理解しておきましょう。

料金が高い傾向がある

ピコレーザーは、他のレーザー治療に比べるとやや料金が高い傾向があります。

費用を抑えたい方は、初回限定価格や回数パックを利用するなどの工夫をすると良いでしょう。

術後に肌トラブルを起こすリスクがある

肌へのダメージが抑えられているピコレーザーですが、なかには術後に肌トラブルを起こす可能性があります。

特にレーザー後は、炎症後色素沈着を起こしやすいため、紫外線対策や保湿ケアは入念に行いましょう。

ピコレーザーによるシミ取りの術後経過

一般的にシミ取りに使用されるピコスポットは、術後1週間くらい経過した時点で患部が黒くかさぶたのようになります。

その後、かさぶたが剥がれ落ち、新しいピンク色の皮膚が再生されます。

患部が黒くなるのは、一時的な症状のため、心配する必要はありません。

ただし、かさぶたを無理やり剥がしてしまうと炎症後色素沈着を起こす可能性があるため、触らずに自然な状態になるまで様子をみましょう。

ピコレーザーでシミ取りをするならアリエル美容クリニック大宮院へ

ピコレーザーでシミ取りを検討している方は、アリエル美容クリニック大宮院へお越しください。

当院には、大手美容外科で様々な症例経験を積んだ医師が在籍しており、1人ひとりのシミの状態や肌質に合った施術方法を提案いたします。

また当院は、プライバシーに配慮した完全個室を完備しています。

周囲の目が気になる方でもリラックスした状態でカウンセリングや施術を受けていただけます。

ピコレーザーを検討している方や当院に興味がある方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

医師から効果やリスクなど詳しくお伝えいたします。

【まとめ】ピコレーザーは老人性色素斑や肝斑などシミ改善を期待できる


ピコレーザーによるシミ取りは、老人性色素斑はもちろん、肝斑の改善も期待できます。

シミ取り以外にも、モードによってはニキビ跡やくすみ、毛穴開きなど様々な肌悩みを解決できるため、幅広い方におすすめの施術です。

できるだけ肌へのダメージや痛みを抑えてシミ取りをしたい方は、ピコレーザーを受けてみてはいかがでしょうか。