アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

毛穴やニキビなど肌質改善を狙うならダーマペンがおすすめ!効果が出るまでの期間も紹介

「ダーマペン」とはニキビや毛穴、シミ、シワといった肌の悩みにアプローチし、改善してくれると話題の美容医療です。

しかし、ダーマペンはどのくらいで効果がでるのか知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ダーマペン治療の効果や必要な期間・施術回数について紹介します。

また、ダーマペン治療のメリット・デメリットについても解説しているので、ダーマペン治療について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

ダーマペンとは?


ダーマペンとは、髪の毛よりも細い針を使用して肌に穴を開け、肌質の改善を促す治療法です。

肌に穴を開けると聞くと、心配になる方も多いのではないでしょうか。

しかし、レーザー治療などと比べてダーマペンは肌の負担が少なく、ダウンタイムも短い治療法といわれています。

なぜならダーマペン治療は、肌本来の再生能力を活用して行う仕組みだからです。

肌にはもともと再生能力が備わっているため、肌に刺激を受けると自然治癒力で再生しようと働きます。

治そうとして新陳代謝が上がり、肌のターンオーバーが整うことで肌を正常な状態に近づけるのです。

ダーマペンによって得られる肌質改善効果

ダーマペンは肌の再生能力を引き上げる再生医療のため、肌の回復力アップやエイジングケアなどの効果が期待できる治療法です。

また、肌が本来持っている能力を引き上げることで、さまざまな肌悩みを改善します。

開いた毛穴を改善

毛穴の開きや黒ずみの原因は肌のターンオーバーが乱れ、過剰な皮脂の分泌によって毛穴が詰まることが原因です。

ダーマペン治療を受けると、肌の再生能力を活性化するためターンオーバーの乱れを正しく整えてくれます

肌のターンオーバーが整い、再生能力が活性化することで毛穴の開きや黒ずみの改善が期待できるのです。

ニキビの改善

ニキビと一口にいっても症状の原因はさまざまですが、ダーマペンはあらゆるニキビの改善に効果を期待できます

白ニキビや赤ニキビなど、現時点で炎症を起こしているニキビにダーマペンを刺すとよくないのではと思うかもしれません。

しかし、肌に穴を開けると、ニキビの原因であるアクネ菌などの雑菌や膿を取り除けるので、回復を促進してくれるのです。

ニキビ跡・クレーターの改善

ダーマペンにはニキビ跡が色素沈着を起こしたり、クレーターになってしまったりした部分も改善する作用があります。

ニキビ跡やクレーターを改善するためには、真皮層にできた傷を修復しなければいけません。

ダーマペンの針は2.5mmの深さまでアプローチできるので、肌の真皮層まで働きかけることが可能です。

施術後はコラーゲンの生成が促進され、ニキビ跡やクレーターの修復に効果を発揮します。

たるみ・シワの改善

ダーマペン治療は加齢によるたるみやシワの改善にも効果的です。

ダーマペンは、針で真皮層を刺激し線維芽細胞を活性化させることで、コラーゲンやエラスチンの生成を促す効果があります。

コラーゲンやエラスチンは肌の弾力やハリを形成している成分です。

コラーゲンやエラスチンなど肌を構成している物質が補われることで、たるみやシワの改善を感じられます。

シミ・くすみの改善

シミやくすみの原因は「メラニン」と呼ばれる色素細胞です。

メラニンは本来、肌のターンオーバーによって角質とともに排出されます。

しかし、紫外線や炎症、加齢などの要因によってターンオーバーが乱れたり、メラニンが過剰に分泌されたりすると、シミやくすみになってしまうのです。

ダーマペン治療には肌のターンオーバーを促し整える効果があるため、メラニンの排出も促す効果があります。

うまくメラニンが排出できるようになると、シミやくすみなど肌の黒ずみを改善できるのです。

ダーマペンのメリット


皮膚科治療のなかでも、ダーマペンは細やかな肌悩みにアプローチできるのが特徴です。

ダーマ治療自体のメリットには、効果の他にも以下のようなものがあります。

細かい部分までケアができる

ダーマペンは目元近くや小鼻の小ジワやちりめんジワまで、しっかりとあてられるのがメリットです。

