アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
048-662-9369
診療時間 9時~18時
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

眼瞼下垂手術後びっくり目になってしまったら?原因や対策を解説

監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

  • 帝京大学医学部医学科 卒業
  • 順天堂大学練馬病院
  • 越谷市立病院
  • 都立大塚病院
  • 大手美容クリニック 川越院院長
  • アリエル美容クリニック開業

眼瞼下垂手術を受けた後、びっくり目になってしまったという話を聞き、不安を抱いている人もいるでしょう。

実際にそういった事例は存在しますが、原因や対策をしっかり知っておけば、びっくり目になるリスクを大きく低減できます。

本記事では眼瞼下垂手術とびっくり目の関係や、リスク低減の方法について解説します。

参考にして、手術への不安を払拭する助けにしてください。

鈴木院長

アリエル美容クリニック大宮院では、極力びっくり目にならないよう注意を払って眼瞼下垂手術を行っています。
そのほかにも、左右差や目の開きにくさが残らないよう注意していますので、ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

眼瞼下垂手術とは?


眼瞼下垂手術とは、眼瞼下垂の症状を改善する手術です。

眼瞼下垂とは上瞼を自力で十分開くことが困難になる症状であり、軽度では審美性を低下させ、重度になると視界を狭めるなどのデメリットが生じます。

セルフケアで改善するのは困難であり、一般的には手術での改善が推奨されます。

程度が著しく、目の機能に支障が出ると判断された場合は保険が適用されるケースもありますが、審美性の観点から手術を希望する場合は自由診療となるケースが多いです。

眼瞼下垂手術とびっくり目の関係について

眼瞼下垂手術とびっくり目の関係について、以下にポイントを絞り解説します。

  • 眼瞼下垂手術後のびっくり目は過矯正によって起こる
  • 必ずびっくり目になるわけではない
  • 技術力の高い医師を頼ればびっくり目になるリスクを抑えられる
  • びっくり目に見えるかどうかの目安

これから手術を予定している人だけでなく、すでに手術を終えてびっくり目になってしまった、という人も参考にしてください。

何が起こってびっくり目になったのか、どのようにリカバリーすべきかを知ることで、状態改善の見通しが立つようになります。

眼瞼下垂手術後のびっくり目は過矯正によって起こる

眼瞼下垂手術後のびっくり目は、過矯正によって起こります。

瞼が上に上がらなくなる症状である眼瞼下垂ですが、過剰に矯正しすぎると逆に目が開きすぎてしまうのです。

通常通り目を開けた状態でも、目を見開いたような見た目になってしまうためびっくり目と呼ばれます。

瞼が開かない状態は脱しているため、眼瞼下垂は改善しているともいえます。

しかし目が開きすぎて不自然な見た目になってしまい、手術に失敗したと感じる人も少なくありません。

必ずびっくり目になるわけではない

眼瞼下垂手術を受けたからと言って、必ずしもびっくり目になるとは限りません。

びっくり目になってしまうケースもありますが、ならない場合の方が多いです。

そのため、過度に不安がる必要はありません。

どうしても心配な人は、クリニックで不安について相談してみましょう。

医師から直接リスクの説明を受けることで、安心や納得に繋がります。

技術力の高い医師を頼ればびっくり目になるリスクを抑えられる

技術力の高い医師に手術を依頼すれば、びっくり目になるリスクを抑えられます。

びっくり目の原因は矯正のやり過ぎであるため、適度な矯正具合を見極めて手術を行える高い技術力があれば、びっくり目の心配は少なくなるのです。

そのため、クリニックを選ぶ際は技術力を重視するのがおすすめです。

アクセスや価格も大切ですが、それらを優先した結果びっくり目になってしまっては、本末転倒なため質も重視しましょう。

びっくり目に見えるかどうかの目安

びっくり目に見えるかどうかの目安としては、特に力を入れず通常通りに目を開いて、どれくらい黒目が見えるかどうかで判断します。

一般的に、黒目が80%~90%見えている程度が美しいと言われています。

黒目が100%見えているとびっくり目に見えやすくなりますが、あえて100%見せたいという人もいます。

黒目の上に白目が見えていると、大多数の人がびっくり目と判断します。

判断に迷う場合は、信頼できる家族や知人に見てもらうのも手段のひとつです。

眼瞼下垂手術後のびっくり目は手術で改善できる

眼瞼下垂手術後のびっくり目は、手術で改善できます。

実際にびっくり目になってしまっても、目元の審美性向上を諦める必要はありません。

ただし、改善の手術には別途料金がかかります。

また、体にも負担がかかってしまいます。

リカバリーできるといっても、最初からリスクを避けておくに越したことはないでしょう。

【参考】びっくり目以外の眼瞼下垂手術のリスク

眼瞼下垂手術には、びっくり目以外にもリスクがあります。

具体的には以下の通りです。

  • 一時的にドライアイになる
  • 一時的にぼやけた視界になる
  • 顔全体として見た際に左右差などの違和感が生じる
  • 一時的に目元に異物感を覚える
  • 手術しても目の開きが十分でない(低矯正)

びっくり目と同様、手術したからといって全員に症状が出るわけではありません。

また、症状が現れたとしても一時的であるケースも多いです。

ただし、自分の状態に不安があるようであれば、クリニックに相談し診断を受けるのがおすすめです。

眼瞼下垂手術後のびっくり目についてよくある質問

眼瞼下垂手術後のびっくり目について、よくある質問を以下にまとめます。

  • びっくり目を避けるためにはどうすれば良いですか?
  • びっくり目は自然に治りますか?

他にも質問があれば、クリニックに相談しておきましょう。

質問するのを遠慮してしまう人もいますが、安心して手術を受けるためにも疑問は解消しておくのがおすすめです。

びっくり目を避けるためにはどうすれば良いですか?

前述しましたが、びっくり目を避けるには、腕の良い医師がおり信頼できるクリニックで手術を受けることが大切です。

具体的にはWebサイトに掲載されている症例の件数や実績の年数、医師の経歴などを見てみましょう。

口コミや、自分と同様の手術を受けた症例写真などを見るのも参考になります。

びっくり目は自然に治りますか?

手術直後に、腫れなどの具合から一時的にびっくり目になったように見えてしまった、その後落ち着くにつれてびっくり目が改善された、というケースは少ないながらあり得ます。

しかし、すっかり状態が落ち着いた時点でびっくり目になっていた場合は、手術での改善がおすすめです。

眼瞼下垂手術を安心して受けたいならアリエル美容クリニック大宮院で

眼瞼下垂手術を安心して受けたい方は、アリエル美容クリニック大宮院をご利用ください。

当クリニックは大手美容クリニックで、数々の症例を担当した医師や形成外科専門医が手術を行います。

そのため、過矯正のリスクが少なく、ひとりひとりに適した程度の矯正を施せます

眼瞼下垂手術を受けたいものの美容クリニック選びに難航している方は、ぜひカウンセリングへお越しください。

【まとめ】びっくり目になってしまったら手術での改善がおすすめ


びっくり目になってしまったら、手術での改善がおすすめです。

その際は、信頼のおけるクリニックを利用しましょう。

びっくり目を含む、眼瞼下垂手術に伴うトラブルは、クリニック側が話しやすい雰囲気を持ち、的確な手術を行うことで大きくリスク低減できます。

安心して任せられるクリニックを選んでください。