アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ピコレーザーとピコトーニングとの違いは?その他の種類も解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

「ピコレーザーとピコトーニングってどう違うの?」と疑問に思っていませんか?

ピコレーザーについて調べると、ピコトーニングやピコフラクショナルなど、似た名称のメニューが出て、それぞれの違いがわからないという人は少なくありません。

本記事では、ピコレーザーとピコトーニングの違いからそれぞれの特徴などについて解説します。

参考にして、どの言葉がどういったメニューを指しているのか区別し、特徴を掴めるようにしましょう。

鈴木院長

ピコレーザーは、レーザー施術の1種です。
ピコレーザーは照射方法によってさらに3つの種類に分かれ、その内のひとつがピコトーニングになります。
他にピコスポット・ピコフラクショナルと呼ばれる照射方法があります。

ピコレーザーとは?


ピコレーザーとは、さまざまな種類があるレーザーの中でも、特に周期がピコ秒(1兆分の1秒)の短さになっているレーザーのことです。

従来のレーザーに比べて体への負担が軽く、カジュアルに受けられる点が魅力で、高い人気を博しています。

また、施術中に感じる痛みも軽減されており、麻酔なしでも受けられる方もいます。

ピコレーザーのメリット

ピコレーザーのメリットは、以下のとおりです。

  • 施術時の痛みが軽い
  • 体への負担が小さい
  • 切開に拒否感がある人でも受けられる
  • さまざまなトラブルの同時改善が期待できる

負担や痛みの軽さ、切開が無い点など、肉体的・心理的に施術へのハードルが低い点がピコレーザーの魅力です。

興味のある方は、ぜひ施術を試してみてください。

ピコトーニングとピコレーザーの違い

ピコトーニングは、ピコレーザーの種類の1つです。

ピコレーザーには照射方法が3つあり、その内の1つがピコトーニングなのです。

ピコトーニングは、レーザーをより広く低出力で照射するもので、そばかすなど範囲の広いトラブルに適しています

ピコフラクショナル・ピコスポットについて

ピコレーザーには、ピコトーニング以外にも、以下2つの照射方法があります。

  • ピコフラクショナル
  • ピコスポット

それぞれ、ピコトーニングには無い特徴があります。

しかし、ピコレーザーの1種であることは変わりません。

ピコフラクショナル

ピコフラクショナルとは、レーザーを点状に散りばめるように照射する方法です。

肌に微細な穴を空け、穴を通して深層までレーザーが作用し、刺激を与えて肌を活性化させます。

穴といっても目に見えないほどの小さな穴であるため、施術後に赤みは出ても傷が目立つようなことはありません。

安心してください。

ピコスポット

ピコスポットは、レーザーを集中的に当てる照射方法です。

ほくろなど、トラブルの場所がピンポイントで決まっている場合に、高い効果が見込めます。

一方で、くすみなど顔全体のトラブルに対しては不向きです。

また、効果が比較的高い分、肌へのダメージも比較的強い傾向にあります。

ピコトーニングによって改善が期待できるトラブル

ピコトーニングによって改善が期待できるトラブルは、以下のとおりです。

  • 薄いシミ
  • 肝斑

上記のトラブルにお悩みの方は、ぜひピコトーニングを試してみてください。

薄いシミ・そばかす

ピコトーニングは、薄くて範囲の広いシミの改善に、頻繁に用いられます。

ピコトーニングは広範囲かつ効果が穏やかであるため、改善にそれほど強い刺激を必要としない薄いシミや、広がって分布するそばかすのようなタイプのシミに向いているのです。

顔全体のトーンアップ効果も見込めます。

肝斑

肝斑に対する改善も、ピコトーニングに期待される効果の1つです。

肝斑は改善が難しいシミで、強い出力で改善しようとすると、刺激に反応しかえって悪化してしまう特性を持っています。

そのため、レーザーでの対策は困難とされてきましたが、ピコトーニングであれば肝斑にも改善効果が見込めます。

ピコフラクショナルによって改善が期待できるトラブル

ピコフラクショナルによって改善が期待できるトラブルは、以下の通りです。

  • ニキビ・ニキビ跡
  • クレーター
  • 毛穴の開き

ピコフラクショナルは、シミよりも肌の凹凸の改善に利用されるケースが多いです。

ただし、シミに全く効果がないというわけでもなく、施術を受けることでシミも少しずつ改善が期待できます。

ニキビ・ニキビ跡

ニキビやニキビ跡など、ニキビ関連のトラブルはピコフラクショナルが適しています。

ニキビやニキビ跡は、時間の経過で自然に治るトラブルである一方、すぐに治るものではなく、見る度に気になってしまうという人は少なくありません。

ニキビそのものが治ったとしても、確認するとニキビ跡が残っており、なかなか消えずに悩んでいる人は多いです。

心当たりのある方は、ぜひピコフラクショナルをお試しください。

クレーター

ピコフラクショナルは、クレーターにも効果が見込めます。

クレーターはニキビ跡の1種でもありますが、肌が強いダメージを負った場合などに皮膚組織が傷つけられ、修復に時間がかかる状態です。

ピコフラクショナルは、皮膚の活性化を促し新しい皮膚の生成を促すため、ダメージの回復を早め、クレーターの改善効果が期待できます。

毛穴の開き

ピコフラクショナルは肌を活性化させるため、開いて目立っている毛穴の引き締めにも効果が期待できます。

ただし、あくまで引き締めのみであるため、毛穴の汚れは除去できません。

そのため、施術前に毛穴ケアを行い、清潔にしておくと良いでしょう。

ピコスポットによって改善が期待できるトラブル

ピコスポットによって改善が期待できるトラブルは、以下の通りです。

  • 濃いシミ
  • タトゥー・アートメイクの除去

他の2種類に比べるとやや肌への負担が大きいですが、一方で出力が高く、効果を実感しやすいです。

濃いシミ

濃いシミは、ピコスポットでの改善が適しています。

ピコスポットは高出力であるため、濃いシミでも改善が見込めるのです。

一方で照射範囲が狭いため、ほくろなど、濃くトラブルの範囲がピンポイントなシミの改善に、頻繁に利用されます。

タトゥー・アートメイクの除去

タトゥー・アートメイクの除去も、ピコスポットが適しているトラブルです。

アートメイクの方がやや除去しやすく、一般的には3~5回程度で改善が見込めます。

一方でタトゥーはやや長引く傾向があり、時間がかかる場合は10回程度の施術が必要となります。

アリエル美容クリニック大宮院ではピコトーニングを受け付けています

アリエル美容クリニック大宮院では、ピコトーニングを受け付けています。

ピコトーニングは肌のくすみやトーンアップだけでなく、そばかすなどの広範囲かつ色の薄いシミや、従来のレーザーでは悪化の可能性があった肝斑にも改善が見込めます。

また、数々の症例実績を積んだ医療スタッフが施術にあたるため、適切な出力で適切な部位に照射し、最大限の効果を引き出せます。

どのクリニックで受ければ良いかわからないという方は、ぜひ当クリニックをご利用ください。

【まとめ】ピコトーニングはピコレーザーの1種


ピコトーニングは、ピコレーザーの照射方法の1種です。

広範囲にレーザーを照射できるため、そばかすなど広い範囲に分布しているシミなどに適しています。

ピコトーニング以外にも、ピコスポット・ピコフラクショナルと、全部で3つの種類があるため、施術を受ける際は区別できるようになっておきましょう。