アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

目の下のたるみ取りで後悔しないための医師・クリニックの選び方とよくある失敗例

「目の下のたるみ取りをしたいけれど、後悔するって口コミに書かれていて怖い」と心配していませんか?

目の下のたるみ取りを含め美容整形手術は、100%成功するとはいい切れず、失敗する例もあります。

しかし医師とクリニック選びに気をつけるだけで、失敗する可能性は減らせるのです

この記事では、手術の失敗例や医師とクリニックの選び方について解説します。

目の下のたるみ取りとは?


眼球の下にある眼窩脂肪を下まぶたの裏の結膜側から除去する手術が、目の下のたるみ取りと言われています。正式には、経結膜的下眼窩脂肪除去術です。

目の下の皮膚は薄く、脂肪が前に出てきやすいため、若い方でもたるみが出てくることがあります

目の下のたるみができる原因

目の下のたるみができる原因は、以下の2つです。

  • ロックウッド靱帯の衰え
  • 目元への刺激

「ロックウッド靱帯」は、眼球を支えるハンモックのような形をした筋肉です。その筋肉が正常に働いていることで、眼球は下に沈みこまず適切な場所に留まります。

しかし、ロックウッド靱帯が衰えてしまうと、眼球が下に沈んでしまい脂肪が押し出され、前に突出するのです。

クレンジングや洗顔、目をこする癖などでも皮膚がダメージを受けてたるんでしまいます

目の下の皮膚は、皮脂の分泌が少ないためダメージが乾燥に繋がりハリがなくなり、たるんでしまうのです。

目の下のたるみ取りで後悔する失敗

後悔する失敗は、以下の5つです。

  • 目の下が不自然にくぼんでしまう
  • 目の下にシワやたるみができる
  • 目の下が不自然に凸凹してしまう
  • 左右差が出てくる
  • クマが改善されない

どのような失敗があるのか事前に知っておくことで、起こりうるリスクの把握にも繋がります

手術を検討している方は、以下を参考にしてください。

目の下が不自然にくぼんでしまう

脂肪を取りすぎてしまうと、不自然にくぼんでしまうことがあります。

不自然なくぼみを防止するためには、手術の段階でバランスを見ながら切除してもらう必要があります。

また必要であれば、術後に脂肪を注入してもらい、くぼみがなくなるように調整してもらいましょう

目の下にシワやたるみができる

手術をしたにもかかわらず、シワやたるみが残ることがあります。特に40代後半の方に多い失敗例です。

原因は、眼窩脂肪を除去したことで、もともとあった皮膚が余ることです

皮膚が余るほどの大きなたるみの場合には、余った皮膚を取り除く手術を一緒に実施することで軽減されます。

目の下が不自然に凸凹してしまう

凹凸する場合は、脂肪の取り方にムラがあることが多いです。さらに、くぼみをなくすために、脂肪を入れる際にも均等にしなければ凸凹します。

高い技術が必要で慎重な手術になるため、技術力の高い医師に依頼するのがおすすめです。

左右差が出てくる

人の顔は、左右対象ではありません。そのため、特性を把握した上で手術しなければ、左右差が出てしまいます。

もともと左右差が大きい方の場合、手術をすることでその差がさらに大きくなることも。

特徴を捉えて、手術してもらうことが大切です。

クマが改善されない

たるみが原因で生じる黒クマには効果があります。

しかし、血行不良が原因の青クマや色素沈着が原因の茶クマは、改善されることはありません

上記のことを知った上で手術を受けなければ、仕上がりが思ったものと違ってしまうため注意しましょう。

目の下のたるみ取りで後悔するか否かは医師とクリニックによって変わる

後悔するか否かは、医師とクリニックによって大きく変わります。

目元は人の印象を決める重要なパーツであり、手術で印象が変わった場合その印象のまま生活をしなければいけません。

さらにこの手術は、医師の技術が大きく関わります。そのため、技術力が高く安心して任せられる医師とクリニックを選ぶことが大切なのです。

目の下のたるみ取りで後悔しないための医師とクリニックの選び方

以下では医師とクリニックの選び方を紹介します。

  • 実績が豊富にある
  • カウンセリングに力を入れている
  • アフターフォローが充実している
  • 口コミを見る

安心して手術を任せられる医師を探している方は、以下を参考にしてみてください。

実績が豊富にある

まずは、クリニックのホームページを見て、実績が豊富にあるかチェックしましょう。

実績の欄には、症例写真があるため、どのように印象が変化するのかも確認しておいてください。

経験が豊富にある医師の場合、さまざまな症例を担当しているため、個人の状態に合わせて適切な施術をしてくれます

さまざまなクリニックを比較することで、理想の下まぶたに仕上げくれる医師を見つけられます。

カウンセリングに力を入れている

医師とクリニックを選ぶ場合は、カウンセリングにも力を入れているか確認してください。

この手術は、脂肪をどのくらい取るかによって顔の印象が大きく変わります

カウンセリングでしっかりコミュニケーションを取っていなかった場合、自分の思っていた仕上がりにはならないことも。

自分の要望をしっかり聞いてくれて、施術の説明も丁寧なクリニックを受診しましょう。

アフターフォローが充実している

手術をすれば、終わりではありません。

術後の過ごし方など、気をつけるべきことがたくさんあります。そのため、いつでも術後の相談ができる環境が整っているクリニックを選ぶと安心です

中には、LINEで気軽に相談できるところもあるため、不安がある場合はアフターフォローが充実している場所を選んでください。

口コミを見る

クリニックの口コミも必ずチェックしておきましょう。

口コミサイトには、利用者のリアルな声が多く寄せられています。口コミを読んで、信頼できる医師とクリニックを探してみてください

しかし、すべて鵜呑みにするのは止めましょう。匿名性が高いため、中には嘘の情報が紛れている場合があります。

クリニックを決めるときに参考にする程度にしましょう。

まとめ


目の下のたるみ取りとは、眼球の下にある眼窩脂肪を下まぶたの裏から取る手術のことです。正式には、経結膜的下眼窩脂肪除去術と呼ばれています。

原因は、ロックウッド靱帯の衰えや目元への刺激、遺伝などが考えられます

手術を受ける場合は、今回紹介した失敗例や医師とクリニックの選び方を参考にしてみてください。

しっかり考えて後悔しないようにしましょう。

アリエル美容クリニックでは、目の下のたるみ取りの手術を受けられます。院長は、数千例の執刀経験があるベテランです

プライベートな空間で安心して相談ができる環境が整っています。

実績があり安心して手術を受けられるクリニックを探している方は「お問い合わせ」までご連絡ください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業