ダーマペンと似た施術法に「ダーマローラー」があります。

ダーマローラーとはローラー細かい針がついた器具のことです。

肌の上で転がすことでダーマペンと同じ効果を得るものですが、細かい箇所の施術は難しいため、目元などの施術は諦めるしかありませんでした。

ダーマローラーと比較すると、ダーマペンは名前のとおりペンのような形をしているため、さらに細かい部分の施術も可能です。

ダウンタイムが短く翌日からメイク可能

ダウンタイムの症状や期間には個人差がありますが、レーザー治療などと比較するとダーマペンはダウンタイムが短いのが特徴です。

肌の状態や施術を受ける病院・クリニックによっても異なりますが、翌日からメイクができる場合がほとんどのため、ダウンタイムのために長期間休みをとる必要もないでしょう。

また、針を刺す深さによって調節することも可能です。

不安な方はカウンセリング時に相談しておきましょう。

痛みが少なく傷が残りにくい

ダーマペンで使用する針は、人の髪の毛よりも細い太さの針を使用して行われます

そのため、針を使用する他の治療と比較しても痛みが少なく、傷もほとんど残らないのが特徴です。

施術は麻酔クリームなどを塗ってから行うので、痛みを感じることもほとんどありません。

ダーマペンのデメリット

さまざまな肌質改善効果が望めるダーマペンですが、デメリットも少なからず存在するので注意が必要です。

施術前にデメリットについても確認しておきましょう。

ここからは、ダーマペンのデメリットを4つ紹介します。

即効性がない

ダーマペンは1回の施術でも効果を実感できますが、効果を実感するには、施術後1〜2週間ほど必要です。

また、1回きりの施術だと、劇的な変化は期待できません

より効果を実感したいのであれば、複数回にわたって定期的に施術を受ける必要があります。

「ダーマペンは効果ない」とよくいわれるのは、1回きりの治療で評価をしている人が多いためだと考えられるでしょう。

肝斑の悪化や色素沈着を招く可能性がある

ダーマペンをした後の肌は、ダメージを負った状態です。

その状態で日焼けしてしまうと、かえってシミが増えてしまう可能性があります。

また、シミの一種である肝斑は少しの刺激でも反応して濃くなりやすいのが特徴です。

ダーマペンを肝斑にあてると、より悪化してしまう可能性があるので注意しましょう。

赤みや皮むけなどのダウンタイムがある

ダーマペンは皮膚に刺激を与えることで、肌の再生能力を促進させる狙いがある治療法です。

そのため、人によっては赤みや皮むけなどの症状が出る可能性があります。

刺激とはいっても、メスを入れて大きな傷を作るわけではないので、赤みや皮むけ等の症状も2. 3日で治まるのが一般的です。

ダウンタイムが長引くようなら、すぐに治療を受けたクリニックや病院に相談しましょう。

金属アレルギー・皮膚病の方は施術を受けられない

ダーマペンの針は金属でできているため、金属アレルギーの人は施術を受けられません。

また、患っている皮膚病によっては、ダーマペン治療でかえって状態が悪化することもあります。

何かしらの皮膚病がある人は、施術前に必ずダーマペンをしても問題ないか確認しましょう。

ダーマペンの効果が出るまでどのくらいかかる?

ダーマペンの効果が実感するためには、大体5回ほど施術を受ける必要があります。

ただし、肌の負担を考慮すると、ダーマペンは短期間に何度も受けられる施術ではありません。

約1か月に1回ペースで、半年ほどじっくり施術を受けるのがおすすめです。

ダーマペンの効果をしっかり得るためには、最低でも半年ほど必要なことは頭に入れておきましょう。

【まとめ】肌質改善したいならアリエル美容クリニックがおすすめ!


ダーマペンは皮膚に微細な穴を開けることで肌の再生能力を高め、肌本来の力で肌質の改善を狙う治療法です。

ニキビやくすみ、シワ、シミなどの肌悩みに対して効果を発揮します。

アリエル美容クリニックでは痛みが少なく、より効果が高いといわれる「ダーマペン4」を使用し、肌の状態に合わせてオーダーメイドの治療を受けられるのが魅力です。

アリエル美容クリニックはオンライン予約も可能なので、ダーマペン治療を検討している方は、ぜひアリエル美容クリニックにご相談ください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業