アリエル美容クリニック/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
診療時間 9時~18時
電話予約
クーポン配布中
お得なLINE友達
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

顔の脂肪吸引はいつまでむくみが続くの?期間と解消方法を紹介します

脂肪吸引は体内の余分な脂肪を取り除き、ダイエットだけでは落ちにくい部分の脂肪を確実に減らせる施術です。

幅広い年齢層に人気の施術ですが、施術後は水分不足によるむくみが出てしまいます。

特に、施術直後はむくみが出やすくなかなかおさまりません。

脂肪吸引を検討している・施術をした方で、「脂肪吸引後のむくみがいつまで続くの?」「どうすれば早くおさまるの?」という悩みを抱えてる方もいるのではないでしょうか。

本記事では、脂肪吸引でむくみが出る原因や期間・解消方法について紹介しています。

脂肪吸引のむくみが気になる方は、ぜひこの記事を最後までご覧ください。

脂肪吸引とは


脂肪吸引とは、カニューレという細い注射器で気になる部分の脂肪を減らす施術のことです。

顔に使用する場合は、耳たぶの裏やあごの下を数ミリ切ってカニューレを挿入します。

吸引した脂肪は体内で復活することはなく、すっきりとしたフェイスラインを長期間保つことが可能です。

また切開部分が他人から見えづらい部分にあるため、施術跡が目立ちません。

脂肪溶解注射とは違い、1回の施術で効果が実感できるのも脂肪吸引の魅力です。

脂肪吸引後のむくみはいつまで続く?

脂肪吸引後は、むくみが1〜2週間ほど続きます。

ピークは施術後2〜4日ほどで、顔が大きく膨れる場合が多いです。

クリニックによっては、施術後2〜3日は圧迫用のフェイスバンドを使用するため、仕事がある方は施術するタイミングに注意してください。

むくみの出やすさは体質も関係しており、冷え性の方はむくみが長引くことがあります。

ただし顔の脂肪吸引は比較的ダウンタイムが軽いため、気にならない程度でおさまるでしょう。

脂肪吸引後にむくみが出る原因

脂肪吸引後にむくみが出るのは、体内の水分が原因です。

カニューレで脂肪を取り除くと一時的にスペースができます。そこに顔のリンパ液や体液が溜まり、むくんでしまうのです。

特に施術後は血液循環が良くないため、余計にむくみが出やすくなっています。

脂肪吸引後のむくみを早く解消する方法

脂肪吸引後のむくみを解消するためには、入念なケアが大切です。

特に、施術直後はしっかりと圧迫し血液循環を促しましょう

正しいむくみ解消方法を行うことで、ダウンタイム期間が短くなります。

身体をあたためる

身体が冷えていると血の巡りが悪くなり、むくみがなかなか取れません。

術直後から1週間は炎症や内出血を抑えるためによく冷やし、

その後は身体を温める行動を意識して取り入れましょう。

例えば下の4つの方法は自宅で簡単にできます。

  • 湯船につかる
  • 白湯を飲む
  • 身体を温める野菜や食品を食べる
  • 常に暖かい格好で過ごす

施術部分だけではなく、他部位のむくみにも効果的です。

施術部分を固定する

脂肪吸引直後から2日間ほどは、むくみをおさえるために施術部分の固定が必要です。

適度にむくんでいる部分を圧迫することで血液の巡りが良くなり、施術効果を実感しやすくなります。

ただし、きつく固定したり必要以上に圧迫してしまうと炎症・内出血を起こす場合があります。

固定する時は力加減を調整し、適度に圧迫できるように工夫をしましょう。

皮膚がかぶれやすい方は、通気性が良い素材のバンドを使用するのがオススメです。

マッサージ・ストレッチをする

マッサージやストレッチは血行促進につながるため、むくみが解消しやすくなります。

脂肪吸引を行った方のほとんどが取り入れている方法です。

ただし、施術直後は痛みが起きたり内出血が広がる可能性があります。

むくみケアのためにマッサージやストレッチをする場合は、腫れや内出血が落ち着いてきたら開始しましょう。

個人差はありますが、施術から1週間以降からが目安です。

飲酒をひかえる

脂肪吸引後でむくみが出ている間は、飲酒を控えましょう。

アルコールは血管を拡張させるため、静脈やリンパによる水分の処理が追いつきません。

その結果、体内に水分が溜まってしまいむくみが長引きます

施術効果をしっかりと出したい方は、むくみが引いた後もしばらくは控えてください。

利尿剤を服用しない

利尿剤は体内の水分を排除する役割を果たしてくれますが、むくみを取るために服用をするのはNGです。

脂肪吸引後は水分が不足しているため、逆に脱水症状を起こしてダウンタイムを長引かせる原因になります。

また利尿剤により腎臓に悪影響を与える可能性もあるため自己判断での利尿剤内服は控えるようにしましょう。

まとめ


脂肪吸引を行うと脂肪を除去した部分に水分が溜まるため、一時的にむくみが発生します。

むくみは1〜2週間ほどでおさまりますが、施術部分をバンドで固定したり、1週間以降は身体を温めるなどして血行を良くしたりすることが大切です。

ダウンタイム期間を過ぎれば、理想のフェイスラインを持続させられるので、しっかりとむくみケアを行ってください。

アリエル美容クリニックの脂肪吸引は、施術・道具・アフターケアにこだわっている施術です。

1度で効果が実感してもらうため、細かな調整が可能なカニューレ法を採用し、バランスを考慮しています。

さらに、1人1人の骨格や脂肪のつき方にあわせて道具を使い分けながら理想のフェイスラインに仕上げているのが特徴です。

顔は他人から最もみられる部位であり、第一印象に大きくかかわってきます。

自分に自信を持ちたい方や、すっきりとしたフェイスラインを手に入れたい方にオススメの施術です。

また、公式LINEからご予約いただくとお得なクーポンが利用できます。

無料相談も行っているので、ぜひ気軽にお問い合わせください。

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック 院長/医師

鈴木桂介

帝京大学医学部医学科 卒業
順天堂大学練馬病院
越谷市立病院
都立大塚病院
大手美容クリニック 川越院院長
アリエル美容クリニック開業