アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

眼瞼下垂手術にはリスクもある?リスクを抑える方法も解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

眼瞼下垂手術を受けたいものの、リスクが心配で実行に踏み切れないという人は少なくありません。

眼瞼下垂の手術にリスクがあるのは事実ですが、実態や対策を知っておくことで大きく抑えられます。

本記事では眼瞼下垂手術のリスクについて解説します。

参考にして不安を払拭し、落ち着いて手術を検討するためにお役立てください。

鈴木院長

眼瞼下垂手術のリスクが不安な方は、ぜひアリエル美容クリニック大宮院のカウンセリングへお越しください。
どのようなリスクがあるか、ご納得いただけるまで説明いたします。
手術の質にもこだわっており、熟練の医師がクオリティの高い仕上がりを実現します。

眼瞼下垂手術とは?


眼瞼下垂手術とは、名前のとおり眼瞼下垂の症状を改善する手術です。

眼瞼下垂とは、上まぶたが十分開かなくなってしまう症状です。

一般的に上のまぶたは力を入れると、黒目の上に少し白目が見える程度まで開けます。

しかし、眼瞼下垂の人は上まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋が伸びたり薄くなっていたりして、力を入れても先述したほど目を開けられません。

軽度の人は審美性がやや落ちるなどのデメリットがありますが、重度の場合は審美性だけでなく機能性も落ちてしまい、視野が狭くなって生活に支障が出てしまうケースもあります。

眼瞼下垂手術のリスク

眼瞼下垂手術のリスクは、以下の通りです。

  • ドライアイになる
  • 一時的に視界がぼやける
  • 左右差など見た目に違和感が出る
  • 一時的に異物感などが生じる
  • 手術後も目が十分開かない(低矯正)
  • びっくり目になる(過矯正)

必ず起こるというわけではなく、あくまで「起こるケースもある」と捉えてください。

実際に上記のようなことは起こらず、スムーズに手術後を過ごした人もたくさんいます

ドライアイになる

眼瞼下垂手術後、ドライアイになってしまう人がいます。

眼瞼下垂手術で瞼の開き具合が改善すると、手術前よりも簡単に目が開くようになります。

そのため、手術前に比べて目が乾きやすくなり、ドライアイになってしまうのです。

一時的なものである場合が多く、徐々に慣れていきます。

辛い人は、慣れるまで目薬などを使用して対応しましょう。

また、時間が経ってもまったく改善しないという場合は、クリニックに相談してください。

一時的に視界がぼやける

眼瞼下垂手術後、一時的に視界がぼやけてしまうケースもあります。

原因はまぶたや眼球周囲の結膜の腫れをはじめとした、ダウンタイムの症状です。

腫れによって眼球が圧迫され、角膜に影響が出てしまうと、視界がぼやけてしまうのです。

ダウンタイムの症状が落ち着くにつれて角膜も元に戻り、視界も戻っていきます

「眼瞼下垂手術後は、視力が低下する」という人がいますが、実際は角膜の圧迫による視界のぼやけを視力低下だと誤解した結果です。

眼瞼下垂手術によって視力に影響が出ることはないため、安心して手術に臨んでください。

左右差など見た目に違和感が出る

左右差が生じてしまい、違和感のある見た目になってしまうケースもあります。

主に医師の腕が未熟であるために起こることであり、片目ずつの仕上がりにばかり注意してしまうと、左右や顔全体のバランスが崩れてしまうのです。

結果として、ぱっと顔を見た際に違和感が起こります。

瞼が上がるようになったとしても見た目に違和感がある場合、審美性の向上を目的に手術を受けた人にとっては「意味がない」と感じられるでしょう。

このようなリスクを避けるためには、腕の確かな医師の居るクリニックを選ぶ必要があります。

一時的に異物感などが生じる

眼瞼下垂の手術後、一時的に目元に異物感が生じるケースもあります。

一般的には傷の腫れなどが原因です。

手術の傷が落ち着くにつれて異物感も消えていくのが一般的で、個人差はありますが、およそ1週間~1ヶ月程度で気にならなくなります。

実際に異物感があると気になってしまうものですが、むやみに触ると悪化してしまいかねないため、焦らず回復を待つのが基本的な対策となります。

時間が経っても異物感が消えない・悪化してきたと感じたら、クリニックに相談しましょう。

手術後も目が十分開かない(低矯正)

眼瞼下垂手術を行い、傷の状態も落ち着いたのに、目が十分に開かないという場合もあります。

いわゆる低矯正であり、矯正の程度が穏やか過ぎて十分な結果に結びついていない状態です。

前述しましたが、上瞼は力を入れると黒目の上に少し白目が見える程度が通常の状態です。

力を入れても黒目の上に白目が見えない場合、矯正が不十分だと考えられます。

残念ながら自然に改善していくことはほぼないため、再手術での改善が推奨されます。

手術後も目が開きにくい、視界が狭いままだと感じる場合は、クリニックに再度相談し、再手術を検討してください。

びっくり目になる(過矯正)

眼瞼下垂手術後、びっくり目になってしまう人もいます。

びっくり目とは、名前通り驚いた時のように見開いた目であり、普通に目を開けていてもびっくりしているような表情になってしまうのが特徴です。

原因は眼瞼下垂の矯正のし過ぎ(過矯正)であり、瞼が開かないというトラブルは改善できているものの、審美性は低下している状態です。

びっくり目も前述の低矯正と同様、再手術での改善が推奨されます。

仮にびっくり目になったとしても、リカバリーの方法はあるため、諦めずクリニックに相談してみてください。

信頼できるクリニックで手術を受ければリスクを減らせる

眼瞼下垂手術のリスクは、信頼できるクリニックで手術を受ければ回避しやすくなります。

眼瞼下垂手術のリスクは、医師の腕の未熟さやカウンセリング不足によるところが大きいです。

言い換えると、技術のレベルが高く、悩みを相談しやすいクリニックにかかることで、リスクを避けやすくなるのです。

不安や意見を相談しにくい雰囲気を感じたら、転院を検討しても良いでしょう。

「このクリニックで大丈夫かな」と考えながら手術に進むのは、控えるのが賢明です。

アリエル美容クリニック大宮院で低リスクの眼瞼下垂手術を

リスクが不安な人は、アリエル美容クリニック大宮院で低リスクの眼瞼下垂手術を受けるのがおすすめです。

当クリニックでは、手術を担当する医師が大手美容クリニックで経験を積んでいるため、技術力不足でトラブルが残るリスクを抑えられます

どのクリニックが良いのかわからない方、リスクを避けて手術を受けたい方は、ぜひ当クリニックをご利用ください。

【まとめ】リスクを理解したうえで眼瞼下垂手術を受けよう


眼瞼下垂手術に限らず、手術を受ける際には何らかのリスクはつきものです。

リスクが全くない手術は、存在しません。

重要なことはリスクについて知っておき、回避するための行動を取ることです。

過度に不安がることはないため、正しい知識を得て手術を受け、トラブルやコンプレックスを手術で解消してください。