アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

30代におすすめのクマ取りとは?治療方法の特徴と注意点を解説

「30代になってからクマが目立つようになってきた」「クマを治療で治すにはどうすればいいの?」と考えている方もいるでしょう。

30代を超えるとお肌の曲がり角と言われており、今までは目立たなかったトラブルが目立つようになっていきます。特に、クマで悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、30代でありがちなクマの種類の最適な治療法について解説します。クマにも種類があり、それぞれに合った適切な治療方法でなければ効果が期待できません。

まずは自分のクマの種類を確かめてから、適した治療方法を行うことが大切です。

30代にありがちなクマの種類


ひとえにクマといっても、その種類はさまざまです。目の下にクマができると、それだけで顔全体の印象が下がる場合があります。

特に30代はお肌の曲がり角と言われており、女性の場合はコンシーラーなどで隠すこともできますが、隠し切れないこともあります。クマを治すためには、まず自分がどんなタイプのクマなのかを確かめることが大切です。

茶クマ

茶クマは茶色味がかったように見えるクマです。角度を変えても見え方は変わらないのが特徴です。茶クマは摩擦や紫外線などが原因で起きます。

目の周りの皮膚が薄く、とてもデリケートです。他の部分の皮膚では刺激にまでいかなかったことでも、目の周りの皮膚に同じような刺激を加えると倍以上の負担がかかります。

目をこすったり、クレンジングでメイクを落とす際に目の周りをゴシゴシと洗ったりしていませんか?この行動が目の周りの皮膚に刺激を与えてしまい、茶クマになるのです

人間の肌は28日周期で生まれ変わると言われていますが、ダメージが蓄積していると、色素沈着や濃いクマができても元に戻すのは難しいでしょう。

青クマ

青クマは青色、もしくは赤紫のように見えるのが特徴です。青クマは年代関係なく、子供から大人まで誰でもできやすいです

青クマの原因は眼精疲労や血行不良です。特にデスクワークで長時間パソコンと向き合っている方やスマホをよく触っている方に見られるクマです。

パソコンやスマホを長時間触っていると、目のまわりの筋肉がこわばって血流が悪くなります。健康な状態であれば毛細血管は鮮やかな赤色をしているのですが、睡眠不足や血行不良に陥ると暗い赤色に変わります。

毛細血管が暗い赤色になると、肌に透けて見えやすくなり、青クマとして現れるのです。

赤クマ

赤クマは赤みがかったように見えるクマです。赤クマの原因は目の下にある眼窩脂肪です。眼窩脂肪で目を閉じる筋肉の眼輪筋が圧迫されることで、赤クマが発生します。

赤クマは悪化すると青クマや茶クマになります。早く対応しなければ改善するのは難しくなるので、適切な処置をすることが大切です。

黒クマ

年齢を重ねるごとに目立ってくるのが「黒クマ」です。30代はまだ若いからと侮るのは危険です。お手入れをサボったり、紫外線などの影響を受け続けたりすると、肌年齢が低下して黒クマができる場合があります。

目の下の脂肪とクマの間を押してみて、クマが消えるようなら黒クマの可能性が大きいです。黒クマはコンシーラーなどのメイク用品では隠しづらく、マッサージの効果も期待できません。

迅速に対応しなければどんどんクマを改善するのが難しくなってくるでしょう。

30代のクマができる原因

クマは誰にでもできるものですが、30代でできるクマには以下の原因が考えられます。特に30代になると、仕事で任せられる量も増えてきて、生活習慣が乱れがちです。

原因を突き止めるためにも、当てはまるものがないか確かめてみてください。

生活習慣の乱れ

30代になると大きな仕事も任せられるようになり、生活習慣が乱れがちです。家と職場との往復になるものの、自由に使える時間が限られて、自炊する回数が減っている方も少なくありません。

