アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間:9時~18時
電話予約
WEB予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

目の下のクマ取りによって生じるダウンタイムとは?対策も紹介!

目の下のクマ取りをしたいものの、どのようなダウンタイムの症状があるかわからず、不安に感じている人も少なくないのではないでしょうか。ダウンタイムの症状を理解したうえで施術を受けないと、後悔に繋がりかねません。

そこで、本記事では目の下のクマ取りによって生じるダウンタイムの症状や、ダウンタイムを軽減させる方法などを解説します。また、おすすめの美容クリニックの紹介もするため、目の下のクマ取りに興味のある人は、ぜひ参考にしてくださいね。

目の下のクマによって適切な美容医療は異なる


一言で「目の下のクマ」と言っても、さまざまな形状があります。また、クマの形状によって適切な美容医療は異なります。

ここでは、代表的な3つの治療方法について解説します。具体的には、以下のとおりです。

  • 再生注射
  • 脱脂
  • レーザー

それぞれの特徴やおすすめな人について詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

再生注射

ストレスや長時間のパソコン作業に等による、血行不良が原因で引き起こされる青クマにおすすめの施術です。切開することなく施術を受けられるため、切開に抵抗がある人でも気軽に施術を受けられるのが嬉しいポイントでしょう。

また、施術時間が短いため多忙な人にも向いています。ただし、効果が永久に続かないこともあるため、その点は注意が必要です。

脱脂

脱脂とは、皮膚をメスで切ってなかから脂肪を取り出す施術のことです。たるみによって発生した脂肪を取り除くことで、クマが改善します、切開するのが怖い人には向きませんが、確実性の高い効果を求める人には適していると言えるでしょう

ただし、ダウンタイムが長くリスクがあるため、医師に入念に相談したうえで施術を受けるのがおすすめです。

レーザー

茶色のクマにおすすめなのが、レーザーによる美容医療です。色素沈着が原因だと言われている茶色いクマには、レーザーをあてることで改善が期待できます。シミや肝斑の治療もできるため、一石二鳥だと言えるでしょう。

目の下のクマ取りによって生じるダウンタイムとは?

目の下のクマ取りの施術を受ける場合、痛み・腫れ・赤みなどのダウンタイムが生じることがあります。

切開をする場合強いダウンタイムや副作用が生じるのに対し、ヒアルロン酸注射などの再生注射ではダウンタイムや副作用は弱めです。得られる効果やダウンタイムをふまえて、自分にぴったりの施術を選ぶと良いでしょう

また、目の下のクマ取りをしたあとのダウンタイムの症状が想定以上に強い場合や、時間が経過しても症状が治まらない場合は、担当した医師に相談することをおすすめします。痛み止めなどを処方してもらえるでしょう。

目の下のクマ取りのあとのダウンタイムを軽減させる方法

目の下のクマ取りのあとのダウンタイムを軽減させるためには、以下の行動を控えて体温の上昇を避けましょう。

  • サウナ
  • 飲酒
  • 運動
  • マッサージ
  • エステ

体温を上昇させてしまうとダウンタイムが長引いたり、副作用が悪化しやすくなったりする恐れがあるため、安静に過ごすことをおすすめします。ダウンタイム中の過ごし方については、担当医師にも話を聞いておきましょう。医師の指示に従えば安心です。

目の下のクマ取りのあとのダウンタイムへの不安を和らげるための方法

ここでは、目の下のクマ取りのあとのダウンタイムへの不安を和らげるための方法を紹介します。具体的には、以下の3点です。

  • あらかじめ不安を医師に相談しておく
  • 信頼できる医師のもとで施術を受ける
  • 施術を受ける前にリサーチを徹底する

上記の3点をおさえれば、ダウンタイムに対する不安をおさえつつ、クマ取りの美容医療を受けられるでしょう。詳しく説明するので、ぜひ参考にしてください。

あらかじめ不安を医師に相談しておく

クマ取り後のダウンタイムに関して不安なことは、あらかじめ医師に相談しておきましょう。医師とのカウンセリング時にダウンタイムに関する丁寧な説明を受けられれば、安心した状態で施術を受けられます。どのような症状が出るかだけでなく、ダウンタイムの継続期間やおすすめの過ごし方についても聞いておきましょう

また、医師以外にも美容に詳しいスタッフが在籍している美容クリニックを選べば、さらに強い安心感を得られるでしょう。

信頼できる医師のもとで施術を受ける

目の下のクマ取りのあとのダウンタイムへの不安を和らげるためのふたつめの方法は、信頼できる医師のもとで施術を受けることです。技術力に不安のある医師や丁寧な説明をしてくれない医師のもとで施術を受けると、思わぬダウンタイムに頭を悩ませる事態になりかねません。そのため、医師選びは慎重に行う必要があります

インターネットを駆使して、実績があって高い信頼を寄せられている医師を探しましょう。実際に施術を受けた知人がいる場合、直接医師の評判を聞くのも有効です。また、何度も通う必要のある施術を受ける場合は、通いやすい立地の美容クリニックを選ぶことも重要です。

施術を受ける前にリサーチを徹底する

施術を受ける前にリサーチを徹底することも、目の下のクマ取りのあとのダウンタイムへの不安を和らげるための方法のひとつです。どのようなダウンタイムがあるか理解しておけば、不安の少ない状態で施術を受けられるでしょう

ぜひ、本記事の内容も参考にしてくださいね。

目の下のクマ取りを受けるならアリエル美容クリニックがおすすめ!


美容医療によって目の下のクマを取りたいと考えている人には、アリエル美容クリニックがおすすめです。

アリエル美容クリニックを利用すれば、丁寧なカウンセリングをしたうえで高い技術力による美容医療を施術してもらえます。担当する医師は、大手美容クリニック出身なため、信頼できること間違いナシです。また、大宮駅から近いため、アクセスしやすいのも嬉しいポイントでしょう。

医師だけでなく、在籍しているスタッフの多くが美容に関する知識が豊富なため、クマに関する相談を気軽にできるのも魅力のひとつです。ぜひ、アリエル美容クリニックで目の下のクマ取りの施術を受けてみてくださいね。

【まとめ】目の下のクマ取りにおけるダウンタイムについて理解しよう

目の下のクマ取りをする際には、あらかじめダウンタイムについて深く理解しておく必要があります。「クマ取り」といっても、治療方法やダウンタイムはさまざまです。例えば、切開によって目の下のクマを取る場合には、傷跡や痛みが強く残りやすいです。一方、再生注射の場合はダウンタイムは少ないものの、時間の経過と共に効果が切れるケースが多いです。

また、ダウンタイム中の症状を和らげるためには、運動やサウナなどの体温上昇を促す行動を控える必要があります

ぜひ、本記事の内容を参考にして、ダウンタイムについて深く理解したうえで目の下のクマ取りの施術を受けてみてくださいね。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業