生活習慣の乱れの中で、クマの大きな原因となるのが睡眠不足です。睡眠不足になるとお肌のターンオーバーが乱れて、溜まったメラニン色素を外部に排出できなくなります。

メラニン色素を排出できなくなると、色素沈着に陥るとクマとして表面に現れはじめます。

眼精疲労

仕事で長時間パソコンと向き合っている方も多いでしょう。また、最近ではSNSなども普及しており、長時間スマホを見ている方も少なくありません。

パソコンやスマホを触りすぎると目の筋肉がこわばって血流が悪くなります。血行不良になると、目の下の血液が滞って静脈がうっ血し始めます。

眼精疲労はクマを発生させるだけではなく、頭痛の原因にもなるのです。

ストレス

30代になると仕事で任せられる範囲も多くなり、交流も増えるので、その分ストレスがかかりやすくなります。ストレスが溜まると自律神経が乱れて、ターンオーバーのサイクルが崩れます。

ターンオーバーのサイクルが崩れると正常にメラニン色素を排出できなくなるため、色素沈着として表面に現れます。ストレスを溜め込むと良いことは何もありません。

肌の状態も荒れますし、心の状態にも影響を与えることもあります。クマを発生させないためにも、自分にあったストレス発散方法を見つけることが大切です。

目元への刺激

目の周りの皮膚が薄いです。デリケートな肌だからこそ、紫外線や乾燥、摩擦などの影響を受けやすくなります

目の周りの紫外線対策を怠ったり、目をゴシゴシこすったりすると、摩擦が加わり色素沈着が起きやすくなります。結果クマとして、目の下にくっきりと現れてしまうのです。

30代のクマ取りにおすすめ治療方法

30代で起こりがちなクマには、クマの種類に合わせた治療を行うことで改善効果が見込めます。

脱脂

脱脂とは目の下の眼窩脂肪を取る施術のことです。眼窩脂肪が膨らむことで、影になりクマが目立つようになります。

影を作り出す眼窩脂肪を取り除くことで凹凸をなくし、クマを目立たなくさせます。メスを使って不要な脂肪を除去していくのですが、脱脂では麻酔の使用が可能です。痛みが苦手な方でも安心して治療を受けられます。

また、効果は半永久的に続くのもメリットの1つです。ただし、肌質やクマの状態によっては合わないこともあるので、医師と相談して話し合ってから決めることが大切です。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入では目の下に直接ヒアルロン酸を注入していきます。ヒアルロン酸を注入して弾力をアップさせることで凹凸をなくし、クマを目立たなくさせる効果が期待できます。

ただし、効果は数ヶ月から1年程度しか持ちません。定期的にヒアルロン酸を注入し続ける必要があるので、面倒な手間に感じる方もいるでしょう。

また、ヒアルロン酸はもともと人間の体内にある成分なので、ダウンタイムや副作用などの心配はほとんどありません。

脂肪注入

脂肪注入は自身の脂肪を目の下に注入する施術のことです。自身の脂肪を注入するので拒否反応は起こりません

主にお腹や太ももから脂肪を採取して、目の下に注入していきます。通常の脂肪吸引のようにダウンタイム等はほとんどないので、安心して治療を受けられます。

脂肪を注入することで凹凸をなめらかにでき、クマが目立たなくなっていきます。

30代のクマ取り「脱脂」で注意すべきポイント

効果が半永久的に続くため、脱脂治療を考えている方もいるでしょう。しかし、脱脂治療を受けるなら注意しなければいけないポイントがあります。

私はメスを使って治療していくため、腫れや痛みなどのダウンタイムが現れる可能性があります。麻酔を使用できるため術中の痛みはありません。しかし、術後に痛みが出てくる可能性があります。

時間が経てば自然にダウンタイムの症状は治まりますが、不安な方は医師と相談することが大切です。

また、30代以降の方は黒グマの原因である脂肪のふくらみだけでなく皮膚のたるみや赤グマや青クマも伴っていることが多く、脂肪注入の併用が必要になることもあります。

脱脂を受ける際は医師と相談して決めるようにしましょう。

30代でできたクマは早めに対応することが大切


30代になるといろいろな肌トラブルが起きやすくなります。ターンオーバーのサイクルも徐々に低下していくので、肌トラブルを改善しにくくなるでしょう。

クマを改善するためには一刻も早く行動することが大切です。迅速な対応が必要といっても、自分のクマのタイプに合わせた治療でなければ効果は現れません。

自分のクマのタイプを確かめてから、どの治療で改善を目指すかを決めることがポイントです。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業